ありふれた職業で世界最強谷口鈴の能力は?魔物や恵里との対話・関係も

ありふれた職業で世界最強

ありふれた職業で世界最強の登場人物である、谷口鈴(たにぐちすず)を紹介します。

鈴の天職は結界師です。変成魔法で、魔物の昆虫類や蹴りウサギのイナバを従えています。恵里とは親友で、最後にした対話についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ありふれた職業で世界最強:谷口鈴の能力

谷口鈴(たにぐちすず)の能力やステータスを見ていきましょう!

 

谷口鈴のステータス

谷口鈴は、クラスでもマスコット的な存在。身長は142cmと低めのちみっこです。

名前谷口鈴
年齢17歳
身長142cm
特徴チョロリンと垂れたおさげのロリ元気っ子
天職結界師
レベルLv.83
筋力350
体力450
耐性450
敏捷380
魔力820
魔耐580
技能結界術適性[+魔力効率上昇][+発動速度上昇][+遠隔操作][+連続発動]・光属性適性[+障壁適性連動]・言語理解

 

谷口鈴の能力:天職は結界師

鈴の天職は結界師です。

主に、障壁を作り出す防御魔法でクラスメイトたちを支える、縁の下の力持ちです。

聖絶光系の上級防御魔法・輝く障壁、十枚の光のシールドが重なるように出現している。強力な魔法なだけあって消費魔力が大きい。
天絶光系の中級防御魔法・光のシールドを発動
光絶光系の初級防御魔法の上位版・光のシールドを発動
爆嵐壁空気の壁に衝突した瞬間、たわみが限界に達したように凄絶な衝撃とともに爆発している。
聖絶・重攻撃を防ぐ為の障壁ではなく、対象を閉じ込めるための障壁。球状の障壁を出現させている。
聖絶・爆頭上に一メートル四方の輝く障壁が現れている。
聖絶・界複数枚の障壁を同時に幾枚も出す中級防御魔法〝天絶〟の性質を〝聖絶〟に組み合わせた防御魔法です。
双鉄扇鈴専用アーティファクト・舞踊のように使っています。
魔宝珠魔物運搬用アーティファクト
聖絶・光散華鈴の切り札です。威力は半端ない。

 

ありふれた職業で世界最強:鈴と魔物について

鈴が従えた魔物について見ていきましょう!

 

変成魔法とは

変成魔法は神代魔法の一つで、有機的な物質に対する干渉魔法です。

シュネー雪原にある氷雪洞窟の主、ヴァンドゥル・シュネーを攻略するともらえる報酬です。

普通の生き物を魔物に作り替え、術者の魔力と対象の生き物の魔力を使って体内に魔石を生成し、それを核として肉体を作り替えることが出来るというもの。

また、既にいる魔物の魔石に干渉して自分の魔力を交えることで強化したり、服従させたりすることも出来る。

やろうと思えば、魔石を生み出さないで変成させることも理屈上では可能なのだそうです。

 

魔物イナバについて

鈴は、樹海へ魔物の捕獲に出かけ、従えた魔物を強化しています。

鈴の変成魔法は昆虫類と相性が良いようで、ムカデ、ハチ、アリ、カマキリ、クモ、蝶を従えるのですがラインナップも???なところに現れた怪しい蹴りウサギがイナバです。

従えたと言うより、近づいてきたのはウサギの方。テンションがだだ下がりのところからのモフモフでしたので、鈴がノックアウトされたかたちです。

鈴からお願いしていますので従えた?というより雇用契約のような感じで仲間になりました。「きゅう!」と鳴きます。

この毛色の違うウサギは、ハジメが殺されかけた蹴りウサギの同種族で、武者修行しながら階層を下げ、なんと、自力で八十層に辿り着くほどに強くなったというツワモノ

魔物が神水を飲んだことで、魔力が自然と湧き上がり、思考はクリアに、周囲の気配を数倍くらい敏感に感じることが出来るようになったのだとか。。

ハジメに憧れていたという蹴りウサギは、ハジメを王様と呼び、名前をつけて欲しいと大阪弁で…。

蹴りうさぎの名前は、ハジメがイナバと名付けました

その後、ハジメから改良が加えられたアーティファクトが与えられています。

  • 鈴専用アーティファクト〝双鉄扇〟蝶型の魔物との相性が良いことを考慮し改良されたもの。
  • 魔物運搬用アーティファクト〝魔宝珠〟

 

鈴と恵里の対話内容と関係は?

鈴は、魔人領で恵里と再開します。

 

偽りの親友関係?

魔人領での恵里との対話は鈴が任されました。

魔物を従えた鈴は強く、恵里の灰色の砲撃も鈴の守りを突破できず使徒の力を得たにも関わらず押されているため恵里は苛立ちを隠せません。

恵里が光輝に近づくために鈴の親友になったように、鈴も良い子を演じるための親友が必要だったと恵里を道具としての扱ったことを謝っています。

鈴は、鈴といるときだけ見せてくれた恵里の笑顔を忘れられません。恵里のことを知ってもう一度友達になって恵里を守りたかった。

鈴は切り札、”聖絶・光散華”を使っています。恵里の肉体は何もしなければ、このまま果てるだけだろうと思われるほどの威力です。恵里に回復薬を渡そうとするのですが、拒絶され覚悟を決めました。

 

鈴と恵里の最後の対話

恵里は最後、自爆するのですが話す時間はありました。

しばらく罵りあったあとの事、恵里が死のうとした時に出会っていたのが光輝ではなく鈴だったなら…今頃、状況は違ったかも知れないと。

鈴は恵里と親友だったことを後悔していません。恵里もまた、鈴と一緒にいる時は、安らいだと…。

偽りだったとは言っているけれど、二人は親友だった。そのことを確認し合う大切な時間でした。

「……あの時、あの橋の上で出会ったのが鈴だったなら……どうなってたのかな? な~んて、うん、私が一番の馬鹿」
「恵里、すず――私は、恵里と親友で良かった! たとえ偽りでも、歪でも、楽しかった! 私はっ」

「……ばいばい。鈴と一緒にいるときは、ちょっとだけ、安らいだよ」

 

スポンサーリンク

まとめ

  1. 谷口鈴の天職は結界師です。
  2. 能力は、変成魔法で魔物を従えることが出来ます。
  3. 蹴りウサギのイナバは神水を飲んでおり、他の魔物とは違う。
  4. 恵里は最後自爆しますが、鈴の親友です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【ありふれた職業で世界最強】好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました