〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

陰の実力者になりたくて・ユキメの正体と過去は?強さや月丹の最後についても

妖狐ユキメは白の塔の支配者です。美しい白銀の髪の狐人で、9本の尻尾を持っていました。

無法都市内では色町を運営し、雪狐商会ではパクリ製品を取り扱い、高い業績を収めていました。

かつて月丹は、ユキメの初恋の相手であり、結婚を誓いました。しかし、月丹は彼女の母を残酷に奪い、村を破壊した張本人でもありました。

ユキメの強さや月丹の最後についても見ていきます。

スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:ユキメの正体と過去

ユキメの基本情報

名前 ユキメ
立場 白の塔支配者。無法都市内で色町を運営。
表向き 雪狐商会:パクリ製品を扱う。
種族 妖狐族(ようこぞく)
年齢 ??
性別 女性
特徴 白銀の髪。水色の瞳。着物姿。
アジト 楽水亭
武器 鉄扇
声優 伊藤静(いとうしずか)

ユキメの正体:白の塔の支配者

『妖狐』ユキメは、無法都市において白の塔支配者として君臨しています。

ユキメは、美しい白銀の髪の狐人であり、尻尾はなんと9本にも及びます。

彼女の武器は両手に握る鉄扇で、その扇舞は舞い踊るように敵を切り裂きます。

ユキメは無法都市内で色町を運営しており、雪狐商会という企業で外向けのパクリ製品を中心に取り扱い、高い業績を収めていました。

楽水亭として知られる建物は、彼女のアジトとされ、その設計は有名な建築家によるものです。

ユキメの背には古傷があり、彼女は大商会連合に所属する『剣鬼』月丹の命を狙っていました。

ユキメの過去:月丹は初恋の人

ユキメにとって、月丹は初恋の人でした。二人の出会いは、ユキメが14歳であり、月丹が17歳の時でした。

ユキメは妖狐族の娘として生まれました。尾が1本しかない幼少期、彼女は母と二人で小さな妖狐族の村で暮らしていました。母は3本の尾を持ち、狩猟で生計を立てていました。

ある日、母が狩りに行った際、ユキメは敵対部族に襲われました。そんな危機に、大狼族の支援として現れた月丹によって、ユキメは助けられたのです。

当時、獣人の国は荒廃しており、大狼族と妖狐族の結束を強めるために、尾が3本のユキメが大狼族の族長の息子である月丹と結婚することが決まりました。

月丹は漆黒の耳と尾を持つ青年で、大狼族最強の戦士と呼ばれており、ユキメにとっても良い縁談でした。

二人は婚約し、ユキメが15歳になり成人したら結婚する予定でした。

しかし、幸福な時間は長くは続かず、大狼族と妖狐族は大規模な部族間の争いに巻き込まれ、一夜にして滅びてしまったのです。

ユキメ:月丹への復讐を決意

月丹はディアボロス教団に誘惑されており、力を手に入れれば戦乱を克服できると信じていました。

彼は、ユキメの母に赤い錠剤を飲むよう促し、拒否されたため殺していました。

さらに、月丹はユキメにも錠剤を飲ませようとしましたが、ユキメは拒絶しました。

その際、月丹はユキメの背中を切りつけ、彼女は意識を失いました。目を覚ますと、ユキメの傷は癒えており、月丹は姿を消していたのです。

ユキメを救ったシャドウは、この時、月丹の両目を奪っていました。

当時14歳だったユキメは、生き延びるために戦場で娼婦として働きました。そして、彼女は17歳で高級娼館に身を売り、その道の頂点にまで上り詰めたのです。

ユキメは月丹への復讐を果たすことを心に決め、生きていました。

スポンサーリンク

陰の実力者になりたくて:ユキメの強さと月丹の最後

ユキメの伝説的な妖狐族の力は、月丹との戦いの中で明らかになります。

月丹は最後、シャドウに倒されていますが、ユキメへの手紙を残していました。

ユキメの強さ:伝説の妖狐族の能力

ユキメは、伝説とされる妖狐族の力を備えていました。

その力が初めて明かされたのは月丹との戦いの中で、ユキメの姿が一変しました。

彼女の白銀の尾はより太く変化し、水のように澄んだ瞳は真っ赤に染まりました。

大狼族の最強戦士と謳われた月丹は、既に両目を失っていましたが、ユキメの身に纏う魔力に深い興味を抱いていました。

ユキメは鉄扇を月丹の首筋に突きつけ、命を奪おうとしました。

しかし、赤い錠剤を服用した月丹は、ユキメを切り裂くという行動に出たのです。

ユキメ:シャドウに救われるのは2度目だった

ユキメは、再びシャドウに命の危険から救われました。

赤い錠剤を飲んだ月丹は、力と速さを手に入れ、潰れた瞳は開かれ、血の涙が瞳球から滴り落ちました。

しかし、シャドウの前では月丹は無力でした。最終的に、月丹はユキメをシャドウに託す決断をしたのです。

月丹が真に守りたかったのはユキメであり、「ユキ…お願い…」と最後の言葉を残し、静かに息を引き取りました。

シャドウはユキメの傷を癒し、再び救いの手を差し伸べました。

ユキメは、古傷を癒すシャドウの魔力に、どこか懐かしさを感じました。そして、昔の恩人が実はシャドウであったことに気づいたのです。

月丹の最後の手紙:ユキメへの遺言

月丹はユキメに手紙を遺していました。

彼は視力を失っていたため、字は乱れていましたが、人に頼ることなく書かれた手紙に、ユキメは月丹の筆跡の名残と情熱を感じました。

ディアボロス教団に誘惑されていた月丹。

手紙には、故郷の人々への後悔と自身の弱さを呪う想いが綴られていました。

ユキメ宛の手紙はアルファによって手渡されており、ミツコシ商会は表の世界を、ユキメは無法都市と結びつき裏の世界を支配することが決まりました。

教団と繋がりのあった大商会連合は崩壊しました。

まとめ

  1. 妖狐ユキメは無法都市で白の塔の支配者として君臨。
  2. ユキメは美しい白銀の髪の狐人で、9本の尻尾を持つ。
  3. 武器は鉄扇で、敵を舞い踊るように切り裂く。
  4. 無法都市内で色町を運営し、雪狐商会でパクリ製品を取り扱い、高い業績を収める。
  5. ユキメの初恋の人は月丹で、出会いはユキメが14歳、月丹が17歳の時。
  6. 月丹はディアボロス教団に誘惑され、大狼族と妖狐族は滅んだ。
  7. 14歳のユキメを救ったシャドウは、月丹の両目を奪っていた。
  8. ユキメは生き延びるために娼婦として戦場で働き、17歳で高級娼館に身を売り上り詰める。
  9. ユキメは伝説的な妖狐族の力を持っており、月丹との戦いで明らかになる。
  10. 月丹は最後シャドウに敗れ、ユキメを託す決断をした。
  11. 月丹はユキメに手紙を遺しており、視力を失っていたが彼の名残と情熱が感じられた。
  12. 手紙はアルファによってユキメに渡され、ユキメとミツコシ商会が無法都市と裏の世界を支配することが決まった。

 

   電子書籍で漫画を安く読む方法
  • 陰の実力者になりたくてを最初から読んでみたい!
  • アニメの続きが早く知りたい!
  • まとめ買いでの最安値はAmebaマンガです!
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【Amebaマンガ】

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
\無料会員登録するなら/
Amebaマンガに登録

※Amebaマンガはサイバーエージェントグループが運営しています。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

 

   動画配信サイトで視聴する方法
  • 陰の実力者になりたくてのアニメを観たい!
  • アニメの続きが気になる!
  • 31日間無料お試しなら、実質無料!
  • あれも観たい、これも読みたいが叶う!

U-NEXT<ユーネクスト>

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

月額2,189円(税込)
\31日間の無料トライアルなら/

U-NEXTに登録する

※無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。また、漫画バンク等の海賊版の利用は法律により刑罰に科せられる可能性があります。感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました