本好きの下剋上トロンべはタウの実?星祭りや癒やしの儀式についても

本好きの下剋上

本好きの下剋上では、トロンベ討伐は騎士団に要請され、討伐後の癒やしの儀式は青色巫女見習いであるマインの仕事です。

星祭りは結婚式で、貴族街では星結びの儀と呼ばれています。下町では、赤くなったタウの実を投げあいます。

タウの実の正体はトロンベで、良質な紙の材料でニョッキニョッキと命名されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本好きの下剋上:トロンベと癒やしの儀式

トロンベは、巨大な大木になると暴れて被害がでるため、騎士団要請されます。討伐後に行われる、癒やしの儀についても見ていきましょう!

トロンベ討伐は騎士団が行う

トロンベは魔木で、魔力をエサに育ち根を伸ばし栄養を吸収ます。

巨木に育ったトロンベは化け物のような大木で、大暴れするごとにクレーターが少しずつ拡大します。

トロンベは成長する際に、周辺の栄養を根こそぎ奪い、不毛の地にします。

見つけ次第討伐しますが、人の手に負えなくなったものは、騎士団が討伐します。。

騎士団要請があると、騎獣で移動し討伐に迎います。

騎獣は術者の好みの動物に、魔石を変化させたもので、魔力が切れない限り動いてくれるのだそう。

神官長の騎獣は、ライオンに羽が付いたライオンもどきです。

癒やしの儀式は青色巫女見習いの仕事

癒やしの儀式は、青色巫女見習いとなったマインの仕事です。

巨大トロンベを倒した跡は広大なクレーターとなり、根こそぎ魔力が奪われた状態では草も生えません。

そのため、土地に魔力を満たし再生するための儀式が必要になります。

癒やしの儀式では、神具の杖を使い、祈りの文句を唱えます

魔力を流すと、クレーターと化していた土地に足首ほどの丈の草が生え揃います。

「癒しと変化をもたらす水の女神 フリュートレーネよ 側に仕える眷属たる十二の女神よ 我の祈りを聞き届け 聖なる力を与え給え 魔に属するものの手により 傷つけられし御身が妹 土の女神 ゲドゥルリーヒを 癒す力を我が手に」
「御身に捧ぐは聖なる調べ 至上の波紋を投げかけて 清らかなる御加護を賜わらん 我が望むところまで 御身が貴色で満たし給え」

タウの実は星祭りや紙の材料に使われる

タウの実は、下町の星祭りで投げ合われます。また、良質な紙の材料として使われている事についても見ていきましょう!

星祭りにはタウの実を投げ合う

下町で行われる星祭りは、年に一度行われる合同結婚式です。

貴族街では星結びの儀と呼ばれています。。

星祭りには、水風船のような半透明の赤くなった実を使います。

タウの実は、春は小さくて赤い実ですが、夏には水をたくさん含み拳ほどに膨らんでいます。

星祭りの時期になると子供の拳よりも大きくなり、ぶよぶよの皮にほぼ水しか入ってない実になります。

教会から出てきた新郎新婦にタウの実を投げつけます。新郎は、新婦を守りながら、新居に入り込みます。

男の甲斐性ってやつを試されるのだそうです。

一番張り切ってタウの実を集めてぶつけるのは、今年結婚できなかった成人なのだとか。。

イベントは夜、子供を排除した後に行われます。盛大に祝われた後は、未婚の成人が恋人探しをするお祭りになります。

元々は闇の加護を得られやすい夜に行われていた儀式で、貴族街では夜行われているようです。

街の人数が増えすぎて、貴族と平民の儀式を分けることになった時、平民の儀式は午前中に行われるようになりました。

「結婚式に関係ないヤツらは2の鐘の開門と一緒に森に行ってタウの実を拾うんだ。3の鐘が鳴ったら、結婚式が始まって、4の鐘で式を終えた新郎新婦が出てくる。それまでに中央広場を中心に色んな路地に潜んで、タウの実を持って構えるんだ」

二キョッキニョッキは紙の材料

タウの実に魔力を吸収させ、土の上に投げつけるとにょきにょき生えてくることから、ニョッキニョッキと命名されました。

マインが命名したニョッキニョッキの正体は、トロンベの種の詰まった実です。

若い木で作った紙は、良質で耐火性を持ちます。

トロンベで作った紙は高ですので、こっそり栽培して収穫しています。

魔力を吸収することでザクロのように硬そうな種が次々に出現しますが、石畳などの上では根付かず急激に枯れます

魔力を吸収する性質のため、身食いを抑える魔術具の代用品になるのですが、貴族社会に打撃を与えるため秘匿しています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. トロンベの正体は、タウの実です。
  2. 巨大になったトロンベは騎士団が討伐します。
  3. 癒やしの儀式では、魔力を土地に満たし再生を促します。
  4. 星祭りは、星結びの儀と呼ばれる結婚式です。
  5. 下町では、赤くなったタウの実を投げ合います。
  6. トロンベは良質な紙の材料となりますのでこっそり育てています。
  7. ニョッキニョッキはマインが命名したトロンベです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本好きの下剋上】好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました