処刑少女の生きる道・オーウェルの正体は聖職者?目的や最後は?

処刑少女の生きる道

処刑少女の生きる道(しょけいしょうじょのばーじんろーど)の登場人物である、オーウェル大司教の紹介をしています。

オーウェルの正体は聖職者です。

オーウェルの目的は、メノウとアカリでした。儀式場の役割や最後は死亡したことについても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

処刑少女の生きる道:オーウェルの正体は聖職者

オーウェルについて見ていきましょう!

オーウェルの基本情報

プロフィール

名前オーウェル
階級第一身分
役職大司教・聖職者
都市古都ガルム
性別女性
年齢70代半ばくらい
特徴厚手の白い布に金糸の施された神官服・杖
声優久保田民絵(くぼたたみえ)

オールウェルは、ガルムの大聖堂の大司教です。

大司教のみに許されるという、厚手の白い布に金糸の施された神官服を着ています。

彼女は、70代半ばに見える穏やかそうな老女で、杖をついているのが特徴です。

第一身分の頂点に近い存在で、多くの命を救っています。

オーウェルの正体は聖職者

オーウェル大司教の正体は聖職者です。

大司教は、己の魔導と立場を使い、人を救済することを役目としている聖人に等しい存在です。

10年前、異世界人の暴走で、真っ白に塗りつぶされ、町一つが消えた人災でも手腕を発揮しました。

メノウが処刑人となる切っ掛けとなった事件です。

この事件は、オーウェルがメノウの純粋概念を【白】に染めようとして起きました。

処刑少女の生きる道:オーウェルの目的や最後は

オーウェルの目的を見ていきましょう!

オーウェルの目的

オーウェルの目的は、アカリとメノウの二人です。

メノウは、陽炎の教えを受けて陽炎の後継と呼ばれるまでに導力操作を叩き込まれました。

導力接続を苦にしないメノウなら、アカリの純粋概念を操ることができます

オーウェルは10年間、小さな好機を見逃さないように待ち続けていたのです。

異世界人を洗脳し、思い通りに動かせる純粋概念を手に入れようとしていました。

儀式場の役割は

オーウェルの言う、異世界人を滅ぼす儀式場は最上階にありました。

最上階にある儀式場は、異世界人を洗脳し、人格漂白を行う実験場です。

オーウェルは人の精神も、魂も、漂白し、純粋概念を宿すだけの素材にしていました。

儀式場の下の階では、若い女性たちを集めて、原石理ノ赤石にしています。

ガルムの町は、第一身分と第二身分が癒着しており、第一身分が首謀者です。

大聖堂は、旧王城と隣接する位置に造られており、地下通路で繋がっていました。

オーウェルが禁忌に手を染めたのは、若さを求めてのようです。

異世界人の利用や、人体の素材転用は禁忌指定されています。

オーウェルの最後は死亡した?

オーウェルの最後は、老化し干からびて死亡しました。

メノウがアカリから引き出し発動させた、純粋概念由来の魔導【老化】が放たれ、一気に老化しました。

オーウェルの、敗因は教典を使わなかったことです。

教典は、主の目であり耳、口の役割をするため、手放さざる負えなかったということらしい。

理想の主を追い求めて、禁忌に手を染めた罪悪感もあったようです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. オーウェル大司教の正体は、聖職者です。
  2. オーウェルの目的は、思いどうりに動かせる純粋概念を手に入れること。
  3. 儀式場の役割は、異世界人を洗脳するためです。
  4. 最後は、干からびて死亡します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

処刑少女の生きる道、好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました