リゼロ・オルバルト・ダンクルケンの能力や強さは?シノビの術技や目的についても

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、オルバルト・ダンクルケンの能力や強さについて紹介します。

オルバルト・ダンクルケンは九神将『参』の位を持つ武将であり、シノビの術技を用いて戦います。

スバルたちを幼児化させたのも術技によるもの。目的についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:オルバルト・ダンクルケンの能力・強さ

オルバルトについて見ていきましょう!

オルバルト・ダンクルケン:九神将『参』

プロフィール

名前 オルバルト・ダンクルケン
性別 男性
階級帝国一将『参』、九神将の一人
能力シノビの術技
異名悪辣翁(あくらつおう)
年齢90歳以上
特徴白髪の老人、身長は低い、白い歯
備考シノビの頭領

オルバルト・ダンクルケンは、帝国一将『参』の位を持つ、九神将の一人です。

ヴォラキア帝国一将の中で、上から三番目の称号を与えられた人物です。

オルバルトの特徴は、高齢である割には綺麗に生え揃った白い歯と、話す口調や内容に面倒臭い雰囲気があるところです。性悪ジジイです。

また、ソデの中には武器を忍ばせています。

オルバルトの能力・強さは悪辣翁

オルバルトの能力はシノビと呼ばれる忍術を使うことです。

強さ悪辣翁の異名の通り、シノビの術技を用いて悪辣百般、あらゆる特務を遂行します。

穏やかに会話していても、その裏側にはどす黒く、容赦なく他者の命を奪い去るシノビの流儀が隠されています。

己の目的を果たすためなら、あらゆる手段を惜しまないところが強さです。

オルバルトは、シノビと呼ばれる特殊な術技を習得する一党の頭目で、武罠や毒を用いるほか、忍術で気配を消すことも出来ます。

また、スバルらを幼児化させた不老長寿のような秘術も彼によるものです。

リゼロ:オルバルトのシノビの術技・幼児化

スバルとアル、ミディアムの三人は、シノビの術技により幼児化します。

紅瑠璃城から脱出するときに放たれた貫手が胸を突くのですが被害はありませんでした。

血も出ていなければ、出血なしで心臓を抜き取られた形跡もなかったのですが、何ともないはずがありませんでした。

翌朝、目覚めると異変が起きており体が小さくなっていました。肉体だけを10歳近く若返らせた状態で、時間は巻き戻されていません。

アベルはだけは何事もなかったのですが、戦力的には心細くなりました。

オルバルトはその気になれば、前日の紅瑠璃城の戦いでスバルたちを殺せました。

幼児化の術技でなく、ただの貫手で心臓を貫くこともできたのです。

それをしなかったのは、相手と交渉するためでした。

リゼロ:オルバルト・ダンクルケンの目的は皇帝

シノビの頭領であるオルバルトの最終目標は、皇帝を殺すことです。

シノビは、その肉体と精神を極限まで痛めつけ、そうした一握りだけが至れる境地です。

ましてその頭領であるオルバルトは、死するその日まで完成の時は訪れないという…。

彼の野心は、老年であることを理由に枯れることはなく、皇帝を殺したシノビとして歴史に名を残すことを目的にしています。

一将の位にあり、シノビの頭領として部下も抱え、長く生きた分だけのしがらみをも抱えながらも、死ぬ前に最後でっけえ花火を打ち上げたいという強い気持ちがあるからです。

また、九神将における『参』であれど満足とは程遠く、絶対の勲章『壱』の座を奪取としたとて無理もないことだとか…。

スポンサーリンク

まとめ

  1. オルバルト・ダンクルケンは帝国一将『参』の位を持つ、九神将の一人です。
  2. 能力はシノビの術技を用いること、強さは悪辣の限りを尽くして戦うことです。
  3. スバルらを幼児化させたのはオルバルトの術技によるものです。
  4. オルバルトの目的は、皇帝を殺し名を残すことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました