陰の実力者になりたくて・クレアの正体は適合者?悪魔憑きはシドが治療?

陰の実力者になりたくて

クレア・カゲノーはシドの姉、悪魔憑きが発現しますが治療されています。適合者とは英雄の子孫のこと、かつて魔神ディアボロスによりかけられた呪いです。

この記事では、陰の実力者になりたくて!の登場人物であるクレアの紹介をしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:クレアの正体は適合者

クレアについて見ていきましょう!

クレア・カゲノーはシドの姉

クレア・カゲノーの基本プロフィール

名前クレア・カゲノー
立場カゲノー男爵家の長女
年齢シドの2つ上
性別女性
家族父・母・弟
学校王都ミドガル魔剣士学園
備考14歳:悪魔憑きを発症しシドに治療される。
15歳:オルバに攫われる。王都ミドガル魔剣士学園入学。
17歳:騎士団に体験入団。

クレアの家は、魔剣士(魔力で身体を強化して戦う騎士)を代々輩出する家系です。

カゲノー男爵家期待のホープ、シドの2つ上の姉です。

弟のことを生意気だといじめていますが、実は誰よりも大切に思っています。

クレアの正体:適合者は英雄の子孫だった

ディアボロス教団が適合者と呼んでいるのは、悪魔憑き(あくまつき)のことです。

クレアは15歳になり、王都に出立する日に誘拐されています。

英雄の子孫である疑いをかけられたのです。

悪魔憑きは、魔力が高く英雄の血を色濃く受け継いでいる子孫である証であり、人類にとっては貴重な戦力ですが、教団にとっては邪魔な存在なのです。

教会は、治療法があることを隠して処分し、魔神ディアボロスを復活させようとしていました。

スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:悪魔憑きはシドが治療

クレアの悪魔憑きについて見ていきましょう!

クレアの悪魔憑きはシドが治療

クレアの悪魔憑きは、シドにより治療されていました。

彼女はもともと高い魔力量を持っており、弟の剣から魔力は使い方だと学んでいます。

クレアの体に不調が現れたのは、14歳の頃です。

悪魔憑きの症状は、「魔力が扱い辛い、制御が不安定、魔力を扱うと痛みが走る、身体が黒ずみ腐りはじめる」といったものです。

弟が行ったストレッチの練習により症状は改善し治っていたのです。

シドが行ったのは、魔力暴走を極限まで抑えるといった治療です。ストレッチは気持ちよかったようで、しばらく続けられました。

悪魔憑きは魔神ディアボロスの呪い

はるか昔、魔人ディアボロスにより世界は崩壊の危機にさらされていました。

世界を救うためた戦った勇者は、人間・エルフ・獣人の3人です。

ディアボロスは倒され世界は守られましたが、死の間際に呪いがかけられたのです。

それが「ディアボロスの呪い」と呼ばれる悪魔憑きです。

魔人ディアボロスと戦った英雄は全員女性でしたので、呪いは女性にのみ発現します。

ディアボロスの呪いが発現する割合はエルフがもっとも多く、次いで獣人、最後に人間です。

これは種族ごとの寿命と関係しており、寿命の短い人間は英雄の血が薄まっており、呪いは発現しにくいのだそうです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. クレアは英雄の子孫であり、適合者でした。
  2. クレアの悪魔憑きは、シドより治療されています。
  3. 魔神ディアボロスの呪いは悪魔憑きです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました