シャドーハウス・ケイトの名前の由来は?過去の秘密や顔についても

シャドーハウス

シャドーハウスの登場人物である、ケイト・ミラーの紹介をしています。

ケイトの名前の由来について。

ケイトの過去の秘密・顔のある人間だったこと。ケイトの目的は、ミラーハウスを取り戻すことについても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャドーハウス:ケイトの名前の由来

ケイトの名前の由来について見ていきましょう!

ケイト・ミラーの基本情報

プロフィール

名前ケイト・ミラー
立場ケイト・シャドー、顔はエミリコ
年齢13歳
性別女性
家族母:キャサリン、祖母:エミリー
性格真面目、責任感が強い
特徴エミリコに擬態したモーフを演じている
能力すすつらら・すす量多め
すす上にまっすぐ出る
同期ルイーズ、シャーリー、ジョン、パトリック
声優鬼頭明里(きとうあかり)

ケイト・シャドー顔はエミリコです。

生き人形は、シャドー家の人たち、シャドーのことを、お陰様と呼んでいます。

ケイトは、責任感が強く固いイメージがありますが、心やさしい少女です。

エミリコの笑顔が大好きで、食べているところを見るのがうれしいようです。

感情表現が苦手ですが、エミリコのことを大切に思っています。

ケイトの名前の由来

ケイトの名前は、キャサリンの愛称に由来しており、祖母エミリーが付けました。

ケイトの母、キャサリンは、ミラーハウスに住む貴族でした。

キャサリンが懐妊し、お祝いに送られたのが「モーフ」です。

原因不明の病が流行り、いつの間にか増えたモーフが襲いかかるという事件が起きます。

侍女のエミリーは、キャサリンを連れてミラーハウスを出るのですが、逃げる途中でキャサリンは動かなくなってしまいます。

モーフのような姿になったキャサリンは眠り続け、50年後に生まれたのがケイトです。ケイトの母は子供を産んですぐに亡くなりました。

エミリーは、キャサリンから託された忘れ形見にケイトと名付け、として大切に育てたのです。

シャドーハウス:ケイトの過去の秘密・顔

ケイトの過去を見ていきましょう!

ケイトの過去の秘密:顔のある人間だった

ケイトには、12歳までは顔があり、普通の人間として生活していました。

12歳を過ぎたころ体に異変が起き、ひと月もしないうちに今の姿になりました。

村で過ごせなくなり、その時はじめて過去の秘密を知らされたのです。

ケイトは、身ごもった母親から50年もの歳月を経て生まれた、異常な存在でした。

13歳を迎えたケイトは、自分が何者かを知るため、祖母には何も告げず家を出ました。

祖母から聞いていたミラーハウスの近くの村、ミラーサイドへ向かいます。

ミラーハウスはシャドーハウスになっており、森にはモーフが閉じ込められています。

何者かがモーフを利用して起こした事件かも知れないと思い、潜入することを決意しました。

ケイトが、黒い布を探している時に出会ったのがエミリコです。

ケイトの目的

ケイトの目的は、家族が幸せに暮らしていた頃のミラーハウスを取り戻すことです。

そして、生き人形として連れてこられた、エミリコたちを助けたいと思っています。

大切な仲間とともに、自分が何者であるかの答えを探るのが目的です。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ケイトの名前は、キャサリンの愛称に由来し付けられました。
  2. ケイトは12歳まで普通の人間として育ちました。
  3. 12歳を過ぎた頃に異変が起き、モーフの姿になりました。
  4. ケイトの目的は、ミラーハウスを取り戻すことです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シャドーハウス好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました