〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

贄姫と獣の王・ラントベルトの正体と過去は?サリフィへの忠誠や覚悟についても

贄姫と獣の王(にえひめとけもののおう)の登場人物であるラントベルトはハイエナ族自治区出身の王妃親衛隊の隊長です。彼はハイエナ族の母親を病気で亡くしていました。サリフィへの忠誠や覚悟についても見ていきます。

スポンサーリンク

贄姫と獣の王:ラントベルトの正体と過去

ラントベルトの基本プロフィール

名前 ラントベルト
出身 ハイエナ族自治区
立場 王妃親衛隊隊長、サリフィの騎士
年齢 16歳くらい
身長 170cm程度

ラントベルトの正体:王妃親衛隊隊長

ラントベルトは、ハイエナ族自治区出身で、身長約170cm、年齢は16歳程度です。

彼は王妃親衛隊の隊長を務めており、親衛隊志願者番号は1番でした。

彼には少し生意気なところがありますが、根はまっすぐで、サリフィの剣として盾として頼りにされています。

ラントベルトは、マースヤ領地の慰問の際に選ばれ、サリフィと共に旅をすることになりました。船での移動は苦手なようで、船酔いし苦戦していました。

ハイエナ族は、過去にオズマルゴ王族を裏切り、敵国についた一族でした。

そのため、今でもハイエナ族の一部は反王制派として潜伏しており、ラントベルトに対して敵意を持つ者も多いようです。

ラントベルトの過去:ハイエナ族自治区出身

ハイエナ族自治区に生まれたラントベルトは、ハイエナ族の母と、自治区外の異種族の父の間に生まれました。

母は、ハイエナ族の中で裏切り者と呼ばれ、病気に侵されてしまいましたが、自治区では王国からの援助をほとんど受けられず、孤立していました。

母の病気は、薬ですぐに治るはずでしたが、自治区外へ出れば、ハイエナ族は裏切り者として非難され、ラントベルトと母は居場所を失ってしまうのでした。

そんな中、ラントベルトはお金を手に入れ、薬を買いましたが、王宮に上がれないオズマルゴの兵士たちに薬を取り上げられてしまいます。

ラントベルトは、自分が盗んだわけではないと説明しても信用してもらえず、傷ついた心を抱えることになってしまいました。

そして、薬を持ち帰ることができず、母は亡くなってしまったのです。

ラントベルトは、ハイエナ族であっても、なくても、そんなものは関係なく、ただ信じて欲しいと思っていました。

スポンサーリンク

ラントベルトはサリフィに忠誠を誓う

ラントベルトは、訪問先のマースヤ領地で、ブラウン卿を襲った犯人として疑われています。

ラントは慰問に向かう途中で部隊を危険に晒したため、不信を買ってしまったのです。

しかし、サリフィは、他の人々を危険にさらすことを避けるためにラントが行動したことを知っていたため、彼が犯人ではないと確信していました。

ブラウン卿は、襲われた際に、下手人の体毛を引き抜いていましたが、その毛色は珍しいものではなかったため、犯人を特定することはできませんでした。

しかし、サリフィは、ラントの毛色と全く違う色に見える体毛を持つ種族がいることを知っており、真犯人を探し出します。

そして、特別な目を持つサリフィによって、大狢族の青年、ナグマが犯人であることがわかりました。

サリフィの指示により、ラントは誤解を晴らし、彼の名誉を守ることができました。

ラントベルトはサリフィに忠誠を誓っており、レオンハートから王妃の騎士に任命されました。

ラントベルトの覚悟:サリフィが王妃になるのを見届ける

サリフィがフェンリルに連れ去られた時、ラントベルトは自分の命をかけて彼女を守りたいと思いましたが、別の任務を遂行するよう命じられました。

しかし、任務を終えた後、ラントと聖獣ベンヌはサリフィの気配を追い、見つけ出しました。

彼は、サリフィを守るために自分が囮になって命を賭けることが、親衛隊長の義務だと信じていました。

しかし、サリフィは死ぬことを許さず、彼女が正真正銘の王妃になる日を見届けるよう命じていました。サリフィが王妃になれば、ラントは大出世できるのです。

ラントは、サリフィを守るための賭けに出ており、フェンリルを引きつけて攻撃しました。

フェンリルの攻撃を交わすことができたのは、サリフィが持っていたレオンハートの指輪の魔力によるものでした。

フェンリルとレオンハートが対決し、レオンが勝利すると、ラントは自分の不十分さを痛感しました。

ラントは、サリフィが王妃になるのを見届ける覚悟で、自分自身を更に磨き上げる決意を固めていました。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ラントベルトはハイエナ族自治区出身の16歳の男性、王妃親衛隊の隊長で、親衛隊志願者番号は1番。
  2. ラントベルトは、母の病気を治すために薬を買ったが、兵士に奪われてしまい、母を亡くした。
  3. ラントベルトはマースヤ領地でブラウン卿を襲った犯人として疑われるが、サリフィの尽力により真犯人を特定し、誤解は解けた。
  4. ラントベルトはサリフィに忠誠を誓っており、レオンハートから王妃の騎士に任命された。
  5. ハイエナ族は過去にオズマルゴ王族を裏切ったため、反王制派が存在しており、ラントベルトに対して敵意を持つ者がいる。

電子書籍で漫画を安く読む方法

  • 贄姫と獣の王を最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いでの最安値はAmebaマンガです!
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【Amebaマンガ】

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
\無料登録するなら/
Amebaマンガに登録する

※Amebaマンガはサイバーエージェントグループが運営しています。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

 

動画配信サイトで全話視聴する方法

  • 贄姫と獣の王のアニメを観たい!
  • どこよりも早く見たいなら、DMMプレミアムがおすすめ!
  • アニメの続きが気になる!
  • 30日間無料トライアルするなら、実質無料!
  • ポイントは、DMMブックスで使用できます。

DMMプレミアム

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\まずは30日間無料体験から/

DMMプレミアムに登録する

※DMMプレミアムは、DMM.comが運営している会社です。初回限定の無料お試しに登録すると、DMM TVの見放題の作品が視聴できたり、その他の各種サービスを利用できます。また、漫画バンク等の海賊版の利用は法律により刑罰に科せられる可能性があります。感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました