陰の実力者になりたくて・ローズの正体や過去は?シドを好きになるその後は?

陰の実力者になりたくて

この記事では、陰の実力者になりたくての登場人物であるローズ・オリアナについて紹介ています。

ローズはオリアナ王国の王女であり、剣の道へ進んだのは大切な思い出があったからです。シドとの出会いはブシン祭であり、好きになるのかその後についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:ローズの正体・過去は

ローズ・オリアナについて見ていきましょう!

ローズの正体:オリアナ王国の王女

ローズ・オリアナ基本プロフィール

名前ローズ・オリアナ
立場オリアナ王女、留学生
特徴蜂蜜色の優雅な巻髪。顔立ちは柔らかく、スタイルも良い
学校王都ミドガル魔剣士学園、2年生、生徒会長
性別女性
年齢16歳くらい
特技剣術
両親父:ラファエロ・オリアナ国王、母:レイナ王妃
婚約者ドエム・ケツハット
備考シャドウガーデン666番

ローズは、芸術の国オリアナ王国からの留学生です。

ラファエロ・オリアナ国王の娘であり、王女です。

王都ミドガル魔剣士学園の二年生で、生徒会長をしています。

学園最強の魔剣士で剣術に優れています。

一昨年までは、アイリス・ミドガルが最強でしたが卒業しました。

ローズの過去:剣の道へ進んだ理由

ローズは幼い頃にさらわれ、スタイリッシュ盗賊スレイヤーさんに助けられています。

彼の美しい剣に導かれ、剣の道を志したのです。

ローズはこの大切な思い出から、スタイリッシュ盗賊スレイヤーさんにに追いつこうと励んできました。

オリアナの王族は生涯において各々が一芸を極めるとされています。

それは絵画や音楽、演劇などから熱中できるものを一つ選びその道へ進むのですが、ローズがその中から選んだのは剣でした。

オリアナ王国では剣は野蛮と蔑まれていますが、静止を振り切り魔剣士学園へ留学を決めました。

スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:ローズはシドが好き

ローズとシドの出会いや好きになるのか見ていきましょう!

ローズとシドの出会いはブシン祭

二人の出会いは、学園最強の魔剣士を選抜するブシン祭です。

国内外から魔剣士が多く集う剣術大会で、2年に一度、国を挙げて行われています。

ローズとシドはその学園枠を決める大会で対戦することになります。

この大会はシドにとってモブ式奥義を披露する絶好の機会となりました。ローズはシドの異常なまでの奮闘と、熱い眼差しに圧倒されています。

ローズは試合で勝ちましたが、心の勝負では負けたのです。

ローズがシドを好きになったのは?

ローズがシドを好きになったのは、テロリストの襲撃事件のときです。

シドは命がけでローズを庇い、やりきった笑顔を見せています。

王女より先に死ぬのはモブの役割であると、心臓を止めるという奥義を披露し演じきりました。

ローズは幼い頃からモテましたが、命がけで愛されたのは初めてだったのです。

この後シドは、奇跡的に一命を取り留めたという設定で復活するのですが、ローズは彼に心を捧げようと決意しています。

スポンサーリンク

ローズとシドのその後について

ローズとシドの恋の進展は今のところないようです。

父にシドとの間を認めてもらおうとしますがそれも叶わず…

婚約者のドエムを刺し逃亡しますが悪魔憑きを発症しシャドウに救われています。

ドエムの支配から解放するため王を殺したあとは、オリアナ王国を救うためシャドウガーデンのメンバーになります。

ローズは今のところ、シャドウ正体を知りません。

この後はオリアナ王国を救う流れになると思われますが、正体を知るときが来るのか?展開が気になるところです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ローズの正体はオリアナ王国の王女です。
  2. 剣の道へ進んだのは、幼い時の大切な思い出があったからです。
  3. シドと出会ったのはブシン祭の大会でした。
  4. 好きになったのは学園のテロ事件のときです。
  5. その後の恋の展開があるのかは現時点ではわかっていません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました