〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

防振り・フレデリカの正体や能力は?強さと小鳥のノーツについても

防振り「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」の登場人物である、フレデリカは集う聖剣に所属する魔法使いです。

多重詠唱能力を持つ万能プレイヤーでありMPが豊富です。強さと小鳥のノーツについても見ていきます。

スポンサーリンク

防振り:フレデリカの正体と能力

フレデリカの基本情報

名前 フレデリカ
所属 集う聖剣
立場 魔法使い
性別 女性
特徴 赤目。金髪ポニーテール。
身長 154cm
声優 竹達彩奈(たけたつあやな)

フレデリカの正体:魔法使い

フレデリカは集う聖剣のメンバーであり、魔法使いです。

AGIにあまり振っておらず足が遅いため、後方から支援しています。

ドラグと共に行動することが多いプレイヤーです。

フレデリカの強さは、高いMPで幅広い魔法攻撃ができることです。

多重詠唱は、本来単発のものを凄まじい量同時に放つというものです。

回復から防御まで器用にこなす万能タイプです。

フレデリカの能力:サリーとの関係

フレデリカはサリーのことをライバル視しています。

よく楓の木を訪れており、決闘を申し込んでは負けて帰るのがルーティーン?のようです。

ルールは簡単なもの、HPを削りきるか降参するかです。

今のところはサリーが全勝中ですが、フレデリカも少しずつ直感のようなものを身に付け始めています。

ギルド対抗戦では、攻撃誘導と流水をサリーのスキルだと思い込み失敗しています。

また、多重障壁を展開したものの、ユイのマイの攻撃力には意味がないことを思い知らされています。

フレデリカはサーリーにリベンジしたいと思っています。

スポンサーリンク

フレデリカの強さ:スキル

フレデリカの【多重詠唱】は使用する魔法三発分のMPでそれよりも遥かに多い数の魔法を発動するという反則じみたスキルです。

遠距離の範囲攻撃を得意としており、バフとデバフ、回復から防御までを器用にこなす防衛戦力の中心です。

MPは【マナの海】が支えており尽きることはないようです。

多重光砲 フレデリカの周りに現れた四つの魔法陣。数秒後、そこから放たれたレーザーがプレイヤーを包む。
多重炎弾 炎の弾を大量に放つスキル。
多重水弾 水弾を大量に放つスキル。
毒無効 毒を無効化する。
多重加速 メンバーの移動速度を底上げし加速させるスキル。
多重障壁 障壁を生み出しダメージを軽減させるスキル。ユイとマイ相手には通用しない。
多重水壁
防御壁を生み出しダメージを軽減させるスキル。
多重重圧 魔法で動きを鈍らせる。
矢避けの風壁 風の障壁を展開し無効化(飛び道具に限る)
多重煙幕 敵の視界のみを阻害するスキル。白い煙を発生させて、地面を完全に覆い隠す。
超多重水弾 水弾を超大量に放つスキル。
超多重風刃 風の刃を超大量に放つスキル。
多重全転移 移動するスキル。
多重頑強 防御力を上昇させる。
マルチカバー 防御スキル。
ヒール 回復スキル。
マナの海 全力戦闘用のスキルを解放。【マナの海】による強化時間は限られているものの、その無尽蔵のMPから繰り出され、クールタイムもほぼ存在せず、好きなだけ展開できる障壁があってはダメージトレードは成立しない。
超多重障壁 障壁を超大量に展開させる。

小鳥のノーツ:絆の架け橋

ノーツはティムモンスター絆の架け橋、装飾品の指輪です。

頭の上にとまった黄色い小鳥はフレデリカの相棒です。

輪唱 フレデリカの撃ち出した魔法をさらに増加させる。
増幅 スキル威力を強化する。
伝書鳩 距離に応じて時間はかかるものの範囲外の味方にも選択したバフを届けることができる。
ソナー ノーツを中心として一定距離内の存在を把握できる。
ボリュームアップ スキルや魔法の範囲を拡大する効果がある。
スポンサーリンク

まとめ

  1. フレデリカは集う聖剣に所属する魔法使いです。
  2. 多重詠唱できる能力を持つ万能プレイヤーです。
  3. ノーツは黄色い小鳥のモンスター、絆の架け橋です。
  • 防振りの漫画を最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いでの最安値はDMMブックスです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

DMMブックス

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

\無料登録するなら/

DMMブックスに登録する

※ DMMブックスは、DMM.comが運営しています。このクーポンは初回購入時に自動で適用されます。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

動画配信サイトで全話視聴する方法はこちら!
電子書籍で漫画を読む方法はこちら!

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました