リゼロ・アベルの正体はヴィンセント・ヴォラキア?無血開城計画で踊り子に

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、アベル(ヴィンセント・アベルクス)の紹介をします。

アベルの正体はヴィンセント・ヴォラキア、神聖ヴォラキア帝国第七十七代皇帝です。

アベルの独特な瞬き、鬼面について。無血開城計画では、踊り子ビアンカに女装することも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:アベルの正体はヴィンセント・ヴォラキア

アベルついて見ていきましょう!

アベル(ヴィンセント・アベルクス)の基本情報

プロフィール

名前アベル(ヴィンセント・アベルクス)
地位神聖ヴォラキア帝国第七十七代皇帝:ヴィンセント・ヴォラキア
年齢二十代の前半から半ば
性別男性
特徴黒髪、黒い瞳、色男、鬼面
性格傲岸不遜
武器姿隠しのマント
特技舞、舞姫ビアンカ

アベルは、覆面男として登場します。

覆面を外せば、切れ長な瞳が印象的な黒髪の美青年で、目を奪われるほどの美貌の持ち主です。

性格嫌なやつですが、道に迷ったスバルにナイフをプレゼントしてくれるところもある、およそプレイボーイと言った印象です。

アベルには死んだ妹がおり、舞が得意なのだそうです。

フロップさんからは、村長くん!と呼ばれています。

アベルの正体:ヴィンセント・ヴォラキア

アベルの正体ヴィンセント・ヴォラキア、神聖ヴォラキア帝国第七十七代皇帝です。

アベルが皇帝の座を追われたのは二回目です。アベルを連れ回したのは王国の近衛騎士でした。

再び玉座に座るまでは、ヴィンセント・アベルクス、アベルと名乗るらしい。

バドハイム密林に、帝国軍の討伐隊を派遣していたのは、皇帝の座を追われたアベルを狙ってのことでした。

この計画を企て絵図を書いたのが、宰相のベルステツです。

アベルは彼が裏切ることを見通し備えてきましたが、その見張りをさせていたチシャ・ゴールドが裏切るとは予想外だったとのこと。

アベルが奪われた玉座を奪い返すための絶対条件、この争いはより多くの九神将を確保したほうが勝利します。

アベルの瞬きは独特

アベルの瞬きは独特なものです。片目ずつ、決して一度に両目をつむりません

仲間にすら心を許すことはないようで、アベルが眠るところを見たことがありません。

彼にとって両目を閉じるということは、生殺与奪の権利を相手に委ねるということ。それを刹那でも許すほど、俺は俺を軽く見ていないということらしい。

アベルが片目を開けて眠るのがヴォラキア皇族の習わしだからです。

極小でも可能性があるなら、注意不足で命を落とすことはさけたいらしい。

鬼面には認識阻害の効果がある

アベルの被っている鬼面は、認識阻害の仮面です。

鬼面には、被ったものの正体を隠す効果があり、アベルは皇帝と悟られないよう被っていました。

元々シュドラクにあったもので、皇帝とシュドラクが親友となり、森を訪れる時に使っていたと伝わっています。

スポンサーリンク

リゼロ:アベルは無血開城計画で踊り子ビアンカに

無血開城計画を見ていきましょう!

アベルの無血開城計画とは

無血開城はアベルが玉座を奪還するための計画で無駄な血を流さず済むようスバルが考案しました。

女好きのズィクルを狙い撃ちにする計画で、クマソタケルと名付けられました。

都市内で綺麗どころばかりの旅芸人が話題となれば、女好きの将が興味を抱き、酒宴に招かれることを期待します。

アベルらは旅芸人一座として、相手の懐に潜り込み舞を披露します。

舞姫の求めるままにズィクルは剣を差し出し、抜き放たれた剣の先端を首に向けられ動けなくなります。

剣を突き付けたアベルが降伏を勧告すると、ズィクルは武装解除に応じます。

ズィクルの臆病者の性質を勝算に組み込んだ作戦は、説明の必要がなく舞の最中に気付き舞のあと頭で理解したらしい。

ビアンカのカリスマ性には驚かされますが、ズィクルは、雲の上の存在である皇帝が、二つ名を覚えていて信じて作戦に組み入れてくれたことが光栄でした。

都市庁舎の屋上に掲げられていた帝国の旗に、スバルが火を付けて燃やし城郭都市グァラルの陥落となります。

アベルの協力がなければ成し遂げられなかった計画ですが無血開城しています。

アベルは踊り子ビアンカに女装

アベルら五人は、旅芸人一座の踊り子としてグァラルへ潜入します。

アベルは、素材の良さを感じさせる、極限の美貌を再現した美しき舞姫ビアンカへ、その完成度の高さはこの計画に欠かせません。亡くなった妹ほどではないが、舞は得意です。

女性を装うことに抵抗は無く幼少期より幾度も経験してきたとのこと。

フロップは、生まれ持った才能を生かした化粧でフローラへ。

スバルはこれまでに六回の女装経験があります。イメージするのは、常に最も美しい自分、ナツミ・シュバルツへ、声までも?ベテランです。

そこへ加わるのが、シュドラクの民の中でも、比較的に物騒な気配のしないクーナタリッタです。相手に警戒心を抱かせないよう、化粧とコーディネートで誤魔化します。

この二人は、首尾よくズィクル・オスマンを引き出せたとしても、押さえを利かせるだけの手勢は必要とのことで選ばれています。

旅芸人一座は、ビアンカ、フローラ、ナツミ、クーナ、タリッタの五人です。

スポンサーリンク

まとめ

  1. アベルの正体は神聖ヴォラキア帝国第七十七代皇帝、ヴィンセント・ヴォラキアです。
  2. アベルの瞬きは独特で両目を一度に閉じることはありません。
  3. 鬼面には認識を阻害する効果があります。
  4. 無血開城計画でグァラルは没落します。
  5. アベルは踊り子ビアンカに女装します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました