〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ありふれた職業で世界最強シア・ハウリアの能力や強さは?残念なうさぎなのかも

ありふれた職業で世界最強の登場人物であるシア・ハウリアは兎人族の族長の娘です。未来視できる魔眼を持ちハジメとユイに出会います。

当初は残念なうさぎでしたが徐々に成長していきます。能力や強さやドリュッケンについても見ていきます。

スポンサーリンク

ありふれた職業:シア・ハウリアの能力と強さ

シア・ハウリアについて見ていきましょう。

シア・ハウリアの能力:ステータス

シアのステータス能力:基本情報

名前 シア・ハウリア
年齢 16歳
性別 女性
レベル Lv.48
天職 占術師
職業 冒険者
ランク
筋力 100
体力 120
耐性 100
敏捷 130
魔力 3800
魔耐 4000
技能 未来視[+自動発動][+仮定未来][+天啓視]・魔力操作[+身体強化][+部分強化][+変換効率上昇Ⅲ][+集中強化]・重力魔法・空間魔法・再生魔法・魂魄魔法

シアは、ある戦闘で身体強化の最大値を叩き出しました。

その際、普段使用している魔力操作「変換効率上昇III.」から、昇華魔法によって1段階レベルアップした「レベルIV.」へと上げ、更にハジメの魔法薬チートメイトDr.を使い、最終的には「レベルX.」に到達していました。

身体強化魔法のレベルが上がると、上昇値もアップするため、初期段階から比べると、上昇率は10倍になります。

一般的な人間ならば数分で自壊するレベルですが、シアは戦闘後に大の字で「さすがにきついです」と言う程度で、非常に丈夫であり、メンタルも破壊的に強いです。

また、シアは魔法に適性はないものの、自分に触れているものには神代魔法を使うことができます。

シア・ハウリアの強さ:未来視できる魔眼

シアは未来視と天啓視という、戦闘に役立つ特殊能力を持っていました。

未来視」とは、文字通り未来を予知する能力ですが、その予知能力にも欠点があります。

予知できても回避できないので、有効に活用するかは本人次第と言えます。

また、未来視は意識的に使えるのは一日に一回が限界です。

しかし、シアに危険が迫っている時には自動的に発動するため、無意識にも使うことができます。

無意識で使う場合、魔力の消費量が3分の1程度に抑えられるため、一日に2~3回程度発動することができるようです。

さらに、未来視の派生である「天啓視」を修得しています。

天啓視は、2秒程度先までしか見ることができませんが、ある程度の連発が可能です。

接近戦が特異なシアは、天啓視を使うことで回避能力が上がり、攻撃力が格上の相手に対しても互角に動けるようになりました。

ただし、天啓視を常に使うと魔力消費が激しいため、戦闘中に常に発動させる場合は、サポート用の魔晶石が必要になります。

シアの武器:ドリュッケンと重力魔法

シアの武器は、ハジメが作った大きな戦槌状のアーティファクトで、名前は「ドリュッケン(druken)」と呼ばれます。

この武器は、ドイツ語で「押しつぶす」という意味を持つ言葉から名付けられました。

ドリュッケンは、シアの戦闘スタイルにぴったりで、戦鎚で叩きつぶす攻撃を得意としています。

この武器は、特定の場所に魔力を流すことで変形したり、内蔵された武器が発動するなど、ハジメの創意工夫が詰まったものです。

ドリュッケンは、柄の長さや引き金のついた機能など、自由自在に操ることができます。

また、激発という衝撃波を放つことができるため、空中での戦闘にも最適です。

シアは、空中で向きを変えたり加速する際にもドリュッケンを利用していました。

ただし、普通の人間は、ドリュッケンの大きさと重さに耐えることができません。

ドリュッケンは、使徒との戦いの終盤で大破してしまいましたが、シアは自分の流れる血に変成魔法を使い、「紅戦鎚」という武器を一時的に出現させて戦いました。

最初にハジメに頼んで作ってもらったのは木の大鎚でした。

その後、正式な仲間として認められた時にプレゼントされたのが、「ドリュッケン」という武器だったのです。

  • 柄の長さの調節が可能
  • 引き金で衝撃波、激発を放つ
  • 鉄球を装着
  • 砲撃や射撃モード搭載
  • パイルバンカー内蔵
  • ドリル作動
スポンサーリンク

シア・ハウリアは残念なうさぎなのか

シア・ハウリアは「残念なウサギちゃん」なのか見ていきましょう!

シア・ハウリアの正体:兎人族・族長の娘

シアは、兎人族の族長の家で生まれました。

兎人族は通常魔力を持たず、他の亜人族から忌み嫌われ殺される運命にある存在でしたが、シアは特別でした。

彼女は、未来を見ることのできる魔眼を持って生まれていたのです。

しかし、その魔眼ゆえに、シアは他の亜人族から迫害を受け、一族はハルツィナ樹海から追い出されました。

そして、帝国兵の亜人狩りや魔物に襲われ、一族の一部を失うことになります。

しかし、そんな中、シアは未来視で、帝国兵に立ち向かうハジメとユエを見ました。

それをきっかけに、一族はオルクス大迷宮近隣に向かい、待ち伏せをしていたのです。

シア・ハウリア:残念うさぎから成長

シアは、ライセン大峡谷でハジメとユイに出会いました。

当時のシアは、考えが浅く空回りする行動が目立ち、ユイからは「めんどくさい、なんて残念なうさぎさん」と評されていました。

ハジメからも、残念うさぎと呼ばれるようになりました。

しかし、ハジメやユエと出会ったことで、シアは徐々に守られる側から守る側へと成長していきました。

最初は戦闘力が低かったものの、ドリュッケンを渡されたことで使徒5人を超えるほどの強さへと成長しました。

ハウリア族は、武器も持たず虫も殺せない温厚な種族でしたが、ハジメの特訓によって手段を選ばず攻撃する暗殺者集団へと変化しました。

その結果、亜人全体の地位が上がりましたが、ハジメもやりすぎた感があるようでした。

まとめ

  1. シアは、亜人族が持たない魔力を持って生まれたため、忌み嫌われ殺される運命だった。
  2. シアは、思考がゆるく、当初は残念なうさぎだった。
  3. シアの能力は、未来視できる魔眼や身体強化です。
  4. ハジメの作ったドリュッケンを重力魔法を使い戦えるのだから強い。

ありふれた職業で世界最強を安く読める方法を紹介しています。

  • ありふれた職業で世界最強を最初から読んでみたい!
  • アニメの続きを早く知りたい!
  • 原作を読めばアニメをもっと楽しめる!
  • まとめ買いでの最安値はAmebaマンガです!

【Amebaマンガ】

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
\無料登録するなら/
Amebaマンガに登録

※Amebaマンガはサイバーエージェントグループが運営しています。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました