処刑少女の生きる道・フレアの正体は導師?目的やメノウを殺す理由は?

処刑少女の生きる道

処刑少女の生きる道(しょけいしょうじょのばーじんろーど)の登場人物である、フレアの紹介をしています。

フレアの正体は導師(マスター)です。

導師フレアの目的は主を殺すこと。メノウを殺す理由についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

処刑少女の生きる道:フレアの正体は導師

フレアの正体を見ていきましょう!

フレアの基本情報

プロフィール

名前フレア(陽炎)
階級第一身分
役職神官・元処刑人・修道院の院長
異名導師(マスター)
性別女性
特徴短髪で赤黒い・不吉な雰囲気
能力導力迷彩
武器教典・短剣
習慣無駄なことをしたくなった時、1本だけタバコを吸う。
声優甲斐田裕子(かいだ ゆうこ)

フレアは、第一身分の神官、元処刑人です。

表向きは修道院の院長をしています。

赤黒い印象で不吉な雰囲気のする女性で、メノウを処刑人に育て上げました。

導師フレアは、あらゆる強敵を敵に回し勝利してきた、伝説の処刑人です。

左手に教典を持ち、神官服の紋章障壁が入っています。短剣の紋章は、迅雷導技です。

『導力:接続――短剣・紋章――発動『迅雷』』
『導力:接続――短剣・紋章――発動『導技』』

フレアの正体は導師

フレアの正体は導師。フレアは二つ名です。

彼女の導力迷彩の完成度は高く、アーシュナに入れ替わったり、消えたりすることも出来ます。

導師は、第三身分の孤児として引き取られ、処刑人として育てられました。

彼女は、人を殺すのは悪いことで、自分が悪人であることを知っています。

罪悪感や苦痛を感じることなく、命じられるままに人を殺して来た、暗殺者です。

処刑少女の生きる道:導師の目的やメノウを殺す理由

導師フレアの目的を見ていきましょう!

導師フレアの目的は

導師フレアの目的は白】を殺すことです。

この世界の主を倒すため、メノウを使い潰すつもりでした。

フレアは、オーウェルからメノウを押しつけられた時から、殺すために育てていました。

フレアは、最初からメノウの存在が何であるかを知っていたのです。

主の帰還計画で、塩の大地に来ると分かってからは、【白】の精神が、不完全なメノウに憑依した瞬間に立ち会い殺すつもりでした。

主の帰還は、【白】が日本へ帰るための計画です。

メノウを殺す理由

フレアはメノウを殺しています。

アカリにより時間回帰されますが、メノウは死亡していたのです。

第一身分を裏切るメノウに処刑命令が下り、殺していました。

アカリはメノウを殺させないため時間回帰を繰り返し、記憶が削がれ純粋概念が侵食していきます。

フレアはアカリを人災化させるため繰り返させていました。

スポンサーリンク

まとめ

  1. フレアの正体は、導師です。
  2. 目的は、主を殺すことです。
  3. メノウを殺す理由は、アカリを人災化させることです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

処刑少女の生きる道、好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました