〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

はたらく魔王さま・アラス・ラムスは強くて可愛い?正体や成長とその後についても

『はたらく魔王さま』に登場するアラス・ラムスは、聖剣を受け止めるほどの強さを持っています。彼女は魔王をパパ、エミリアをママと呼び、見た目はとてもかわいらしい1・2歳の赤ちゃんです。

しかし、彼女の真の姿はイェソドの化身であり、エミリアの聖剣と融合しています。その後、彼女は劇的に成長することになりました。今回は、彼女の日本での生活についても探っていきましょう。

スポンサーリンク

はたらく魔王さま:アラス・ラムスは強くて可愛い

アラス・ラムスの基本情報:プロフィール

名前 アラス・ラムス
エンテ・イスラ
立場 宝珠セフィラの一つ「イェソド」
性別 女性
年齢 1・2歳(人間換算)
家族 父親「魔王サタン」、母親「エミリア」、妹「アシエス・アーラ」
特徴 紫瞳、銀髪の中に紫色が一房ある。
声優 木野日菜(きのひな)

アラス・ラムスの強さ:聖剣への進化

アラス・ラムスは、エミリアの聖剣を受け止めるほどの強さを持っています。

ある日、真奥が先祖を迎えるための迎え火を炊く儀式をしている最中に、アラス・ラムスが突然現れました。

ゲートが開かれ、真奥の頭よりも大きなりんごが姿を現しました。

エミリアは聖剣でりんごを叩き割ろうとしましたが、そのりんごから両手が現れました。聖剣を受け止めたのはアラス・ラムスであり、エミリアを追いかけ回したのです。

アラス・ラムスが現れたとき、おでこにはイェソドの欠片と同じ三日月が光っていました。

その後、大天使ガブリエルが現れ、イェソドの欠片を回収するためアラス・ラムスを連れ去ろうとしたところ、エミリアの聖剣と一体化しました。

驚くべきことに、アラス・ラムスは「聖剣・片翼」という硬いはずのものをぐるぐる丸めて食べてしまいました。

その結果、超常的な力が働き、アラス・ラムスは融合し、光り輝く聖剣へと進化したのです。

アラス・ラムスの可愛さ:赤ちゃんのような存在

アラス・ラムスは、銀髪に紫色の一房を持ち、紫色の瞳が特徴的な、非常にかわいらしい子供です。

人間の年齢に換算すると、1歳か2歳の赤ちゃんに相当します。

彼女の父親は「サタン」であり、母親は「エミリア」です。

見た目だけでなく、彼女の笑顔や泣き顔には母性本能をくすぐられますし、眠っている姿はまさに天使のようでした。

遊園地に行った際には、魔王とエミリアの3人で家族写真を撮りました。彼女が中央に立ち、手を広げている様子はとても可愛らしかったです。

また、彼女のおしゃべりや歩くしぐさも魅力的で、その様子もとてもかわいらしいです。

アラス・ラムスの親は誰?パパとママは?

アラスという名前には「翼」、ラムスには「枝」という意味が込められています。

アラス・ラムスに彼女のパパの名前を尋ねると、彼女は「サタン」と答えました。魔王をパパと呼ぶ理由は、紫色のクリスタルの種子をまいて育てたからです。

また、エミリアをママと呼ぶ理由は、彼女の中にイェソドの欠片があり、お互いに惹かれ合ったからだと考えられます。

しかし、アラス・ラムスにとっての真のパパは、「古の魔王サタン(サタナエル・ノイ)」なのです。彼はイェソドを持ち出した人物です。

一方、ママは、イェソドの欠片をばらまいた「大天使ライラ(エミリアの母)」でした。

しかし、アラス・ラムスが選んだ両親は、魔王とエミリアです。

スポンサーリンク

アラス・ラムスの正体:イェソドの化身

アラス・ラムスの真の姿は、イェソドの化身です。彼女にはアシエス・アーラというの妹がおり、「ねーさま」と呼んでいました。

アラス・ラムスはエミリアの聖剣に引き寄せられ融合し、進化しました。

エミリアの体内から、聖剣・片翼が現れるというのは、イェソドの欠片が「予言の勇者」に宿っていたためでした。

アラス・ラムスもまた、エミリアの内部に存在するイェソドの欠片と融合し、進化しています。

進化したイェソドの聖剣・片翼は、エミリアに力を貸すためにヤドリギし、エンテ・イスラの繁栄を願っていました。

聖剣の進化によって、エミリアとアラス・ラムスの結びつきは非常に強固になり、ヤドリギの解消はますます難しいとのことでした。

この状態になってしまうと、他のセフィラの力でも引き離せないようです。

アラス・ラムスの成長とその後について

その後、アラス・ラムスはエミリアの部屋で真奥と共に暮らすことになりました。

家族としての生活が始まった2日目に、彼女は急速に成長しました。アラス・ラムスが寝坊してしまい、真奥は出勤してしまいました。

アラス・ラムスは一日で何年分も成長する様子が見られました。これはアシエスが大食いになったことと似ています。

その後、家族3人で30分ほど過ごすと、突然エミリアと融合し、元の姿に戻るのです。

おそらく、家族の影響を受けているのかもしれません。セフィラの暴走とも言われていますが、それは予兆の一つとも言われていました。

アラス・ラムスは夜の2時頃に目を覚ますと、その度に体がランダムに成長していくのです。最も大きくなったのは中学生くらいの体格でしたが、逆に普段より小さくなった日もありました。

それ以外の日はイルオーンと同サイズに安定しています。また、エミリアとのヤドリギの分離後には、離れた場所に現れることもありました。

真奥はこの現象を世界が停滞しようとする人々への抗議の表れと考えています。

アラス・ラムスはその後も日本で生活することになりました。真奥とエミリアの結婚はありませんが、家族として幸せに暮らしています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. アラス・ラムスはエミリアの聖剣を受け止めるほどの強さを持っている。
  2. 大天使ガブリエルがアラス・ラムスを連れ去ろうとしたが、聖剣と一体化した。
  3. アラス・ラムスはエミリアの聖剣を食べて融合し、光り輝く聖剣に進化した。
  4. アラス・ラムスは銀髪で紫色の一房を持ち、紫色の瞳が特徴的な非常に可愛らしい子供です。
  5. アラス・ラムスの父親は「サタン」であり、母親は「エミリア」です。
  6. 遊園地での家族写真では、魔王とエミリアと一緒に撮影しました。彼女が中央に立ち、手を広げている姿はとても可愛らしいです。
  7. 彼女の表情の一つ一つはがかわいらしく、おしゃべりや歩くしぐさも魅力的です。
  8. アラスという名前には「翼」、ラムスには「枝」という意味が込められています。
  9. エミリアの体内から聖剣・片翼が現れるのは、イェソドの欠片が「予言の勇者」に宿っていたためです。
  10. 聖剣の進化により、エミリアとアラス・ラムスの結びつきは非常に強固になり、ヤドリギの解消はますます困難になりました。
  11. その後、アラス・ラムスはエミリアの部屋で真奥と一緒に暮らすことになりました。
  12. 同居を初めて2日目、アラス・ラムスは急激に成長しました。
  13. 一日で何年分もの成長をし、家族と30分程度過ごすとエミリアと融合し、元の姿に戻ります。
  14. アラス・ラムスは日本での生活を続けており、幸せな家族として暮らしています。

はたらく魔王さまを安く読める方法を紹介しています。

  • アニメの続きを早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いでの最安値はAmebaマンガです!
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【Amebaマンガ】

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】
\無料登録するなら/
Amebaマンガに登録

※Amebaマンガはサイバーエージェントグループが運営しています。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました