〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

わたしの幸せな結婚・薄刃新の目的と能力は?過去や美世との関係についても

わたしの幸せな結婚に登場する新の本名は薄刃。表向きには鶴木性を名乗っています。美世の従兄にあたる新の目的は、夢見の異能者である美世を守ることでした。

彼の異能は幻を操る力です。薄刃の過去や美世との関係についても見ていきます。

スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚:薄刃新の目的と能力

薄刃新の基本情報

名前 薄刃新(うすばあらた)
偽名 鶴木新(つるきあらた)
立場 鶴木貿易の御曹司。交渉人。美世の母方の従兄。
年齢 24歳
性別 男性
特徴 栗色の髪。眼鏡。三つ揃いのスーツ姿。
異能 幻を操る力:約20人の分身を作り出すことが可能。
武器 拳銃
声優 木村良平(きむらりょうへい)

薄刃新の目的:美世を守ること

鶴木新の本名は薄刃であり、美世の従兄にあたります。

薄刃家は美世の母方の実家であり、表向きには鶴木の姓を名乗っていました。新は鶴木貿易を経営する一族の御曹司で、交渉人としても活動していました。

鶴木新は、薄刃の後継者であり、夢見の異能者を守る役割を担っており、美世を保護することを目的にしていました。

薄刃の掟の中には、もし夢見の異能者が現れたなら、一族全員で守り支えるべしというものがありました。

一族の中から選ばれたものがつきっきりで世話をし、命をかけて守る役目を果たしていたのです。

新は、役目のためにすべてを捧げ、美世の伴侶になるのを兼ねて守る覚悟がありました。

清霞と戦いでは、美世を巡る闘いが繰り広げられ、新が勝利しました。

薄刃新の能力:幻を操る力

新の異能は幻想を操る力です。

清霞との戦闘では、新は分身術を駆使して約20人の幻想を作り出しました。清霞に勝つため、新は美世の分身を作成し、清霞を拳銃で倒しました。

薄刃の異能の特徴は、人の精神や脳に作用することです。

幻想を操ったり、人の意識を奪ったり、記憶を弄ったりすることができるのです。この異能は、異形者ではなく人間を対象としており、異形者たちを制止し倒すために使用されました。

見鬼の才を持たない者は異能が覚醒しないとされていますが、薄刃では異形を見る必要がないため、見鬼の才を持たない者が普通に生まれてきます。

ただし、薄刃の力を制御するためにはさらなる力が必要であるため、厳格な規則が存在しました。

薄刃家には、さまざまな制約が課せられており、家名を公に名乗ることや、能力を一般の人々の前で使用することさえも禁じられてきたのです。

帝の名であれば、異能者だけでなく悪人と対峙することもありました。

歴代の異能者たちは異形と戦い、悪用する者を取り締まったり、密かに無力化したりする役目を担っていたのです。

人心を操る異能者は畏怖の対象であり、恐怖や不気味とされてきました。

スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚:薄刃の過去と美世の関係

今上帝は20年前、澄美を潰すために鶴木貿易を倒産寸前まで追い込みました。

天啓を凌ぐとされる夢見の力をめぐり、澄美の元婚約者候補である甘水直が動き出します。

薄刃の過去:帝も恐れる理由

今上帝は夢見の力を恐れました。

帝の持つ天啓は未来予知する異能です。天啓の異能を持つ帝は国の危機を回避し、被害を最小限に済ませるために使用してきました。

一方、夢見の力は、過去・現在・未来を見通す異能であり、天啓を凌ぐとされ恐れられたのです。

20年前、鶴木貿易が倒産寸前に追い込まれ、薄刃の存続が危ぶまれたのは、今上帝の策略によるものでした。

今上帝は、薄刃澄美を潰し、夢見の異能を持つ娘が生まれることを阻止しようとしたのです。

今上帝の病は重く起き上がることさえできませんが、夢見の異能を潰すことを諦めてはいませんでした。

美世を潰すために標的となるのは清霞です。

オクツキの霊を里へ誘導したり、久堂家の別邸近くで鬼が出るようし向けた黒幕でもありました。

美世と薄刃新の関係:教育係

薄刃新は、美世の護衛を兼ねた教育係として、清霞に雇われました。

新は、美世に異能を教える役割もありましたが、時間が長いため、護衛も兼ねることになったのです。

薄刃新は美世に対して、一人の判断で異能を使用しないように告げていました。

清霞を助けるために使用した時は、たまたまま成功しましたが、次回も問題なく使えるかは確実ではありません。

美世のように強力な異能を持つ者が発動に失敗すれば、惨事を引き起こし、死者が出ることがあるのです。

新は堯人の指示に従い、久堂家の別邸へ向かうと、美世が異能を使用していました。

新は美世に異能の使用を止めさせましたが、助けたいという美世の思いを尊重し、許しました。

美世が助けようとしていたのは、鬼に体を乗っ取られた村人でした。

この村人が命を落とせば、人々の怒りが清霞に向かうと考え、助ける決意をしました。

美世は新に見守られながら、異能を使い、村人を目覚めさせ、助けることに成功しました。

異能信教の祖師:甘水直

甘水直は、名無しの教団を指導した異能信教の祖師でした。

甘水家は薄刃の分家のひとつであり、彼は美世の母親である澄美の元婚約者候補でした。

しかし、澄美が斎森家に嫁いだ後、甘水直は離反し、その行方はわからなくなっていました。

この異能信教は、久堂家周辺の地域一帯で実験を行っており、人々に異型を憑依させ、異能を覚醒させていました。

具体的には、小さな鬼の塊や血、肉片を媒体として使用し、不完全な憑依状態を作り出していたのです。

異型の一部を使用し、人に取り込ませて憑かせることで、人々を異能者に覚醒させていました。

彼らは真に平等な世界を望んでおり、力を求める者が異能者になることを選択できる理想の世界を築こうとしていました。

まとめ

  1. 新の本名は薄刃。表向きには鶴木の名前を名乗っています。
  2. 薄刃は美世の母方の性であり、新は美世の従兄弟にあたります。
  3. 薄刃新の目的は、夢見の異能者である美世を守ることです。
  4. 薄刃新の異能は幻を操る力であり、分身を作り出すことが出来ました。
  5. 夢見の力は今上帝の持つ異能を凌ぐとされ恐れられていたのです。
  6. 20年前に鶴木貿易が傾いた原因は、澄美を潰すためでした。
  7. 薄刃新は美世の護衛を兼ねた教育係になります。
  8. 異能信教の出現により、甘水が澄美の元婚約者候補であることが明らかになりました。
スポンサーリンク

わたしの幸せな結婚を安く読む方法

わたしの幸せな結婚を電子書籍で全巻安く読むなら「eBookJapan」がおすすめです。初回限定クーポンを使用すると70%割引で購入することが出来ます!

  • わたしの幸せな結婚を最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いでの最安値は eBookJapanです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

\無料会員登録するなら/
eBookJapanに登録する

※ eBookJapanはヤフー株式会社のサービスです。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました