本好きの下剋上フェルマイはいつ婚約した?プロポースの言葉やその後についても

本好きの下剋上

本好きの下剋上は完結しています。マインは、アレキサンドリアのアラブとなり、フェルディナンドと婚約します。

図書館都市の建設を夢に見ていたマインは、アーレンスバッハの礎を得て領主となりました。二人は、いつ婚約したのかやプロポーズの言葉は?その後についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本好きの下剋上:フェルマイ婚約したのはいつ?

マインとフェルディナンドの婚約は、どの時点で行われたのかをみていきます。

アーレンスバッハの礎を得た時点で婚約していた

アーレンスバッハの礎を得た時点で、フェルディナンドを婿にするようにとトラオクヴァールから王命が下されていたらしい。

マインは礎を手に入れアラブとなりましたが、年は若く執務になれていないうえ、独身であることからの配慮だったようです。

「エーレンフェストで君が政略結婚の相手として私を理想的だと言ったから、側近達がそのように動き始めたのだ。君の迂闊な言動が全ての原因ではある」といっていますが、フェルディナンドの計画によるものです。

王命を下したトラオクヴァールは、すでにツェントの地位から落とされているため、フェルディナンドの計画の邪魔はできません。

フェルディナンドは、新ツェントも脅し、本物の家族という立場を他の男に渡したくなかったといっています。

アーレンスバッハの礎を奪った時点で、マインをアラブとした2人の遊び場計画がなされているので、合意しているとしか思えません。

お互い、懸想してます(笑)

婚約式が行われたのは領主会議の前

ローゼマインとフェルディナンドの婚約は、エグランティーヌの王命によりが決まりまた。

マインの魔力が枯渇した後、フェルディナンドの魔力で染められ、畏怖を感じる神々の御力は完全に消えた後のことです。

通常は、領主会議の時に婚約が承認され成立します

領主会議の前に婚約式をし、フェルディナンドが正式な婚約者になっていなければ、未成年のローゼマインが、1人で領主会議に出席することになるからです。

領主会議の前に婚約したのは、フェルディナンドが領主会議に同行できるようにするためです。

下町での婚約は婚約式の後

婚約式を終え、領主会議の日も決まり、隠し部屋に転移陣が設置され、平民街への道、マインの家族に繋がる扉が作られました。

フェルディナンドは、図書館の部屋に隠し部屋を作り、メスティオノーラの書でなければ使えない転移陣を用意しています。

マインは契約魔術で家族と離れましたが、エーレンフレスト限定で、アレキサンドリアの領主となったマインには適用されないそうです。

下町で平民が婚約を交わす際には、酒の瓶を置かれたら注ぎます。

トクトクと音を立てて注がれる酒は約束の印です。

1つの杯にギュンターが酒を注ぎ、その杯にフェルディナンドも酒を注ぎます。

ギュンターが杯を手に取りグッと大きく一口飲んで、杯をフェルディナンド様に差し出します。

「マインを頼む」「約束する」と、言葉が交わされ、フェルディナンドが受け取った杯を飲み干すと婚約が成立しました。

トゥーリとルッツが婚約し、結婚が決まっていました。

マインとフェルディナンドの星結びの儀式は、成人後に行われる予定です。

フェルマイのプロポーズの言葉は?その後について

ローゼマインは、アレキサンドリアのアラブとなりましたので、プロポーズはマインからになるのでしょうか…
婚約式では、お互いの魔石を交換するようです。

マインが婚約の魔石に刻んだ言葉は?

マインが婚約の魔石に刻んだ言葉は「貴方のマントに刺繍をさせてください」でした。

魔石は、レーギッシュの鱗からとったもので全属性のものです。女神の化身に相応しい大きさのものを使いました。

マインの魔石恐怖症が消えていなければ、フェルディナンド自身が作っても良いと考えていたようです。

恐怖症が消えてなくても、元々が鱗だとわかっていれば、多少は恐怖も和らぐのではないかという配慮です。

マントに刺繍できるのは家族だけです。

フェルディナンドは神殿へ入る時に父親からもらったマントをヴェローニカに取り上げられたり、新しくジルヴェスターからもらったマントを「アーレンスバッハで正式にもらうまでは」と喜んでいたりするので、ちゃんとしたマントを準備してあげたいと思ったのだそうです。

フェルディナンドは「図案は私が決める」と口をへの字にしていますが、喜んでくれたようです。

マインは、フェルディナンドがアーレンスバッハへ向かう前、お守りを渡しています。

マインは、「もらうことない」と喜びを噛みしめていたフェルディナンドの姿を覚えており、出来る限りのことをしたいを思っていました。。

クラリッサから「ローゼマイン様がフェルディナンド様にしてあげたいことでも良いのではありませんか?」と言われ決めた言葉です。

フェルディナンドの魔石に刻まれたのは?

フェルディナンドの魔石には、「アレキサンドリアの領地ごと君を守る」と刻まれています。

フェルディナンドは「この魔石を私の光の女神に捧げます」と言って差し出し、マインが魔石を手に取ると、全属性の魔石の中に金色の光る文字がありました。

マインの父、ギュンターが街ごと家族を守るために兵士になったと言うのを聞いていての言葉なのだと思われます。

ギュンターは「俺の家族はこの街ごと、俺が守る」と言っていましたから。。

マインはギュンターに、フェルディナンド様は「父さんみたいに、領地ごとわたしを守ってくれる人」と紹介しています。

その後について

本編は婚約式まで終了していますが、二次小説でその後が描かれています。

ローゼマインは成人を迎え、領主会議で星を結んでいます

婚約式の日に約束していた、マントの刺繍もフェルディナンドの図案通りに仕上げ「大変結構」をもらい喜んでいます。

アレキサンドリアの領民に結婚を報告し、下町の家族のもとで結婚の祝いも行われました。トゥーリとルッツは結婚し、お腹の中には赤ちゃんがいます。

平民の結婚いの祝いでは、新郎が一番に酒を飲んで、次に新婦が飲みます。新郎新婦は誓いを口にしてから飲むようです。

誓いの言葉は「前も誓ったが、これからどんなことがあっても絶対にマインを守ると誓う」「わたしはディーノを絶対に幸せにすると誓います」でした。

下町でのお忍びの際は、フェルディナンドをディーノと呼んでいます。

2人の夢だった、アレキサンドリアでの遊び場計画も順調に進められています。

そして、マインとフェルディナンドの間には、元気な男の子と女の子が生まれました。

通常の出産ではなく、あちらの世界のテイオウセッカイで…

その後に与えられるのが液体魔力というのが気になるのですが、無事に生まれて何よりです。

「フェルディナンド様、元気な和子様と姫様ですよ。アウブはまだお休みですから、御父様から液体魔力を差し上げて下さい」

スポンサーリンク

まとめ

  1. フェルナンドとマインが婚約したのは、アーレンスバッハの礎を手に入れた時です。
  2. 婚約式が行われたのは、領主会議前です。下町では、婚約式後に行われています。
  3. マインの魔石には、「貴方のマントに刺繍をさせてください」と刻まれました。
  4. フェルディナンドの魔石には、「アレキサンドリアの領地ごと君を守る」と刻まれています。
  5. その後の世界でのフェルマイは星を結び、元気な男の子と女の子が生まれています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本好きの下剋上】好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました