そうだ売国しよう・ゲラルトの死因は事故?アントガダル王が帝国に臣従した思惑も

天才王子の赤字国家再生術

天才王子の赤字国家再生術~そうだ売国しよう~の登場人物である、ゲラルト・アントガダルは死亡します。

ゲラルトの死因は事故だったのかや、アントガダル王が帝国に臣従した思惑、グリナッへについて、オウルの目的・正体も見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そうだ売国しよう:ゲラルトの死因は事故

ゲラルトの死因について見ていきましょう!

ゲラルト・アントガダル

ゲラルト・アントガダルは、グリナッへの息子であり、年齢は二十代後半くらい、ふくよかな体型をしています。

ゲラルトは、放蕩息子として知られており、政治はもとより武芸や教養にもまるで興味を示しません。

また、日がな色ごとにうつつを抜かしてばかりで、事件を起こしては侯爵家の立場を利用して強引に解決するなどしており、父のグリナッへも真剣に悩むほどです。評判は良くありません

ゲラルトは、皇女ロウェルミナに恋をしており、夜会での出会って以降、プレゼントや手紙を贈るようになります。

アントガダル侯爵に向けて送った手紙を、偶然?領地に戻っていたゲラルトが読んでしまいます。

ナトラへ迎ったのも、皇女への想いが届き、出会いを望んでいると勝手に解釈し暴走したからでした。

 

ゲラルトの死因は事故だった?

ゲラルトは、ナトラでの公式行事の最中、ロウェルミナの元へに押しかけます。

そこで開かれた宴で、剣技を披露するのですが、ウェインに負けてしまいます。すると、キレたゲラルトは不意打ちをしようとして、勢いあまり窓を割り外へ、首の骨折による即死でした。

ゲラルトの死はただの事故でしたが、死者は何も語りません。必要な犠牲として、利用させてもらうことにしました。

帝国への反乱計画を企てた父グリナッへの罪を被り、謀殺されたことにされています。

 

そうだ売国しよう:アントガダル王が帝国に臣従した思惑

アントガダル王の思惑を見ていきましょう!

アントガダル王が帝国に臣従した思惑

アントガダル王国は、ナトラの東側にある帝国領のガイラン州にあった国です。

当時の帝国は大きく躍進していましたが、対帝国連合の出現で、帝国を撃つべしという吹聴が広まり、窮地に追い込まれていまいます。

そこに突如、連合に加わっていたアントガダル王が帝国に臣従を表明し、事態は急変します。

アントガダル王は、連合を裏切り、王位を捨て汚名を刻むのですが、帝国からは爵位の地位を与えられ迎えられます。

老齢であった王(父)は、グリナッへ(我が子)の器が王を務めるに足りないことを見抜いていました。

アントガダルが臣従を決断したのは、我が子グリナッへを守るためでした。

 

グリナッへ・アントガダル

グリナッへ・アントガダルは、アントガダル王の子供です。

グリナッへは、王に返り咲くことを夢に見ています。親の気持ちには気づかず、王位を捨てた父は愚かであったと…。

しかし、王国時代の領土の半分になったにもかかわらず、管理出来ず領地は荒れているのが現状です。

オウルに誘導され蜂起計画、アントガダル王国を復活させられるのではと飛びつきます。

ゲラルトの死後、ウェインと対面し、父のアントガダル王に圧倒された時のことがよみがえります。父のように、父よりも偉大になりたかったが、なれないと…。

行動しようとするものの、無能であることに気づきます

 

オウルの目的・正体

オウルの目的は、帝国を滅ぼすことでした。

家臣の紹介で顔を合わせた当初は、商人であると語っています。

しかし、何度か面会を重ねるうちに、亡国の輩と明かし、元連合国による帝国への一斉蜂起の計画が進んでいると口にします。

オウルは、隊長と呼ばれており、市民を装った数人の男たちを統率しています。

ウェインとの戦闘で、片腕を切り落とされ、襲撃者たちとともに離脱し、計画は失敗しました。

オウルの正体は、カルドメリアの刺客のようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

  1. ゲラルトは、グリナッへの息子です。
  2. ゲラルトの死因は、事故でしたが忙殺されたことになります。
  3. アントガダル王は、我が子を生かすため帝国に臣従しました。
  4. グリナッへは、王に返り咲くことを夢見ますが無能だと気づきます。
  5. オウルの目的は、帝国を滅ぼすことです。
  6. オウルの正体は、カルドメリアの刺客のようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【天才王子の赤字国家再生術】好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました