リゼロのフェルトの強さや正体は?うざいし徽章が光る理由は王族だから?

リゼロから始める異世界生活

リゼロの登場人物である、フェルトの紹介をしています。

フェルトは、エミリアの徽章を盗んだのがきっかけで王選に参加します。
フェルトの強さ・風の加護やミーティアを使う能力について。
うざい理由、フェルトの正体は王族、徽章(きしょう)と王選の関係についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リゼロ:フェルトの強さ・風の加護

フェルトについて見ていきましょう!

フェルト:基本情報

プロフィール

名前フェルト(本名は別にある)
特徴金髪・赤目・少女
性別女性
誕生日8月8日(ロム爺がフェルトを拾った日)
年齢14歳
身長153cm
趣味貧民街を抜けだす計画を立てること
特技スリ・逃げ足が速い・利きミルク(古い新しいを判断する能力)
加護風の加護
声優赤﨑千夏(あかさき ちなつ)

フェルトは貧民街で暮らす少女です。エミリアの徽章を盗む場面で登場します。

フェルトは孤児だったとされており、ロム爺がフェルトを拾って育てました。

フェルトに名前をつけたのはロム爺です。血の繋がりはないのですが、ロム爺はフェルトを孫のように可愛がっています。

フェルトの強さ:風の加護

フェルトは、風の加護を持っています。

フェルトは盗品蔵から抜け出す時に、エルザから「風の加護、素敵、世界に愛されているのね、あなた妬ましい。」と言っています。

エルザは風の加護といっていましたが、フェルトの加護は普通の風の加護ではない可能性があります。

エルザの「世界に愛されている」の言葉から、もしこの加護が、世界に1つだけの加護となると、100万人に1人の確率でつく加護である可能性も出てきました。

またフェルトは身体能力が高く、エミリアから徽章を盗むスリの場面で、すばっしっこさを見せ、壁なども駆け上がっています。

この身体能力のの高さも加護によるものだと思われます。

フェルトの能力:ミーティアを使う

フェルトは、ミーティアを使うことが出来ます。

ミーティアは、エキドナが過去に神龍ボルカニカへいたずらするために開発した魔法器です。

ミーティアの発動条件は、大量のマナと攻撃対象の遺伝子情報が含まれた物(例えば髪の毛など)が必要です。

エキドナは、ミーティアに「願いを叶える流れ星」と名付けています。

リゼロ:フェルトがうざい理由

フエルトはうざいのか見ていきましょう!

うざいといわれる理由は、その言動や態度からだと思われます。

  • 言葉づかいが乱暴で、気が短い、刃物を持ち襲いかかる。
  • 王選参加の時には「私は貴族が嫌いだ、私は騎士が嫌いだ、私は王国が嫌いだ、何もかも全部嫌いだ、だから全部ぶっ壊してやろうと思ってる。」との発言をしています。
  • フェルトは、動きやすい服装を好むため、用意されたドレスを着せられても、すぐに動きやすい服に着替えてしまう。
  • 胡座(あぐら)を組むなど。

その反面とても素直で優しく気遣いができる一面がある。

  • 盗品蔵では、逃げ出すことに成功し、半泣きでラインハルトに助けを求める。
  • エミリアの徽章も、恩人だからと素直に返しています。
  • 当初、王選への参加を嫌がっていましたが、フェルトを助けるために城に侵入し騎士に囚われたロム爺を助けるのを条件に王選への参加を決意しています。

いかにもフェルトらしい振る舞いですが、うざさとのギャップがあるところも、人気の秘密のような気がします。

フェルトの正体:徽章と王族の関係

フェルトの正体を見ていきましょう!

フェルトの正体:王族の生き残り

フェルトの正体は、突発的な病で滅亡したといわれる王族の生き残りだと言われています。

フェルトが、ルグニカ王国の王族であると言われる理由は、金髪に赤い瞳とういう容姿の特徴が一致するからです。

14年前に、ルグニカ王国の女児が連れ去られており、姿を消す事件が起きています。

連れ去られた女児とフェルトの年齢が一致するところからです。

また、フェルトの本名は他にあるとのことが挙げられます。

フェルトが名前を食べられそうになった時に、魔女教の暴食担当が吐き出したことから、名前が他にある事がわかりました。

フェルト:徽章と王選の関係

フェルトが王選に参加することになったのは、盗品蔵でエミリアに徽章を返却するとき、光ったことからです。

ラインハルトに保護されたフェルトは、王選に参加することになりました。

徽章(きしょう)には、竜の珠が埋め込まれており、竜の巫女を示す役割があります。

ルグニカ王国では、王族が次々に亡くなり、加護を受けられなくなりました。

王族が滅亡し、竜歴石に「竜珠が示す巫女」を5人集め、新たな盟約を結ぶべしと刻まれました。

徽章は、近郊騎士団やロズワールやライブなどの一部の人間に渡され、王候補者が捜索されました。

王選とは、ボルタニカの加護を得るための竜の巫女」を選ぶための儀式とされています。

王選は、ルグニカ王国の王族滅亡から約半年で開始されることになりました。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ロム爺は孤児だったフェルトに名前をつけて育てたが、血の繋がりはない。
  2. フェルトの強さは加護によるもので、風が関係している。
  3. フェルトは、言動などからうざいといわれているが人気がある。
  4. フェルトは、容姿や年齢、徽章が光った事からも王族である可能性が高い。
  5. 王選とは、竜の加護を得るため竜の巫女を選ぶ儀式である。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

リゼロ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました