リゼロ・ズィクル・オスマンの正体は女好き?臆病者で弱い?

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、ズィクル・オスマンの正体を紹介をします。

ズィクルはヴォラキア帝国二将、二つ名は女好き知られていることについて。

ズィクルが臆病者と呼ばれていたこと、弱いのかも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:ズィクル・オスマンの正体は女好き

ズィクルについて見ていきましょう!

ズィクル・オスマンの基本情報

プロフィール

名前ズィクル・オスマン
階級ヴォラキア帝国二将
性別男性
身長背丈が低い、スバルと比べても、頭半分ぐらいは低い
特徴大きく膨らんだアフロヘア、小柄でずんぐりとした体型
異名女好き、臆病者
女姉妹姉が四人、妹が六人

ズィクル・オスマンは、ヴォラキア帝国二将です。

オスマン家は代々帝国軍人を輩出してきた家系ですが、ズィクルの代は血が偏り、何故か家族は女性ばかりの状態で、姉が四人、妹が六人に囲まれて過ごしました。

ズィクルは、男兄弟が一人もいない幼少期を過ごしています。

ミディアムからは、アフロ将軍と呼ばれています。

ズィクルの正体は女好き

ズィクル・オスマンは、女好きで知られています。

ズィクルは女性に優しくされたいという欲求が強く、尽くされることを至上の喜びと考えています。

帝国で女性に対し優しく尽くすことを実践する彼の姿勢は、多くの支配的な男たちと異なり、的確な用兵と無難な戦勝を重ねる彼への嫉妬や侮蔑と折り重なって、女好きの名へと繋がりました。

ズィクルは女好きの二つ名を気に入っています。そもそも女性嫌いより、女性が好きな男の方が多いのだから多くの将兵と語らう機会も持てて良かろうというもの。

そう割り切った彼の姿勢に迷いはなく、上官の嗜好を知る部下たちも、自然と女好きと仰がれる彼のことを尊敬しています。

スバルの女装姿に、私も男性を装っているようなもの。私の信じる男性像というものは、装っている相手であれ、女性には紳士的に振る舞うものだという。

ズィクルの女好きは、蔑称でなく尊称ですから考え方の高さが違います。

ズィクルの愛馬:レイディ

プロフィール

名前レイディ
性別メス
種類疾風馬
毛色栗毛

ズィクルの愛馬の名前はレイディ、メスです。

馬車として利用されている疾風馬は、ヴォラキアでも希少な動物で、にしか与えられないのだとか…。

この馬車は、位の高い人物が利用することを前提としており、有事の際に隠れるため、床板が外れる仕掛けが施されています。

魔都カオスフレームへ向かう道中、スバルたちをエスコートするために使われました。

リゼロ:ズィクル・オスマンは臆病者で弱い?

ズィクルは臆病者(おくびょうもの)なのか見ていきましょう!

ズィクルは臆病者の異名を持つ

臆病者とは、女好きと呼ばれる以前のズィクルを示す異名です。

ズィクルは指揮官としては優秀ですが目立った戦果は少ないため臆病者と呼ばれていました。

巧みで堅実な用兵による戦術を得意とするものの、無駄な被害を嫌うため積極性に欠けます。

不名誉でしかないと呪った異名を忘れさせてくれたのが女好きの称号でした。

ズィクルは、スバルを危ないところから救っています。

とっさに体が動いただけのことで、次は同じことができるか分からないと言っていますが、本当の臆病者なら体は動きません。

ズィクル・オスマンは弱い?

ズィクルは、女好きと呼ばれながらも、帝国二将まで位を上げた男です。

グァラルに駐留する帝国兵のその指揮官を任されているのだから、弱いはずがない

舞姫としてやってきたアベルらに早々に身柄を押さえられ武装解除に応じているのは舞姫が閣下だと気づいていたからでした。

ズィクルはアベルの素性を理解して、ここに跪いていたのです。

臆病者の二つ名を覚えられ、信じられていたことは光栄なこととアベルに忠誠を誓っています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ズィクル・オスマンはヴォラキア帝国二将です。
  2. 女好きの二つ名を気に入っており誇りに思っています。
  3. 臆病者の異名を忘れさせてくれたのが女好きでした。
  4. ズィクルは弱いわけではなく、無駄な被害が嫌いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました