〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

薬屋のひとりごと・羅門の正体と過去は?猫猫への宿題や魔女についても

薬屋のひとりごと・羅門の正体と過去は?

羅門は猫猫の養父であり師匠。おやじどのと呼ばれています。羅門は皇太后と妃の出産に立ち会っており、東宮の死亡後に肉刑を受け追放されていました。

また、医術を学ぶための資格や魔女についても見ていきます。この記事では、薬屋のひとりごとの登場人物である羅門に焦点を当てていきます。

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと:羅門の正体と過去

羅門の基本情報

名前 羅門(ルォメン)
立場 猫猫の養父。羅漢の叔父。花街の薬師。元宦官→宮廷医官。先皇太后の宦官。
年齢 40歳過ぎ
性別 男性
特徴 老婆のような見た目。片膝の骨を抜かれ片足を引きずっている。宦官:去勢された男性。
備考 猫猫からは「おやじどの。おやじ。」と呼ばれる

羅門の正体:猫猫の養父

羅門は、花街の録青館の薬屋です。

彼は猫猫の養父であり、羅漢の叔父でもあります。猫猫からは「おやじどの」と呼ばれていました。

羅門は、優秀な薬師であり、猫猫に知識を叩き込んだ師匠でした。

老婆のような容姿をしており、片足が不自由で杖をついています。

羅門は不運な性格であり、災難に巻き込まれやすい体質でした。

羅門の過去:肉刑を受けた元医官

羅門は16年前、肉刑を受け処罰されており、片足の膝の骨を抜かれました。

当時、皇弟と東宮の出産が重なり、皇弟の母である皇太后安氏が優先されました。そして、阿多妃は東宮を無事出産しましたが、代償として子宮を失ったのです。

皇弟と妃の子は、叔父甥の関係になるため、双子のように似ていました。

羅門は、皇太后と阿多が、赤子を入れ替えたことに気づかず、本物の皇弟を死なせたのです。

その後、東宮は死亡し、当時の医官、羅門は追放されてしまいました。

羅門は東宮を死なせたため処罰されていたのです。

スポンサーリンク

薬屋のひとりごと:猫猫への宿題

羅門は医術を学ぶためには資格が必要だと言います。

そのため、猫猫、姚、燕燕には、「華侘の書」を見つけ出し理解するという課題が与えられました。

羅門の家は、仕掛け好きな建築家が建てた家でした。羅門は天才と呼ばれており、課題には無理難題が含まれているとされています。

彼の家には、20年以上も放置されていた本棚があり、「先天図八卦」という仕掛けが組み込まれていました。

猫猫だけでは、隠されていた書物を見つけられないため、姚と燕燕が必要でした。

人体解剖図が描かた禁書には、”witchicraft(魔術)”と書かれていました。

羅門が猫猫から死体を遠ざけた理由は、人体解剖に関連していました。

そして、猫猫たちへの課題は、この書物を論理的に理解することが条件でした。

皇太后が出産に成功できたのは、人体を切り刻んで解剖し、その技術を学んでいたからでした。

一方、茘の国では、女性の地位は弱く、医官になれません。腑分けの技術を知ることは危険でした。

羅門が伝えたかったのは、腑分けは異端ですが、救われる命もあるということでした。

同時に、異端の存在は迫害を受ける危険性があることを示唆していたのです。

猫猫は、壬氏が焼印を押すという行為に出たため、壬氏の治療係になりました。

今後、壬氏に何か問題が生じた場合に備えて、外科処置も学ぶつもりでした。

そして、羅門は宮廷医官として復帰し、猫猫に医術を教える師匠としての役割を果たすことになりました。

薬屋のひとりごと:羅門と魔女の関係

羅門は西方へ留学した際に、魔女と呼ばれた師匠を解剖していました。劉医官は留学時代から仲間であり恩人でした。

羅門と魔女の関係:医術の師匠

羅門は西方で医術を学ぶために留学していました。

彼の師匠は医療従事者の女性でしたが、異端者として断罪されて命を落としました。

師匠は魔女と呼ばれており、羅門に自分が死んだら、腑分けするよう頼みました。

そして、羅門は腑分けした際、鮮明な解剖図である「華侘の書」を描きました。

師匠が魔女と呼ばれたのは、異教徒であり異端者であるためでした。

彼女は隣町で怪我を負った子供を治療した結果、異端行為とみなされ、非難されました。

魔女と疑われた者は、魔女でないことを証明するために他人を生贄にしたのです。

師匠は、魔女ではないと判断するため、水に沈められており、助かったら火炙りにする事になりました。

彼の師匠は魔女ではないと判断されましたが、息を吹き返すことはなく死亡しました。

羅門は師匠のことを、医術の為ならその身を惜しまない人だったと語っていました。

また、本物の華侘の書が残されていることが判明しました。のちに発見されており、修復が施されることになります。

薬屋のひとりごと・女華の正体と過去は?その後と翡翠牌の真相について
薬屋のひとりごとの登場人物である、女華は録青館の妓女・三姫の一人。娼館で生まれましたが男嫌いの性格です。女華は才女として知られており四書五経を暗記していました。その後はやり手婆の後継者となっており翡翠の牌を処分しました。翡翠牌の真相についても見ていきます。

羅門と劉医官の関係:友人

劉医官は羅門の友人であり、留学時代からの仲間でした。

羅門は留学時代に師匠を腑分けしており、墓に埋め戻そうとして見つかり殺されかけました。

羅門は危うく命を落とすところでしたが、その時、劉医官に救われたのです。

劉医官は馬を盗み、羅門を連れて茘の国に所縁のある貿易商の屋敷に逃げ込むことに成功し、彼らは危機を脱し留学先から帰国したのです。

羅門は劉さんにはたくさん迷惑をかけたと言っており頭が上がらない様子でした。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 羅門は猫猫の養父であり師匠。猫猫から「おやじどの」と呼ばれています。
  2. 羅門は皇太后の出産に立ち会っており、東宮の死亡後に肉刑を受けていました。
  3. 羅門は東宮と皇弟の入れ替えに気づかず本物の皇弟を死亡させていました。
  4. 猫猫への宿題は、華侘の書を受け入れよというものでした。
  5. 羅門は、異端者として迫害を受ける危険性と、それにより助かる命もあることを伝えたかったのです。
  6. 羅門は医術を学ぶため西方に留学し、師匠と出会いました。
  7. 師匠は魔女と呼ばれ断罪されており、羅門は師匠の願いを聞き届け腑分けしました。
  8. 羅門は師匠を腑分けした際に、禁書とされる「華侘の書」を残しました。
  9. 劉医官は留学時代からの羅門の友人であり、命を救ってくれた恩人でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました