リゼロのクルシュの能力の風見の加護とは?フーリエとの過去についても

リゼロから始める異世界生活

リゼロのクルシュは、カルステン公爵家の当主です。

能力は、風見の加護を持ち、百人一太刀が使えます。

クルシュがフーリエと過ごした過去から、ルグニカ王選への参加の目的についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【リゼロ】クルシュの能力の風見の加護とは?

クルシュは、風見の加護を持っており、百人一太刀を使うことが出来ます。

クルシュ・カルステンの基本情報

プロフィール

名前クルシュ・カルステン
年齢20歳
身長168cm
体重65kg
誕生日4月4日
能力風見の加護・百人一太刀
特徴緑の髪・男装
声優井口裕香(いぐち ゆか)

クルシュ・カルステンは、17歳でカルステン公爵家の当主になりました

クルシュの騎士であるフェリスには心を許しており、噓が見抜けないそうです。

王戦候補者に選ばれており、最有力候補とも言われていました。

冷静な判断や行動ができ戦闘能力の高く、自らも戦闘に加わり指示を出すなど頼もしい存在です。

男性のような格好をしていますが女性です。執務から離れた時のドレス姿も人気があります。

風見の加護

風見の加護」は、風を読む性質と、風のように見えないものを見る性質を併せ持つ加護です。
風の加護と風属性のマナを借りて自分の力に変えてしまうものです。

また、相手が嘘をついているか見抜くこともできます。

嘘をついている人間には噓の風が吹くのだそうですが、フーリエとフェリスの噓は見抜けません

クルシュは、心の底から2人の事を信じている為、真偽を判断が出来ないことが欠点のようです。

百人一太刀

風魔法を使った剣で、一振りすれば100人倒すといわれる、「百人一太刀」という技も使えます。

また、風魔法の応用での刀剣による戦いでは、流れる風に自身の剣気を乗せて一刀両断にする技です。

風属性マナの魔法と自身の能力である風見の加護を組み合わせた能力になります。

その一撃は目に見えない刃で同じ部屋にいる複数の相手を同時に切り裂くほどの力となっているようです。

フーリエとの過去と王選参加の目的

クルシュは、フーリエ殿下に好意を抱かれていたという過去があり、王選を目指すことになりました。

クルシュは王の后になるはずだった

フーリエ殿下は、ルグニカ王国の第4王子で、クルシュやフェリスとは幼いときからの知り合いです。

フーリエは、幼少期に王城の庭園でクルシュと出会い好意を抱いていましたが、なかなか思いを告げられずにいました。

ある日、フーリエにグステコ聖王国から縁談話が持ち込まれるのですが、フェリスに恋人役を頼み破断させます。

フーリエは、フェリスのことを女性と思い込んでいましたので、フェリスが男性だと知りショックを受けたという過去がありました。

突然、王族が次々と謎の病に侵され死ぬという事件がおこります。

フーリエも犠牲に会い、フェリスの治癒魔法で手を尽くしましたがましたが快方には向かいませんでした。

フーリエは死ぬ間際に「クルシュを后にして、フェリスを騎士にすればずっと一緒に入られる」「自分はクルシュの忠に値する王になれただろうか
といったそうです。クルシュは、「王の描いた未来を見たかった」と語っています。

フーリエは、最後までクルシュに「愛している」と伝えられなかったのですが、クルシュとフェリスは、意志を継ぎ王を目指すことにしました。

もし、王族が亡くなる事件がなければ、后となり幸せになっていたかと思うと悔やまれます。

クルシュが王選に参加する目的

クルシュが王選に参加することを決めたのは、フーリエの意志を継ぐというものでしたが、「私が王になった暁には、竜にはこれまでの盟約を忘れてもらう、新ルグニカは竜のものではなく我らのものだ。」といっています。

つまり、クルシュは竜からルグニカを取り戻すことが王選に参加する目的だと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

  1. クルシュは、風の加護を応用した「百人一太刀」の使い手である。
  2. フーリエは、昔からの知り合いだったが、流行病で亡くなった。
  3. クルシュが王選を目指すのは、フーリエの意思を継ぐことでもあるが、竜からルグニカを取り戻すことも目的だった。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました