〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

本好きの下剋上ヴィルフリートの婚約は可哀想?結婚や嫌いという意見についても

本好きの下剋上の登場人物である、ヴィルフリートはアウブの次期領主としてローゼマインと婚約していましたが解消されています。

ヴィルフリートの婚約は義務で、婚約解消後の選択肢はたくさんあること、次期アウブ・エーレンフェストについて。ハンネローネの片思いについてやヴィルフリートの結婚や嫌われていることについても見ていきます。

スポンサーリンク

本好きの下剋上:ヴィルフリートの婚約は可哀想

ヴィルフリートの婚約について見ていきましょう!

ヴィルフリートの婚約は可哀想なのか

ヴィルフリートはアウブの次期として、平民出身の婚約者ローゼマインとの婚約を受け入れざるを得ませんでした。

彼は解消を望んでおり、自由を手に入れたかったのですが、アウブの地位を維持するためには彼女との婚約が必要でした。

彼の養父は彼女をアウブにするつもりはなく、彼女を繋ぎ留めるために婚約を継続させていたのです。

ヴィルフリートは比較され続けることが嫌で、ローゼマインとの関係は兄妹以上のものになることができませんでした。

彼はローゼマインの夫として生きたいとは思えなかったのは、彼女がフェルディナンドにもらったお守りの数々がヴィルフリートのプライドを刺激していたからです。

ヴィルフリートの過去と罪

ヴィルフリートは母から離され、祖母ヴェロニカに育てられました。

彼はゲオルギーネ一派の陰謀によって、狩猟大会の時に白の塔へ連れ出されており、祖母が幽閉されていることを知ります。

領主の許可なく立ち入り禁止の塔に無断で入った彼は、領主への反乱や罪人の逃亡幇助の罪に問われ、次期領主の内定を取り消されてしまいました。

ヴェロニカ粛清で廃嫡の可能性もありましたが、ローゼマインの助力で許されていたのです。

スポンサーリンク

本好きの下剋上:ヴィルフリートの結婚や婚約解消後は

ヴィルフリートの結婚について見ていきましょう!

ヴィルフリート:婚約解消後の選択肢

ヴィルフリートには、婚約解消後に多くの選択肢が与えられていました。

彼は領主候補生としてエーレンフェストを支えるか、他の領地に婿に出ることができます。

彼はギーベになったり、新しい産業を生み出したり、騎士団長になることもできます。

また、次期アウブを目指すこともできます。彼には考える時間が与えられていますが、彼が決定する前に、領主としての責任を忘れないようにというアドバイスが与えられていました。

ヴィルフリートの結婚:ハンネローネとの関係

ダンケルフェルガーの嫁にローゼマインを得るために行われた宝取りディッターは、ヴィルフリートとハンネローネの関係に影響を与えました。

この賭けは成立せず、ハンネローネは、自らの意思でヴィルフリートの手を取り陣を出てしまいました。

ハンネローネはヴィルフリートにダンケルフェルガー式の求婚をしますが断られました。

ヴィルフリートはローゼマインとの婚約解消後、アウブ・エーレンフェストから「ギーベになるように」と命じられていました。

上位領地のハンネローネにギーべとなる彼は必要ないのです。

彼がギーべになれば、ハンネローネとの結婚は難しくなるでしょう。

エーレンフェストの次期アウブ候補は

エーレンフェストの次期アウブ候補は未定で、候補者たちの立場はヴィルフリートとローゼマインの婚約破棄によって変わる可能性がある。

ボニファティウスは中継ぎアウブとして教育されており、次期アウブを選ぶ時間はある。

シャルロッテ、メルヒオール、ブリュンヒルデ(第二夫人)にも可能性がありますが、派閥争いや魔力量などが関係しています。

「私としては次期アウブを決めるのは、私かボニファティウスが死んだ後で良いと思っている。ローゼマインをエーレンフェストに取り込んでおくため、ローゼマインをアウブにしようと画策するライゼガングを抑えるためには婚約と次期アウブの決定を急がねばならなかったが、次はゆっくりで構わぬ。ボニファティウスは中継ぎアウブとなれるように教育をされているから、それくらいの時間をかけて選べるであろう」

ヴィルフリートが嫌いという意見について

ヴィルフリートは、周囲の環境が悪く、甘やかされて育ち、側近にも恵まれなかったため、扱いにくい性格になった可能性があると指摘されています。

また、彼が次期領主に内定していたことが、彼をますます甘やかしてしまったと考えられています。

ローゼマインの計画で教育され、学力も向上していますが、彼が側近に恵まれず、プライドが高かったことが、彼がアウブになりたくないと思った原因の一つである可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ヴィルフリートはアウブの次期領主としてローゼマインと婚約しているが、自由を望んでいた。
  2. ヴィルフリートは兄妹以上の関係になることができず、婚約を解消したいと思っていた。
  3. ヴィルフリートは立ち入り禁止の塔に無断で入り、廃嫡の可能性もありましたが、ローゼマインの助力で救われている。
  4. ハンネローネはヴィルフリートとの結婚を望んだが、彼がギーベになるように命じられていたため、断られた。
  5. エーレンフェストの次期アウブ候補は未定です。

本好きの下剋上を安く読める方法を紹介しています。

  • 本好きの下剋上を最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • 漫画をまとめ買いするなら、DMMブックスです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

DMMブックス

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

\無料登録するなら/

DMMブックスに登録する

※ DMMブックスは、DMM.comが運営しています。このクーポンは初回購入時に自動で適用されます。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました