リゼロ・オットーの正体や過去は?言霊の加護の能力や強さについても

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、オットー・スーウェンについて紹介します。

オットーの正体は、行商人であり、スバルの友人、エミリア陣営の内政官です。
オット―の過去や家族、愛竜フルフ―について。
言霊の加護の能力や強さについても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:オットー・スーウェンの正体や過去

オットー・スーウェンについて見ていきましょう!

オットー・スーウェンの正体:行商人

オットー・スーウェンの正体は、行商人です。

行商先でスバルと出会って以降、スバルの死に戻りを助けます。その商才が認められると、徐々にエミリア陣営へと引き込まれていきます。

オットーはスバルの友人として。また、エミリア陣営の内政官参謀役を務める重要人物です。

プロフィール

名前オットー・スーウェン
職業行商人→内政官
加護言霊の加護
能力土属性の魔法・護身術
特徴灰色の髪・穏やかな目
誕生日3月24日
年齢20歳
身長177cm
体重60kg台
好きな食べ物辛いもの、苦いもの
実家スーウェン商会
家族父・母・三兄弟の次男
声優天﨑滉平(あまさき こうへい)

オットーの愛竜:フルフ―

  • 名前:フルフー
  • メスの地竜
  • 誕生日:9月6日
  • 能力:風除けの加護

付き合いは、およそ10年、オットーが実家を出る時に連れ出しました。

フルフ―は、オットーの大切な家族です。

風よけの加護は、地竜であるなら全ての種族が持ち合わせている特性です。

地竜が走り続ける間は、風や足場の悪さといったもの無視して、目的のために走ります。

その恩恵は地竜と繋がれた竜車や、その背に跨った騎竜者にまで及ぶというものです。

オットーの過去・家族は

オットーは、スーウェン家の次男として生まれ、両親の愛を受けながら育ちました。

スーウェン家は中流程度の生活水準を維持する商家です。

オット―には兄弟がおり、二つ上の兄二つ下の弟は健常者です。オットーのような能力はありません。

両親の話では、オットーの不運は産後すぐ産湯で溺れかけたことを切っ掛けにスタートしており、運に見放された日々を過ごすことになったとのこと。

意図したわけでもないのに、階段から落とされたり、鳥の排泄物を食らったり、花瓶で溺れかけたりと頻繁に不幸に苛まれていたというのだから、自覚がなかったとしても不運としか言いようがありません。

オットの実家、スーウェン商会はが継いでいます

スポンサーリンク

リゼロ:オットーの言霊の加護の能力・弱点

オットーの能力、言霊の加護について見ていきましょう!

オット―の言霊の加護の能力

オットーの言霊の加護の能力は、発現して約二十年。使いこなせるようになったのはここ十年ほどです。

幼少期は、聞こえすぎるがゆえの難聴状態でした。

言霊の加護は、おおよそ発生器官のあるものであれば意思疎通ができるというものです。

0歳~
  • 四六時中、意味の理解できない言葉が聞こえる。
  • 隣の人の声も聞こえない地獄、両親の言葉も雑音。
  • 医者へ行ったが異常なし
  • 無感情な人間として幼少期を過ごす。
  • 文字でなら意思疎通が出来ることを兄が見つけてくれた。
  • 文字習得には普通の子の10倍かかる。
八歳~
  • 雑音を自分の意志で遮断できるようになる。
  • 同年代の子には劣るが、集中力で一気に差を縮める。
  • 人間関係に失敗し孤立する。
十歳~
  • 感情表現や精神年齢が、同年代の子どもと比べ七年ばかり遅れていた
  • 商家の息子として恥じないよう、勉学に励む。
  • 意識的に遮断できるようになった雑音に変化が生じる
十一年~
  • 人類種以外の生物と意思疎通ができる力があるらしい。
  • 加護の力の限界を知るため、試行錯誤を繰り返す
  • 知能の高い生き物であるほど、はっきりとした形で意思が伝わってくる。
  • 地竜と言葉を交わすところを兄弟に見せ加護持ちであったことを打ち明ける。
  • 兄と約束、言霊の加護の存在を周囲に知られないよう心に決める。
 その三日後
  • 弟に地竜と会話しているところを見られ加護のことを打ち明ける。
 そして翌日
  • 弟に連れられ大勢の子どもたちが集まる中で虫と会話→地獄を見る。
  • 空気の読めない、ゾッダ虫野郎と名前が知れ渡る
  • 言霊の加護を封印し、二度と使わないようにしようと決意する
十四歳~
  • 数年がかりで自分に沁みついた悪評を打ち消し、多くの人の記憶から忌まわしい思い出を拭い去ることに成功する。
十五歳になる前
  • 町一番の権力者の娘の恋人から因縁をつけられ、自分にかけられた冤罪を晴らすために言霊の加護を利用。
  • 娘の異性関係(八股)を暴露し、殺し屋に狙われ故郷を追われます。
  • 生まれ故郷から逃げ出し、父親の縁を頼って知人の商会で働き修行する。
十六歳~
  • 行商人として旅立つ
二十歳~
  • スバルと出会う

言霊の加護の弱点

言霊の加護の欠点は、意思疎通するために相手の言語を利用する必要があるということです。

たとえば、地竜と話す時は地竜の言葉で、虫との会話では虫の鳴き声を上げて話さなければなりません。

また、加護を使いすぎる危険なことも分かりました。

オットーが、自分にかけられた冤罪を晴らすために加護を利用したときは、都市であったため限度ありました。

しかし、広大な森の中となればその絶対数はオットーの許容量をはるかに超えます。

言霊の加護は耳に聞こえるだけではなく理解を強要しますので、頭に鋭い痛みが走り鼻血が出ました。

これは、すべての言葉を拾い脳が処理を行うためで、脳が限界を超えた活動をしたためと思われます。

スポンサーリンク

リゼロ:オットーの強さ・商人から内政官へ

オットーの強さについて見ていきましょう!

オットーの強さについて

  • オットーの一番の強さは、諦めないことです。
  • 己のことを一番良く知っており、過信しないこと。
  • 友人のためなら、採算度外視で協力するところ。

オットーは、行商人という職業上、道中の危険を避けるためにそれなりの護身術は身につけています。一般人のスバル相手なら素手で勝てる程度の強さです。

しかし、本物の戦いを生業にした連中に比べれば、一歩どころか十歩下がりますので、積荷を捨てて逃げたこともあるとのことです。

言霊の加護の他にも、周囲から集めたマナで上級魔法、主に土属性の魔法が使えます。

スバルと出合い人生が一転

不運だと思っていた人生が、一気に幸運へと向う出来事がありました。

オットーは、儲け話があると飛びつき竜車の確保をし目的地に向かっていましたが、途中で魔女教徒に捕まってします。絶望感の中、言霊の加護を使い助けを求めるのですが、この時は一切言葉が聞こえなかったといいます。

そこに現れたのが、ペテルギウス討伐のために来ていた鉄の牙らの隊長のリカードでした。

兄ちゃん、運がええな! ワイらがこんかったら、殺されとったぞ!大将の坊主にも感謝せなあかんな。兄ちゃんにしたら恩人や!

オットーは「し、死なないで……よか、よかった……っ」と絶望感から解放され涙が溢れ出しました。

その後、スバルたちから受けた恩を返すために尽力します。

切り札:アル、ドーナ

オットーは、聖域でガーフィールを足止めするため、自身の持てる以上の魔法を行使しました。

――アル、ドーナ」は、森中の力を借りて放った魔法です。

森に生きる虫や小動物との協力を取り付けるための条件は、集落を囲む森に悪さを働く敵を、みんなで懲らしめようという提案でした。

ガーフィールが森の破壊を繰り返した場合、森の住民たちは、自身の持つマナを一ヶ所へ集中させ、オットーに最大限の力を貸すと約束しています。

オットーが詠唱すると、満ちるマナがオットーの全身を循環し、詠唱に応じて世界が形を変えました。

すさまじい速度と勢いでせり上がる土砂流が、動きの遅れたガーフィールの全身を打ち据えて、森の彼方へと吹き飛ばしています。

発生した土砂流はガーフィールの全身を打ちのめし、ここまで碌々ダメージも与えられなかった彼に、決定打となり得るほどのダメージを与えました

しかし、このアル系統の切り札ドーナ…は、ガーフィールの地霊の加護と相性が良く、地に足が着いている限り、その身は強靭な土の防護を帯びるというもの。

オットーの不運は否めませんが、気力知力全てを絞り尽くした彼の戦いへの意気込みは、弱者なりの最善だったとガーフィールも絶賛しています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. オットーの正体は、行商人でありエミリア陣営の内政官です。
  2. オットーはスーウェン家の次男として生まれました。
  3. 能力は、言霊の加護と土属性の魔法が使えます。
  4. 言霊の加護の弱点は、相手の言語を使用すること。
  5. 欠点は、使いすぎると危険なことです。
  6. オットーがスバルを助けるのは恩を返すため。
  7. オットー強さは、策謀をめぐらし諦めないことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました