SPY×FAMILY・ボンド・フォージャーの正体や強さは?死亡を予知し脱走?

SPY×FAMILY

SPY×FAMILY(スパイファミリー)に登場するキャラクター、ボンド・フォージャーを紹介します。

ボンドの正体は、未来を予知する能力を持つ、プロジェクト〈アップル〉の実験体8号です。ボンドは、死亡を回避するため、脱走したのかも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SPY×FAMILY:ボンド・フォージャーの正体・強さ

ボンドの基本情報

名前 ボンド・フォージャー
性別オス
能力未来予知
正体プロジェクト〈アップル〉の実験体8号
モデル犬種グレートピレニーズ
特徴白・大型犬・もふもふ・長い毛
声優松田健一郎(まつだけんいちろう)

ボンド・フォージャーの正体:実験体8号

ボンド・フォージャーの正体は、プロジェクト〈アップル〉の実験体、8号です。

軍事用に訓練されており、未来を予知する能力があります。

アーニャとは、犬の譲渡会のときに出会い、フォジャー家の番犬として飼われることになりました。

ボンドという名前は、アーニャにより命名されています。

名前の由来は、TVアニメ「SPYWARS」の主人公ボンドマンです。

ボンドの手足の先には黒い毛が生えており、ボンドマンの手袋のようだったことに由来しています。

「SPYWARS」は、アーニャの大好きなスパイ・アニメです。

ボンドの強さ:プロジェクト〈アップル〉

ボンドの強さは、アーニャを背に乗せて走っていることから、

足は早く、力も強いですが、IQはというとイマイチな感じ…。

アジトから逃げた際に、振り出しに戻っていることから知能は低いと思われます。

ボンドは、プロジェクト〈アップル〉の実験体です。

東国の政権下では、ムチャな実験が繰り返し行われていましたが、計画半ばで政権が崩壊し中断されました。

この研究では、IQの恐ろしく高い動物を生み出そうとしていました。

軍事用に訓練された犬は、一頭あたり、小型ミサイル並みのコストがかかっているのだそうです。

用済みになり闇の世界へ、爆弾をくくりつけて移動中を急襲させようとしていたようです。

スポンサーリンク

ボンド・フォージャー:死亡を予知し脱走

ボンドは、どのような死を予知していたのか見ていきましょう!

ボンドの特殊能力:未来予知

ボンドには、未来を予知する特殊能力があります。

ボンドが予知した未来を、アーニャの超能力で読み取り、未来を救ったことがあります。

アーニャはボンドの予知で、ロイドが爆破で死亡することを知り、未来を変えました。

爆発が起こる場所を特定し、爆破を阻止しています。

アーニャは時計が読めなかったため、爆破時間までは分かりませんでしたが、ケチャップを使い知らせることに成功しました。

ボンド:死亡を回避するため脱走

ボンドが家を脱走したのは、ヨルの料理が殺人的であったためです。

ドックフードを切らしてしまい、ヨルが夕食を作ることに…。

ボンドが死を回避するためには、ロイドの帰宅時間が早まり、ロイドが料理を作れれば生き延びれます。

家を脱走したボンドは、ロイドの仕事場へ、人のいないルートを先導したり、所員を倒したり、仕事を手伝うことでロイドの帰宅時間が早まり、死亡は回避できました。

ヨルの料理は、ボンドも死を覚悟するほどなのか?…。ヨルの料理=死、拒否する=死。を意味し、万事休すとなるようです。

ヨルの料理を懐かしく感じ、喜んで食べているのはユーリだけのようです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ボンドの正体は、プロジェクト〈アップル〉の実験体8号です。
  2. ボンドには、未来を予知する特殊能力があります。
  3. ボンドは、足もはやく、力も強いが、知能は低いと思われる。
  4. ボンドが予知した未来を、アーニャの超能力で読み取り、未来を救う。
  5. 死亡を予知したのは、ヨルの料理が原因。
SPY×FAMILYを安く読める方法を紹介しています。

 

  • SPY×FAMILYを最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが早く知りたい!
  • 原作漫画を読めばアニメをもっと楽しめる!
  • まとめ買いでの最安値は eBookJapanです。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

\無料会員登録するなら/
eBookJapanに登録する

※ eBookJapanはヤフー株式会社のサービスです。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました