リゼロのエミリアの能力を解説!契約精霊パックの正体は終焉の獣

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、エミリアパックの紹介します。

エミリアは契約精霊のパックを従える精霊術師です。
エミリアとパックの基本情報について、エミリアの能力やパックの正体である終焉の獣(しゅうえんのけもの)について。
パックとエキドナの契約やエミリアとの契約解除についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:エミリアの能力は精霊術師

エミリアについて見ていきましょう。

エミリアの基本情報

プロフィール

名前エミリア
特徴銀髪に紫紺の瞳、ハーフエルフ
誕生日9月23日
血液型A型
身長164cm
体重 羽のよう
年齢107歳(書籍版114歳)、外見は18歳、精神年齢は14歳
趣味パックの毛繕い、勉強
能力パックを使う精霊術師・4系統の魔法を使う
座右の銘一生懸命
苦手なこと歌、芸術
特技料理、お絵かき(自称)、歌(抹消)、速読(だたし物語に感情移入して止まる)、字がきれい、石積み(時間つぶし)
性格誰に対しても優しく、困っている人がいる見過ごせない善良な心を持っています。他者のための行動を自分のためだと思うほどのお人好しです。
愛称スバルからは「エミリアたん」、パックからは「リア」
声優高橋李依(たかはし りえ)

幼少期のエミリアは、フォルトナをお母さんと呼びエリオールの森で育ちました。幼い頃から微精霊と仲良くするなど、魔法使いとしての素養は高いです。

パンドラから封印を開けるよう言われ、念じれば鍵が現れるなど、封印との関わりは深いです。森全体を永久凍土とした後、自らも氷漬けになるなど制御しきれないほどの魔力を持っています

100年後、パックが氷の中で眠るエミリアを発見するのですが、出会う前の記憶は(パックが封印したためなのか)思い出せません。

エミリアは謎の多いヒロインです。

  • エミリアと嫉妬の魔女サテラの容姿がうり二つ。
  • 念じれば現れる鍵。
  • やる気を出せば、かなり強いはずだが死亡する。

エミリアの能力:精霊術師

エミリアは、火を司る大精霊パックと契約している精霊術師です。

微精霊とも契約しているため、4系統の魔法を使うことが出来ます。

また、精霊と契約するには、対価を支払わなければいけないという設定です。

エミリアがパックに支払っている対価は、「毎日エミリアの髪型をパックが決める」というものですが、着る服も決めてもらっているようです。

精霊術師は、攻撃と防御の役割分担をして戦いますので、優位な戦闘状態へ持って行くことができます。

エルザとの戦いでは、パックが氷の塊をいくつも出したり、パックがいなくなった後は、エミリアが氷柱や氷壁を作り出し戦っています。

ラインハルトが現れたあとは、ロム爺の治療に専念するなど、治癒魔法も使えます。

パックとは、夕方5時になると戦闘の最中でもいなくなりますが、オド(寿命・魂そのもの)を使えば呼び出せるようです。

「君になにかあれば、ボクは盟約に従う。ーーーいざとなったら、オドを絞り出してでもボクを呼び出すんだよ」

エミリアには切り札があります。

どのような能力なのか分かりませんが、使うとエミリア以外は誰も残らないという謎の切り札を持っていると話しています。

パックとエミリアの契約解除

エミリアの試練でパックは契約を解除します。

パックのマナが徐々に尽き、体も小さくなっていきます。この後の展開が気になるところです。

「僕が制約を破ったから、取り立てがはじまった。最初からこうなることまで織り込み済みだったのか…だとしても

制約を破って、もうこの体は繋ぎ止めておけない。君の傍らにいることも対価を奪われてしまっては無理だ。ーーごめんね」

一方のエミリアは、幼い頃の記憶が戻り、膨大な量のマナが解放されました。

パックを介さず魔法を使うことが出来るようになりましたので、魔法使いとしてのエミリアも楽しみです。

スポンサーリンク

リゼロ:パックの正体は終焉の獣

パックについて見ていきましょう!

人工精霊パックの基本情報

プロフィール

名前パック
年齢420歳
身長9cm
体重5gほど
火の大精霊氷魔法、水魔法、治癒魔法、陰属性の魔法?
四大聖獣終焉の獣、20mを超える
声優内山夕実(うちやま ゆみ)

パックはエミリアと契約する契約精霊です。

パックの見た目は子猫、モフリストスバルのお墨付きだそうです。

朝の9時から夕方5時くらいまで現れ、夜は緑色の魔鉱石の中で寝ています。この魔鉱石は、パックと出会う前からエミリアが持っていたものだといわれています。

ベアトリスが「にーちゃ」と呼ぶのは、同様に作られた人工精霊であるのと、パックのほうが先に生まれたためだといわれています。

パックとエキドナの契約とは

パックは、400年前エキドナによって生み出された人工精霊です。

パックはその事を覚えていません

ただ、エミリアに近づきすぎると記憶を失うという誓約があり、それによって忘れたものだと思われます。

また、パックは肝心な時に現れないのも、エキドナとの契約が関係しているようです。

パックがエミリアと契約を結んだことで、エキドナとの契約に何らかの誓約が生じたためだと考えられます。

彼女を守るそれが君の存在意義である目的だ。
だが、彼女へ過度に干渉することは禁じるー
離れたところから見守ることが君の存在と君の抱く願いとの妥協点だ

君が彼女に深く干渉することがあれば君という存在が形作るものを記憶も思いも目的も何もかもが失われる。
それは君が君でなくなるということだよ。

パックの正体:終焉の獣(しゅうえんのけもの)

パックの正体は、金色の瞳をした終焉の獣です

メラクェラを倒したことにより、火の頂点である四大聖獣に数えられます。

エミリアが亡くなった後の世界で登場するようで、巨大化して現れています。

聖獣化する為には、大量のマナを消費するため、周囲を氷漬けにしていきます。

パックが世界を滅ぼそうとするのは、「君に何かあれば、ボクは盟約に従う」と言っていることからも契約によるものだと考えられます。

世界をも滅ぼすという終焉の獣ですが、ラインハルトには敵わないようです。

死後の世界ではラインハルトに真っ二つに切り裂かれてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

  1. エミリアは、契約精霊パックを従える精霊術師で魔法使い。
  2. エミリアは、使うとエミリア以外残らない謎の切り札を持っている。
  3. パックは、エキドナに作られた人工精霊で、パックの正体は「終焉の獣」。
  4. パックは、エミリアの記憶を戻すため契約解除しましました。
  5. パックは、契約解除によりマナが徐々に尽きて体がい小さくなっています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました