【徳島県吉野川市】台湾料理 松竹!おすすめランチと台湾ラメーンを紹介

雑記

国道192号線沿いにあるお店です。

一番人気ラーメンセットやおすすめ料理ランチ、定食メニュー、お粥セット、お疲れ様晩酌セットなど、豊富なメニューがあります。

オードブルや単品料理のお持ち帰りも出来るお店、台湾料理  松竹を紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

徳島県吉野川市:台湾料理  松竹

お昼はランチで、夜は家族連れなど、幅広い年代の方が訪れています。

宴会も出来るようにと、店内も広く設計されていますので、ゆったりと過ごすことができます。

外観もすっきりしています。メニューを紹介していきますね!

 

ランチメニュー

 

一番人気ラーメンセット

お得な一番人気ランチ!

・Aセット 麺+飯+単品・・・900円(税抜)

・Bセット 麺+単品・・・650円(税抜)

・Cセット 飯+単品・・・650円(税抜)

・Dセット 麺+飯・・・650円(税抜)

・担々麺・唐揚げ・ライスランチ・・・650円(税抜)

醤油ラーメン

台湾ラーメン

豚骨ラーメン

台湾豚骨ラーメン

特製台湾麻香麺

味噌ラーメン

冷やし中華

チャーハン

中華飯

青椒肉絲麺

麻婆飯

天津飯

 

 

ゴマ団子

焼き餃子(6個)

揚げ餃子(5個)

唐揚げ・イカ団子(1個)

唐揚げ・春巻(1個)

 

 

おすすめ料理ランチ

 

エビマヨランチ・・・680円(税抜)

 

唐揚げランチ・・・680円

 

 

ニラレバ

酢豚

麻婆豆腐

生姜焼き

エビチリ

エビマヨ

トマトと卵炒め

回鍋肉

★人気の定番メニューをご一緒に!ボリューム満点!

焼きそばランチ・・・800円(税抜)

■選べる焼きそば■チャーハン■スープ■サラダ■お漬物■杏仁豆腐付き

五目焼きそば

台湾焼きそば

五目バリそば

※2021年5月時点

 

定食メニュー

 

定食メニュー

*表示価格はすべて税抜き価格です

*プラス280円で、生中1杯付きます

*プラス200円でスープをラーメン(醤油or塩or台湾or豚骨or鶏肉)に変更出来ます

・若鶏の唐揚定食・・・830円
・マーボー豆腐定食・・・830円
・回鍋肉定食・・・830円
・八宝菜定食・・・830円
・チンジャオロース定食・・・830円
・焼き餃子定食・・・830円
・青菜炒め定食・・・830円
・油淋鶏定食・・・950円
・酢豚定食・・・950円
・豚肉の生姜焼き定食・・・950円
・鶏肉の辛子炒め定食・・・950円
・コマ焼き定食・・・950円
・鶏肉とカシュナッツ炒め定食・・・950円
・豚角煮定食・・・980円
・エビマヨ定食・・・980円
・エビチリ定食・・・980円
・お子様セットA・・・550円
・お子様セットB・・・550円

※2021年5月時点

 

お粥セット

 

お粥セット

*単品のご注文も承ります

ピータンお粥セット・・・530円(単品…430円)

野菜お粥セット・・・530円(単品…430円)

レバお粥セット・・・530円(単品…430円)

鶏肉お粥セット・・・530円(単品…430円)

海鮮お粥セット・・・630円(単品…530円)

カニお粥セット・・・630円(単品…530円)

※2021年5月時点

 

晩酌セット

 

お疲れ様晩酌セット・・・1080円(税抜)

ドリンク(一品)+A料理(一品)+B料理(一品)

ドリンクA料理B料理

生 中

ハイボール

各種サワー

各種カクテル

ソフトドリンク

 

 

 

 

 

 

枝 豆

キムチ

ザーサイ

砂肝の和え物

バンバンジー

台湾風冷奴

トマトサラダ

手羽先の唐揚げ

キュウリの和え物

もやしの和え物

チンジャオロース

回鍋肉

八宝菜

麻婆豆腐

野菜炒め

ニラレバー

鶏肉の唐揚げ

油淋鶏

イカゲソの唐揚げ

軟骨の唐揚げ

※2021年5月時点

 

実食レポート

 

ラーメンセット

台湾ラーメンと焼き餃子にキムチがついたセットです。

ここへ来て、良く注文するのがこれです!

トウガラシの好きな人には、気に入ってもらえると思うんだけどなあ。。

醤油ベースのスープに、豚ひき肉に、たっぷりのもやしとニラが入っています。

もちろんトウガラシも・・・

その日によって辛さも違う?ような気がしますけど、それもまたいい(笑)

餃子には、きれいな焼色と少し羽がついています。

そのまま食べてもおいしいのですが、餃子のタレもいいです。

ずいぶん昔ですけど、お酢とこしょうで食べるのが流行ったことがありました。私は、お酢で食べる食べ方は好きなのですが、こしょうはいらないかなあと思います。

好みも人それぞれなので、意見の分かれるところですが、好きなように食べるのが一番かなあと思います。

 

台湾ラーメンとゴマ団子

こちらも台湾ラーメンなんですが、単品だけ違います。

こちらのごま団子、中身はあんこです。

単品で注文することもあるのですが、お昼だとセットでお得です!

今日はなぜか、レンゲも2本入ってサービス?

良いことがあるかも・・・

 

台湾特製ラーメン

台湾特製ラーメンです。

どこが特製かというと、トウガラシ多めです。

こちらは、トウガラシが苦手な方は危険ですので、やめたほうが良いです!

私はトウガラシ好きなので大丈夫ですけど、さすがにスープは飲めませんでした(笑)

気になる方は、挑戦してみてくださいね!

 

ピータンお粥

私の好きな、ピータンが入ったお粥です。

ピータン以外にも、いろいろなお野菜が入っていて、量もタプリ。1人前がこの量なので、頼みすぎ注意です。

ごま油の風味?とやさしい味のする、おかゆです。

お粥と言えば、小さい頃から、風を引いたときなどに出てくる、梅干しと一緒にたべる白粥や、毎年1月7日にたべる七草粥も好きです。

いつ頃から食べられてきたのか気になったので調べてみました。

 

日本でお粥を食べるようになったのは、紀元前1世紀頃といわれています。

お米が伝わってきたのもこの時期で、当時は蒸す、煮るのどちらかの食べ方でした。

その後奈良時代に入り、奈良県を中心にお米を番茶やほうじ茶などで炊いた茶粥が登場し、各地に広まったのだそうです。

一方の中国でお粥が誕生したのは、3000年以上前だといわれています。

中国でも地域によっていろいろなバリエーションがあるのだそうです。こちらのお店で出されているお粥は、広東式のようです。

米にサラダ油やごま油などの脂を絡ませることにより、米が割れ花が咲くように仕上がるのだそうです。

沸騰したお湯の中へ米を入れて、じっくり炊き上げるのが特徴のようです。

まだ、お米が貴重だった時代に少ないお米でお腹を癒やし、みんなでわけて食べるための知恵だったったのでしょう。お腹を満たすだけではなく、美容や風邪予防など様々な効果も期待できるという、パワーのようなものを感じます。

お粥を通じて、日本と中国について調べましたが、その他の国についても知りたくなりました。機会があれば調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

営業時間・アクセス・駐車場情報

住 所〒776-0003 

徳島県吉野川市鴨島町内原215−3

アクセスJR徳島線 麻植塚駅 改札出口より徒歩12分
営業時間月~日

ランチ 10:00~15:00

ディナー 17:00~23:30

*時短営業中の場合があります

定 休 日火曜日
予   算700円(ランチ平均)

1,000円(通常平均)

食べ放題・飲み放題・その他コース料理があります。

席   数102席(テーブル54席、座敷48席)
駐車場30台
電話番号0883-22-1799

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました