僕のヒーローアカデミア・殻木球大の正体や個性は?分身は死亡・その後は?

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアの登場人物である殻木球大(がらききゅうだい)は氏子達磨(うじこだるま)と同一人物、AFOの主治医です。

個性は摂生(せっせい)、蛇腔総合病院で死亡したのは分身でした。その後についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア:殻木球大の正体・個性について

殻木球大の正体について見ていきましょう!

殻木球大の正体:AFOの主治医

殻木球大の基本プロフィール

本名殻木球大(がらききゅうだい)
異名氏子達磨(うじこだるま)
職業医者
立場ツバサ医院の院長、蛇腔総合病院創設者・現 理事長
所属敵連合
個性摂生(せっせい)の複製
性格骨の髄まで研究者
年齢90歳くらい
備考オール・フォー・ワンの主治医

殻木球大は蛇腔総合病院創設者で現 理事長です。

オール・フォー・ワン(AFO)の主治医であり側近、敵連合の陰の協力者です。

氏子達磨と名乗るツバサ医院の院長でありツバサくんの父親、デクの無個性を診断したドクターでもあります。

死柄木からは先生と呼ばれており、パソコンでコンタクトを取るなど用心深いです。

殻木球大の個性:摂生について

殻木の個性は、摂生(せっせい)の複製です。

摂生とは、運動能力と引き換えに人の二倍の生命力を持つというものです。

殻木はこの能力をAFOに捧げていますから今、殻木の中にあるのは己自身の複製ということになります。

戸籍登録では無個性ということになっていました。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア:殻木の分身は死亡・その後は

殻木の分身は死亡するのか見ていきましょう!

殻木の分身が死亡:ドロドロになる

蛇腔総合病院への突入で、消滅したのは殻木の分身です。

殻木は死柄木 弔に夢中になっており、多事一切を分身に任せていました。

分身はトゥワイスの個性と同じ複製で、個性を抹消されあと急に老け込んでいます。

イレイザーヘッドの抹消は、二倍による生成物にかけても消滅はしないようです。

分身は捉えられた後の衝撃で、ドロドロになり消滅しますが本体は生きていました

ちなみに、トゥワイスの分身は大体骨折くらいの衝撃で消えていました。

殻木のその後:逮捕され刑務所へ

殻木は死柄木を連れワープで使い逃げようとしますが失敗しています。

仕方なく不完全な状態の喋るハイエンド脳無を解放しています。

その後、追い詰められた殻木は最終手段として死柄木を解放しようとしますがヒーローに先を越されます。

死柄木の身体は、仮死状態にして定着の負担を軽減させていましたが、カプセルを破壊され心臓は止まった状態でした。

その容器は定着促進・維持・蘇生装置になっていましたので絶望的とも思われました。

しかし、死柄木は定着率75%で目覚めたのち崩壊を発動させています。

殻木はヒーローに救助され逮捕、刑務所へ入っています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 殻木球大の正体は氏子達磨、AFOの主治医です。
  2. 個性の摂生は運動能力と引き換えに人の二倍の生命力を持つ。
  3. 殻木の中にある個性は己自身の複製です。
  4. 蛇腔総合病院で死亡したのは殻木の分身です。
  5. その後は逮捕され刑務所へ入っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました