ヒルダと山の王・トロールの願いは共存?人間に戻る方法は?

未分類

映画、ヒルダと山の王は、目覚めるとトロールになっていた女の子のお話です。

ヒルダがトロールになった理由や、街から呼ぶ声はお母さん、トロールの願いは共存?人間に戻る方法、山の王の最後についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒルダと山の王:トロールの願いは共存

トロールの願いを見ていきましょう!

トロールにされた理由

ヒルダは、バーバのお母さんにトロールにされました。

バーバを人間にするため、ヒルダとチェンジリング、魔法で入れ替えました。

バーバのお母さんは、バーバのためにと考え、トロールより人間の世界で育ったほうが幸せだと、入れ替えたようです。

バーバのお母さんは、ヒルダを入れ替わった子供と同じように大切に育ててくれます。

トロールは太陽の光を浴びるとになり、鐘の音には敏感です。

トロール岩にに設置されている撃退用の鐘は、つつしみの鐘と呼ばれている、トロールバーグのシンボルです。

 

街から呼ぶ声はお母さん

人間の住む街から、街へおいでとトロールを呼ぶ声が、日ごとに強くなっていきます。

呼び声の正体はアマンでした。アマンは、全てのトロールのお母さんであり、おばあちゃんです。

トロールの子供たちは、地球の岩です。トロールは、人間が住む前から住んでおり、遠い昔、ママは子供たちのために山を作りました。

ママは、子どもたちに囲まれ眠り、目覚めると、彼女の上に村が出来ていました。

ママは、起き上がろうと思えば出来たのにしませんでした

徐々に村は大きくなり、最初の頃は、ママの近くにトロールが近づくことが出来ましたが、やがて塀ができ、トロールを遠ざけるようになりました。

 

トロールの願いは共存

ママは子供たちと会話したくて呼んでいました

日毎に強くなる声から、街へ下りるトロールが増えたことで、人間からは街を襲おうと計画しているように思われます。

ママは子供たちに、私を覚えているかしら?私は子供たちを忘れない、みんなで助け合い、強くて良い子で居てねと話しかけています。

トロール安全パトロール隊の隊長は、アールバーグからゲルダに交代します。

そして、ゲルダの政策で、年に一度、トロールの夜を設けます。毎年その日は、鐘を鳴らさず門を開け、トロールが入れるようにしました

 

ヒルダと山の王:人間に戻る方法

ヒルダは人間に戻れたのか、戻る方法を見ていきましょう!

人間に戻る方法

ヒルダがトロールから逃げていると、トランドルという大きなトロールに出会います。

人間に元に戻る方法が、一つだけ存在し、古い魔法でめったに使われないが、トランドなら出来るかも知れないといいます。

ヒルダは、2人だけの秘密にすることにし、洞窟から助けることにしました。

まず飲み物を用意、トロールの蜂蜜酒が良いらしい。トロールの蜂蜜酒は、少し飲むだけで、何日も走り続けられるらしい。

洞窟の入り口の鐘を外す、鐘にクッションになるものを詰めてひもを切り外しました。

山の王の住み家へ行き、オーブを取ってくる。オーブは、血のように赤く価値のあるもので、宝物庫に隠されていました。

ヒルダは人間に戻ることが出来ましたが、トランドルの魔法ではなかったようです。

二人の母親と子供がそろうことで、チェンジリングの魔法が解ける契約だったようです。

 

山の王の最後

トランドルは山の王で、洞窟は牢屋でした。

山の王は、牢から出ることに成功し、街を襲おうとしましたが、トロール撃退車両により撃退され、砕けました

昔、トロールをまとめ上げていたのが山の王です。

山の王は、トロールの軍隊を率いて、街を襲う計画をしていました。

賛成するものと反対するもので戦いが起き、山の王は戦いに破れます。それ以降、王座につこうとする者は現れませんでした。

オーブは、特別な力を持つようで、山の王の目の役割をし、洞窟の牢屋に入れられる際に、外され宝物庫で管理されていました。

 

スポンサーリンク

まとめ

  1. ヒルダがトロールになったのは、バーバの母親がバーバの将来を案じてのこと。
  2. 街へおいでと呼んでいたのは、トロールのお母さんです。
  3. アマンは子供たちと話がしたかった。
  4. 年に一度、トロールの夜に門が開けられ入れるようになりました。
  5. 人間に戻る方法は、2人の母と子供がそろうと魔法が解けるようです。
  6. 山の王は、トランドルでした。最後は砕けました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました