魔法使い黎明期・ゼロの正体は泥闇の魔女?魔力は枯渇し死亡する?

魔法使い黎明期

魔法使い黎明期(まほうつかいれいめいき)の登場人物である、ゼロの紹介をしています。

ゼロの正体は、泥闇の魔女であり、魔女のいる村の監督官です。魔法と魔術の違いについて。

魔力が枯渇しつつあること、枯渇すれば死亡するのかも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魔法使い黎明期:ゼロの正体は泥闇の魔女

ゼロの正体について見ていきましょう!

ゼロの基本情報

プロフィール

名前ゼロ
異名泥闇の魔女(どろやみのまじょ)
立場王立魔法学校の特別実習の監督官
居住地魔女のいる村
特徴ゼロの書の著者、魔力が枯渇しかけている
備考ゼロの兄:13番(悪の魔術師)
声優花守ゆみり(はなもりゆみり)

ゼロは、魔女のいる村に住んでいる、特別実習の監督官です。

ゼロの書の著者であり、魔法の始祖です。

魔法学校の生徒が入学直後より使う、ゼロから始める魔法の書の著者でもあります。

セービルの記憶と関わりがある魔女で、魔法学校へ連れて行ったのは彼女でした。

ゼロの正体は泥闇の魔女:ゼロの書の著者

ゼロの正体は、泥闇の魔女です。

無意味より意味を生み出し、無より有を生み出します。

ゼロの書は、魔法の基礎理論が書かれた書物です。

魔法という、魔術に代わる技術は、すべてゼロの書より始まりました。

彼女は、魔術よりに魔法を使うのが速いため勝てる者はいません。

彼女に勝てないのは、却下されてしまうからです。

「〈却下〉する、承認せよ我はゼロなり。」

ロー・クリスタスとの対戦では、放った魔法が一瞬で消えています。

魔法と魔術の違いについて

古の時代、魔女が扱う奇跡はすべて魔術と呼ばれていました。

習得するのに数十年もの時間を要し、使用するのにも数日、時には数年にも及ぶ儀式を求められる。

それに対して魔法5年程度で習得可能な上、呪文も詠唱は数秒から数分間。魔術に比べても圧倒的に手軽なのが魔法です。

魔術は魔法と違い、遠く離れた隣国にすら及ぶ毒の霧です。

魔法使い黎明期:ゼロの魔力は枯渇し死亡する?

ゼロの魔力について見ていきましょう!

ゼロの魔力は枯渇しつつある

ゼロの魔力は枯渇しかけています

彼女はこれまで、魔力に底がないと思っていましたが、魔力が底をついたことで底があると気付いたそうです。

魔力が底をついたなら、補充すれば良いだけと思うのですが、魔力供給の際にも、必要以上にもらおうとしません。

ゼロは愛する者と共に老いて朽ちる、置いて朽ちるよりずっといいのだそうです。

ゼロは死亡するのか?

魔法使いにとって魔力は命ですから、このまま枯渇すれば死亡すると思われます。

セービルから魔力がを分けてもらうことが出来れば、寿命は延びます。

しかし、彼はゼロに対する本能的な恐怖から、手を握っただけでは魔力供給が行えませんでした。

そこで、ゼロがキスをし栓を緩め奪う形となりました。

ゼロが、必要以上に魔力を奪うことには抵抗があるのは、魔力を奪い尽くせるからです。

セービルの魔法使いの可能性を潰したくないという気持ちもあるのかも知れません。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ゼロの正体は泥闇の魔女です。
  2. ゼロの書の著者であり、魔法で彼女に勝てるものはいません。
  3. ゼロの魔力は枯渇しかけており、このままだと死亡すると思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

魔法使い黎明期、好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました