本好きの下剋上ユレーヴェの素材集めと作り方を解説!魔力感知についても

本好きの下剋上

本好きの下剋上のローゼマインは、魔力の塊を溶かすためにユレーヴェにに2回浸かっています。

ユレーヴェの薬づくりには、春夏秋冬の素材を集めなければなりません。春はライレーネの蜜、夏はリーズファルケの卵、秋はリュエルの実、冬はシュネティルムです。

品質向上のための魔力感知やユレーヴェ作りと効果についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本好きの下剋上:ユレーヴェの素材集めについて

ユレーヴェの薬作りに必要な素材は、春夏秋冬にそれぞれ集めなければならないため、どんなに早くても一年はかかる。

高品質のものを作るため、魔石を採取しその場で染めるなど、別の魔力で染まる可能性はなるべく排除し採集しています。

春の素材:ライレーネの蜜

フォンテドルフ村の付近にある女神の水浴場で採取します。

ライレーネは女神の愛した花と言われており、夜の間は花が閉じ蜜を蓄えます。

夜明けと共に薄いピンクの睡蓮のような花が咲きます。

フリュートレーネの夜に、タルクロッシュを討伐し、夜明けに蜜を採ります。

ライレーネの蜜を変化させた魔石を採取し、魔力染めると緑の魔石になりました。

タルクロッシュは、ガマガエルに良く似た生き物で、見た目は気持ち悪い。

攻撃しても分裂するだけらしいので、最小の状態で倒さなければなりません。

夏の素材:リーズファルケの卵

ローエンベルクの山で採取します。

リーズファルケは、火の神 ライデンシャフトの怒りを鎮める鳥で、魔物の一種です。

ローエンベルクは火山のようです「リーズファルケの卵はローエンベルクの魔力を蓄えて孵るので、卵がなくなると卵が吸収するはずだった魔力が余ることになる」卵を採取しすぎると、怒りが爆発するようです。

アイデロートは親鳥で、オオサンショウウオとエリマキトカゲを足して二で割ったような魔物です。

卵をめがけてやってきた小猿のようなのは、バートアッフェで群れで行動する魔物です。魔物は、殺さないようにします。

リーズファルケの卵は、魔力を注ぐと青い魔石になりました。

秋の素材:リュエルの実

ドールヴァンという村の外れの森で採取します。

紫の月が光るシュツェーリアの夜は、最も魔力を溜めると言われています。

風の女神が最も力を放つと言われている秋の終わりの満月の夜で、花が咲いた後の実を収穫します。

花弁が剥がれ落ちた枝には、マインの小指くらいの大きさの紫水晶が枝から生えます。

以前に採った時は、少し淡い黄色のような実だったよう。月の色に、実の色も左右されるのかも知れないと話しています。

一度目は、ザンツェに奪われ、ゴルツェになり、討伐しましたが失敗しています。

二度目のシュツェーリアの夜、透き通った紫色のリュエルの実が、淡い黄色へと変わり始めるのも早く採取しています。その後に染めていますので色は変化しているかも知れませんん。

冬の素材:シュネティルム

エーレンフェスト領 で山のような巨体を持つ雪の虎を討伐します。

ホワイトタイガーのように白に黒の縞が入っている巨大な体に、口から長く突き出た大きな牙と鋭い爪を持っており、その目はぎょろりと大きく、赤く鋭く光っています。

身に纏った猛吹雪から、白い豹・ウサギ・狼などの眷属が生まれます。

眷属とは「シュネティルムの魔力によって作られた配下のことです」

シュネティルムが暴れると同時に吹雪が起こる。唸り声を上げて、吠えると吹雪が巻き起こり眷属が生まれていくのでキリがない。

吹雪を起こす力を、自分の傷を癒すために使い、千切られた四肢を再生することもでき、冬の主としてはかなり上位の部類に入る。

討伐後の魔石は白いが、回収した時はほとんど淡い黄色になっていました。その後、魔力で染めていますが、何色になったかは分かりません。

マインのユレーヴェ作り:魔力感知で品質を向上させる

マインの魔力の固まりを溶かすには、できるだけ高品質な素材が必要らしい。

魔力感知で素材の品質を上げる

マインの魔力の固まりを溶かすには、できるだけ高品質な素材が必要なので、魔力感知で雑多な魔力を抜きます。

魔力感知は、二つ並べておかれた素材に触れ、その素材が持つ本来の魔力を感知し、余計な魔力を抜いていくのが課題になります。

自分の魔力を細い糸のように少しずつ入れながら、雑多な魔力を魔石に向かって追い出していくイメージです。

素材を自己採取出来ない場合は、素材から雑多な魔力を抜くと、品質が落ちるのを防げます。その後、魔石を自分の魔力で完全に染めれば、品質が上がります。

貴族院の講義で作るユレーヴェは質が悪い。

騎士見習い達が貴族院やそれぞれの領地で採ってきた素材を自分の魔力で染めて使うのですが、自分で採集していないため、品質が落ちます。

魔力感知し雑多な魔力を追い出し、魔力で染め上げなければならないとなれば難しいです。また、下級貴族にそれだけの品質も必要ありません。

ユレーヴェの作りについて

人が入れそうな大きな鍋に、手には船をこぐ櫂のようなへらを使い混ぜながら作ります。二度目は、シュタープを使っていますので、その分楽に出来ました。

雑多な魔力を除去し、素材を自分の魔力で完全に染めた魔石を使用します。自分で採取し染めた高品質のものであれば、この作業は必要ない。

季節の素材は、春夏秋冬の順番に溶かし、その他の材料は、混ざりやすいように小さく切られたものを入れていきます。

フランメルツの実、クヴェルヴァイデの葉、ヴィンファルの毛皮、グランツリングの粉の四つ。2回目はグランツリングの粉を追加しています。

最後に、仕上げの薬を1滴入れれば完成します。ポトンと落とすと表面が眩しく光り、薄い青の薬が完成です。

調合鍋に蓋をして、その蓋の上から魔法陣のついた布をバサリと被せておくと、品質が落ちたり傷んだりするのを防いでくれるらしい。

ローゼマインがいちばん大変だったのは調合で、素材を魔力で練り合わせるまで混ぜ続ける体力が圧倒的に足りません。

身体強化の魔術具に魔力を注ぎながら、調合の調整をしています。

ユレーヴェの効果

通常は、常備薬として腰に下げています。

ローゼマインは、魔力の塊を溶かすため、杯に半分ほど飲み2度浸かっています。

ユレーヴェに浸かる際は、昏睡状態に陥ることがあるため、寝る場所が必要になりますので、白い石でできた四角い箱を用意しています。

1回目は、2年間目覚めませんでした。

毒を受けていた影響があり、魔力の塊も完全には溶けませんでした

寝ていた期間が長かったため体への負担も大きく、身体強化の魔術具を使わなければ動けず、立ったり座ったりするのも不便な状態でした。

2回目は、4日で目覚めています。

魔力の塊を溶かす目的で使用しました。

魔力の塊が溶けたことで突然卒倒するような事態は減るようです。

神官長にもらった魔力を吸い取るためのネックレスは必要です。

元々圧縮しすぎていて魔力が多すぎるので、詰まって意識を失うことがなくても、興奮のし過ぎが体に良くないことは同じです。

体を鍛えなければならないことも同じで、全く体を動かすことが出来なかった前回に比べれれば良くなりました

スポンサーリンク

まとめ

  1. ユレーヴェ作りには、春夏秋冬にそれぞれの素材を集めなければならない。
  2. 春はライレーネの蜜、夏はリーズファルケの卵、秋はリュエルの実、冬はシュネティルムです。
  3. 魔力感知で雑多な魔力を除けば品質は向上するが、下級貴族は魔力も足りないので品質は必要ない。
  4. ローゼマインが一番大変だったのは調合で、圧倒的に体力が足りなかった。
  5. ユレーヴェに2回浸かり、魔力の塊は溶けたのでずいぶん良くなりましたが、注意事項は同じのようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【本好きの下剋上】好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました