〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

本好きの下剋上ジルヴェスターのお守りは魔道具?契約魔術で養女になるかも

本好きの下剋上の登場人物であるジルヴェスターは、エーレンフェストの領主です。

マインに渡していた「お守りは魔道具」で領主の養女になるという用途が決まったものでした。契約魔術についても見ていきます。

スポンサーリンク

本好きの下剋上:ジルヴェスターのお守りは魔道具

ジルヴェスターのお守りについて見ていきましょう!

ジルベスターの正体:エーレンフェストの領主

ジルヴェスターは、エーレンフェストの領主であり、この街で最も権力を握る人物でした。

マインは、ジルヴェスターと初めて会った時、彼が非常に「変な人」であるという印象を持ちました。

しかし、神官長から聞いた話では、彼は性格が悪いかもしれないが、本質的には堕落しているわけではないとのことでした。

ある日、春の祈りの式典に同行した際、ジルヴェスターはマインに「ぷひっと鳴け」と言ったり、簪を取り上げたり、アクロバットを披露するなど、非常に奇妙な行動をとっていました。

マインはまた、孤児院や工房、そして孤児たちが遊びに行く森などを案内するように頼まれています。

ジルヴェスターは下町の森で狩りを楽むときには、護衛を連れずに出かけていました。

その際には、「神殿長に黙っていて欲しければ、私も森へ連れて行け」と脅迫していました。

しかし、貴族街の森は彼にとってつまらないようで、許可を得たり、規定を守ったりする必要があるため、気軽に行くことができない場所だったのです。

ジルヴェスターのお守りは魔道具:狩りのお礼

ジルヴェスターは、楽しかった狩りのお礼に、オニキスのように真っ黒な石がはまったネックレスをマインに渡しました。

この石は、魔術具の一種で、魔法が使えたり、神に祈って何か起こるものではないようですが、用途は決まっているようです。

ジルヴェスターは、「まずい状況に陥ったら、この宝石部分に血判を押せ。助けてやる」と言って、肌身離さず身につけているように伝えました。

その後、まずい状況というのは意外と早く訪れました。

マインは、宝石部分に血を押し当てると、石はほんの一瞬金色に光り、その後は黒い石の中に金色の炎が揺らめくだけで、特に何も起こる気配はありませんでした。

しかし、この石は、マインの居場所を知らせる発信機的な魔術具のようであり、ジルヴェスターとともにカルステッドが現れ、「待たせたな、マイン」と約束通り助けてくれたのです。

ジルヴェスターとマインの関係:魔力の利用価値

神殿長は、マインから二度も威圧されており、彼女を快く思っていませんでした。

マインは平民であり、貴族に反抗的な態度をとることが罪に問われるため、彼女の家族や周囲の人々にも影響が及ぶことになります。

しかし、マインは通常の見習いとは異なり、強力な魔力を持っていました。

彼女は領主をも上回るほどの魔力を有しており、成長するにつれてさらに増えることが予想されるため、彼女の利用価値は非常に高いとされていました。

また、青の衣を与えるためには領主の承認が必要でした。

見習いのマインは、平民であるにもかかわらず、青の衣を与えられ、騎士団と一緒に任務に送られており、彼女の利用価値は高かったのです。

ジルヴェスターの領土は、魔力不足であるため、マインを確保して国家の利益に役立てることを望んでいました。

マインは貴族院に通い、強力な魔力を制御し、役に立つ術を学ぶことが求められていました。

そのための期限は十歳でしたが、神殿長が行った非倫理的な行為が増えたため、彼を処分することが決定されました。

さらに、神殿長を庇った彼の母親ヴェロニカも隔離されることになりました。

スポンサーリンク

ジルヴェスター:契約魔術と養女マイン

ジルヴェスターと行った契約魔術について見ていきましょう!

ジルヴェスター:契約魔術とは

「契約魔術」とは、自分が圧倒的に不利な状況にある場合に、魔力や権力を持つ相手と交わす、高額な魔術具を使った契約のことです。

通常、この契約は羊皮紙で正式に取り交わされます。

契約魔術の効果があるのは、基本的に契約を交わした街だけです。

しかも、契約魔術に必要な魔術具は、認められた商人からしか入手できず、高価です。

そして、契約者以外にも影響を及ぼす契約魔術は、必ず領主様への報告が必要になります。

ジルヴェスターの養女:マインはローゼマインに改名

マインは、上級貴族の娘となり領主の養女として生まれ変わります。この新しい立場によって、彼女は家族と離ればなれにならざるを得ませんでした。

マインと彼女の家族は誓約書に署名し、その契約によって、マインは下町の家族と同じように接することができなくなりました。

ただし、仕事上で彼女の姉や母親と接することは許可されていました。

更に、マインは死亡したと見なされ、貴族としての行動を取るようになりました。

これは、彼女が領主の家族の一員としての新しい生活を始めるための必要条件でした。

そして、ローゼマインに改名するために必要な二枚の契約書に、血を浅く指に傷をつけて押し付け、契約が成立しました。契約書は金色の炎を上げ、燃えて消えました。

これにより、上級貴族の娘であるローゼマインとして、領主の養女となることができました。

また、カルステッドの娘として育てられたことになり、第三夫人の愛娘という設定になります。

カルステッドは、ローゼマリーとの娘が欲しい思っており、親の名前の一部を受け継ぐことで、ローゼマインという名前になることになりました。

マインの葬式:上級貴族の娘に生まれ変わる

マインは、貴族に殺されてしまい、遺体を奪われてしまうという悲しい設定となりました。

マインが残した遺品は、小さな木箱に彼女の服と簪が入っているだけでした。

彼女の死亡届を提出し、埋葬のためのメダルを入手しなければならない状況となりました。

神官長は、マインの名前と年齢を確認すると、彼女が洗礼式で登録したメダルを渡しました。

このメダルは、墓石代わりに使うことができる許可証でもありました。

しかし、マインの家族は墓石を用意する余裕がなく、彼女の墓碑にはただ「愛する娘」とだけ刻まれていました。

マインは、悲しい結末を迎えましたが、ローゼマインに生まれ変わり、上級貴族の娘として新しい人生を歩むことになりました。

まとめ

  1. マインが狙われた理由は強すぎる魔力でした。
  2. マインはいざという時のお守りを使い、領主の養女になりました。
  3. 家族は助かりましたが、契約魔術で新しい関係となります。
  4. 上級貴族となり、ローゼマインと改名されました。

本好きの下剋上を安く読める方法を紹介しています。

  • 本好きの下剋上を最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • 漫画をまとめ買いするなら、DMMブックスです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

DMMブックス

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

\無料登録するなら/

DMMブックスに登録する

※ DMMブックスは、DMM.comが運営しています。このクーポンは初回購入時に自動で適用されます。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました