シャドーハウス・スザンナは特別授業の先生?能力や弱点についても

シャドーハウス

シャドーハウスの登場人物である、スザンナの紹介をしています。

スザンナは、こどもたちの棟を管理している星つきで特別授業の先生です。

薄いすす膜を張り巡らせて触感センサーのように操る能力があるのですが、弱点についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャドーハウス:スザンナは特別授業の先生

スザンナ先生について見ていきましょう!

スザンナの基本情報

プロフィール

名前スザンナ
立場 スザンナ・シャドー、顔はスージー
役割星つき、救護班班長、特別授業の先生、珈琲の管理
性別女性
すすすす量は普通
能力薄いすすで膜を張り巡らせ、触感センサーのように操る
趣味さすさす擦する
備考背中にメスを隠し持っている
同期ギルバート
声優豊口めぐみ(とよぐち めぐみ)

スザンナは、スージを顔として従えるシャドーです。

こどもたちの棟を管理する星つきです。

スージと共に特別授業の先生であり、救護班に所属しています。

こどもたちの世話係であり、珈琲の管理をしています。

同期は、救護班のギルバートです。

スザンナは特別授業の先生

スザンナは、いつも明るく丁寧に接してくれる特別授業の先生です。

お披露目に合格し、すす能力が覚醒した新人を集め、修練の間で授業をしています。

修練の間は、すす集めを目的とした場所ですから一石二鳥というわけです。

すすは、無限に出るものではないため、コントロールしようとすると消耗するのだそうです。

授業では、一日に自分が使えるすす量を把握して、定期的に溜め込んだすすを出し発散させるのが目的です。

すすを出すのはこどもたちの仕事で、おじい様はすす能力に長けているものを欲しており腕を磨きます。

スザンナの趣味:さすさす

スザンナには、さすさすさする趣味があります。

授業の間も優秀なこどもたちを「さすさす」赤子のようにさすっていました。

スザンナは特に学習意欲の高い子が大好きで、たくさんさすさすしたくなるのです。

シャドーハウス:スザンナの能力・弱点は

スザンナの能力について見ていきましょう!

スザンナの能力について

スザンナの能力は、薄いすすの膜を張り、周囲の侵入者を感知するというものです。

周囲にすすを張り巡らせ、触感センサーのように操っています。

授業でケイトは、すすを操りジョンのポケットに手紙を入れる場面では、いつの間にかスザンナの手元に移動していました。

スザンナは、隠し持っていたメスで手紙を開封していますが、メスはどこへやら…。

メスは、背中の後ろに隠し持っていました。

スザンナのすす量は普通ですが、物を一瞬で移動させ手品のように操る能力があるため強いです。

スザンナの弱点は

スザンナのすす能力の弱点は、薄いすす膜を張り巡らせているため風に弱いことです。

授業のときには、3つもの膜を貼っていましたが、遠隔ではかなりの集中力が必要になります。

おそらく、スザンナのすす膜は遠隔では一つしか脹れないのです。

風の感触を感知したスザンナは、部屋へは向わず窓からの風に言及しています。

珈琲のすり替え作戦では、すす膜が張られていたのは保管庫の入り口のドアの前だけで、珈琲のところにすす膜は無かったのです。

エミリコは珈琲豆をすり替える時に、フーフーしてすすを散らしすり替えています。

このときエミリコは、すす膜が張られていると予測し行動したのですが、結果的には良かったのです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. スザンナは特別授業の先生で、さすさす擦る趣味があります。
  2. スザンナの能力は、すすを触感センサーのように操る能力です。
  3. すす能力の弱点は、膜が薄いため風に弱いことです。
  4. 集中力が必要なため、遠隔ではすす膜を一つしか脹れないようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シャドーハウス好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました