リゼロ・シャウラの能力や強さは?最後は死亡・正体は紅蠍かも

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、シャウラについて紹介します。

シャウラは、プレアデス監視塔の星番。能力はヘルズ・ナイプ。強さはルールを破ると大サソリに変身すること。
シャウラは最後は塵になり死亡したのか。紅蠍(べにさそり)の正体についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:シャウラはプレアデス監視塔の星番

シャウラについて見ていきましょう!

シャウラの基本情報

プロフィール

名前シャウラ
年齢400歳以上
性別女性
仕事プレアデス監視塔の星番・祠の見張り
服装ホットパンツ、黒ビキニ、マント姿
髪型スコーピオンテールと呼ばれるポニーテール
能力ヘルズ・スナイプ
強さ怪力人間、大サソリに変身
備考シャウラ:さそり座を形作る星名、意味は「針」。プレアデス監視塔:プレアデス星団、和名「昴」

シャウラは、プレアデス監視塔の星番をしています。

シャウラは、サテラが封印されている魔女の祠、近くにプレアデス監視塔を建て、400年前からずっと祠の見張り続けています。

シャウラは四百年間、自分の感情を閉じ込めお師様ッの言いつけを守って来ました。

お師匠様とは大賢人フリューゲルのことで、スバルのことを大賢人フリューゲルお師様ッと呼び慕っているのは、スバルとフリューゲルは同じ匂いがするからと匂いで嗅ぎ分けています。

シャウラは、頭と目は良くないようでしたが鼻は利くようです。

シャウラは三英傑の一人ではない

賢者シャウラは400年前、嫉妬の魔女サテラの封印に貢献した三英傑の一人です。

世間的に賢者と呼ばれている人物は、シャウラとは別人です。

三英傑と呼ばれているのは、「賢者」シャウラ、「剣聖」レイド・アストレア、「神龍」ボルタニカです。

賢者フリューゲルが目立つのが好きでなかったため、弟子のシャウラに功績を押し付けたと言われています。

リゼロ:シャウラの能力・強さは

シャウラの能力を見ていきましょう!

シャウラの能力:ヘルズ・スナイプ

シャウラの能力、得意とする技はヘルズ・スナイプです。

自分の針と標的をマナで結び、それらを引き寄せる形で放つものです。

この技は高速、高火力、高速射能力かつ超精密射撃なため彼女が守っているプレイアデス監視塔へ近づくものはほとんどこの技で倒されています。

ディメンジョン・ゲートが解除されなければ、当たるまで攻撃し続けるというもの。

ヘルズ・スナイプは、塔に近づく人や魔獣の撃退に大きく貢献しています。

シャウラの強さ:大サソリに変身

シャウラは、竜車と地竜をひょいと持ち上げる怪力人間です。元々強いのですが、プレアデス監視塔のルールが破られると大サソリに変身します。

キリングマシーンになり、塔内の挑戦者であるスバルたちを全滅させるため動き始めます。

大サソリの姿は、赤い複眼、禍々しい二本の大鋏、巨躯を支える複数の足と、鉄の鎧もかくやという強度を誇る甲殻、全てが洗練された破壊と暴力の象徴のようです。

戦闘力は見た目の凶暴さを裏切らない強さで、スバルは塔内での十五回以上の試行錯誤する中で、半分くらいはこれに殺されているというほど強いです。

大サソリの赤い複眼が爛々と輝くと、直後に振るわれる尾から白光が迸り、尾針が周囲へとばら撒かれます。

また、サソリの尻尾は千切れても再生する能力があります。

プレアデス監視塔のルールとは

監視塔のルールは全部で5つです。

  1. 試験を終えずに去ることを禁ず
  2. 試験の決まりに反することを禁ず
  3. 書庫への不敬を禁ず
  4. 塔そのものへの破壊行為を禁ず
  5. 試験の破壊を禁ぜず

本来の姿、大図書館プレイアデス7層です。

プレアデス星団は7人姉妹が由来とされています。長女から順番にマイア、エレクトラ、タイゲタ、アルキオネ、ケラエノ、アステローペ、メローペは末妹になります。

リゼロ:シャウラの最後は死亡・正体は紅蠍

シャウラの正体を見ていきましょう!

シャウラ:最後は死亡する

シャウラは役目を終え死亡したと思われます。

スバルの最後の手札は、南の帝国を荒らした存在、魔獣の母の再臨。メィリィを立ち上がらせること。

最後は、メィリィの負担をスバルがコル・レオニスで引き受け、その大部分を地竜(ジャイアン)に肩代わりしてもらうことでメィリィの立ち上がらせました。

メィリィは、魔操の加護の力を用いて、アウグリア砂丘を占拠する魔獣の群れを意のままに操り紅蠍が力比べに敗北します。紅蠍の足が浮いたその瞬間を、ユリウスが紅蠍の尾を根本から断ち切りました

紅蠍の巨体は、外殻がほつれ塵へと変わり、黒い塵が降り積もった砂の中からは、小さな蠍が現れています。

シャウラとの関係は分かりませんが、これは紅蠍という魔獣で、シャウラとしての自我はないとのことです。

メィリィは小紅蠍を自分の頭の上にぽんと乗せると、メィリィの魔操の加護の影響下に入りました。

シャウラの正体は紅蠍?

シャウラの正体は紅蠍(べにさそり)なのか探ってみたいと思います。

シャウラは元々、魔獣だったのではないかと思っています。

シャウラの姿は、お師様とかか様がデザインしたと言っていますので、元々は別の姿であった可能性があります。

メィリィとじゃれ合うシャウラの様子には違和感を感じましたし、最初から魔操の加護の影響下に入っていたのではと思えてもきます。

シャウラは、足が疲れたとごねるメィリィを背負い階段を上っています。背負ってもいいと言い出したのはシャウラでした。

お師様がフリューゲルだとして、かか様は誰なのか?気になるところです。
ダフネかカペラ…エキドナあたりが有力なのかなあと思っています。

もし、今後の展開があるとすれば楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. シャウラはプレアデス監視塔の星番で400年間、祠の見張りをしています。
  2. ヘルズ・ナイプの能力は高速で精密な射撃技です。
  3. 大サソリの強さは、力が強く再生能力があることです。
  4. シャウラは最後、塵になり死亡しています。
  5. シャウラの正体について、紅蠍であった可能性もあるが現時点では分からない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました