〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・翆苓は事件の犯人?壬氏と関係やその後についても

翆苓は先帝の孫。蘇りの薬を調合できる薬師です。子昌(父)と大宝の娘(母)の間に生まれました。 壬氏との関係は従姉弟です。翆苓は一連の事件の罪人として一度死亡しましたが生きていました。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・風明の正体と過去は?里樹の関係や最後死亡したかも

風明は阿多妃に仕える柘榴宮の侍女頭です。壬氏が探していた火傷の女であり、薬液に浸した木簡を使用し外部と連絡していました。風明は里樹毒殺未遂事件を起こし最後は処刑されます。犯行動機は阿多の子の死因を秘密にするためでしたが、四夫人の座を保つためとして処理されました。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・やり手婆の正体と過去は?月の女神や特使の目的についても

やり手婆は花街の録青館を取り仕切る老婆であり、煙管をくわえ客を値踏みしています。 かつて真珠の涙を持つ絶世の美女と讃えられましたが、年月を経て金の亡者に変わり果てました。異国の特使の願いで、月の女神を再現されますが、目的は帝の寵愛を受けることでした。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・羅門の正体と過去は?猫猫への宿題や魔女についても

羅門は猫猫の養父であり師匠。おやじどのと呼ばれています。羅門は皇太后と妃の出産に立ち会っており、東宮の死亡後に肉刑を受け追放されていました。また、医術を学ぶための資格や魔女についても見ていきます。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・玉葉の正体と過去は?強さや壬氏の関係についても

玉葉は赤髪と翡翠の瞳を持つ上級妃であり翡翠宮に居住しています。鈴麗公主と東宮を出産し正室になります。 玉袁の六女として育ち籠絡の特技を見出されました。壬氏との関係についても見ていきましょう。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・神美の正体と大宝の関係は?目的や最後についても

神美は楼蘭の母、子昌の妻です。神美は元上級妃であり大宝はお付きの女官でした。大宝は翆苓の祖母。先帝の長女は翆苓の母。翆苓は先帝の孫でした。神美の目的は国を滅ぼし...
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・壬氏の過去と正体は?性格や猫猫と恋の行方についても

壬氏は茘の国の皇弟、華瑞月。実の父は主上(皇帝)でした。阿多と安氏はお互いの赤子を入れ替えました。壬氏の粘着質な性格は幼少期、抑圧した環境で育ったためと考えられます。この記事では、壬氏と猫猫の恋の行方についても注目していきます。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・羅漢の正体と能力は?過去や鳳仙と結婚するかも

薬屋のひとりごとの登場人物である羅漢は猫猫の父です。軍師として知られており人の心を読む能力がありました。羅漢は軍略に優れており猫猫も助けられています。鳳仙は猫猫の母であり羅漢とは碁を通じ出会いました。その後は身請けし結婚するのかについても見ていきます。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・女華の正体と過去は?その後と翡翠牌の真相について

薬屋のひとりごとの登場人物である、女華は録青館の妓女・三姫の一人。娼館で生まれましたが男嫌いの性格です。女華は才女として知られており四書五経を暗記していました。その後はやり手婆の後継者となっており翡翠の牌を処分しました。翡翠牌の真相についても見ていきます。
薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと・李白の正体と性格は?白鈴と結婚するのかその後は?

薬屋のひとりごとの登場人物である、李白は20代半ばの武官です。園遊会では猫猫に桃色珊瑚の簪を渡していました。真面目で憎めない性格であり猫猫は駄犬ぽいと思っています。李白は録青館の妓女、白鈴に惚れ込んでおり身請けしたいと考えていました。李白と白鈴は結婚するのかその後についても見ていきます。