僕のヒーローアカデミア・氏子達磨の過去や目的は?AFOとの関係や脳無研究についても

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアの登場人物である、氏子達磨(うじこだるま)は敵連合の陰の協力者です。

AFOに過去に救われており、AFOの夢を叶えるため己の全てを捧げています。脳無研究についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア:氏子達磨の過去・目的は

氏子達磨の過去について見ていきましょう!

氏子達磨の過去:AFOに救われた

氏子は70年前に超常特異点の論文を発表しています。

世間の学者は「瓦解する未来」を指し示すことはあってはならないと根拠薄弱の異論だとして目を背けましたが、今は個性特異点といいカルト化されています。

その学者は発表後に失踪し数年後に亡くなっていますが、生きていれば120代の大台なのだそうです。

氏子は住む場所も失い追放されますが、唯一手を差し伸べてくれたのがAFO(オール・フォー・ワン)でした。

氏子はAFOに、己の命や技術、脳無開発の全てを捧げたのです。

個性特異点について

個性は、世代を経るごとに混ざりより複雑になって強く膨張する。

容量の膨らむ速度に体の進化が間に合わずいずれコントロールを失うという概念です。

容量に身体を適応させなければ人は立ち往かなくなってしまいます。

第四世代からは既にその兆候は現れ始めており、複数の個性を操るAFOにとって容量の問題は深刻でした。

氏子の目的:AFOの夢を叶えること?

氏子はAFOの夢を叶えるため、協力者として支えてきました。

AFOの夢は、死柄木弔を魔王として完成させAFOを宿らせることです。

弔をギガントマキアと戦わせ、格をつけ器を完成させたのち、全てを弔へ捧げる計画です。

また、AFOはこれまでにも弔に何かあった時の保険として、焼け焦げた燈矢(現在の荼毘)を連れてきています。

氏子により助けられていますが、育ちすぎていたのと父親への執着が強すぎたため荼毘は失敗作でした。

スポンサーリンク

氏子とAFOの関係・脳無研究について

氏子とAFOの関係について見ていきましょう!

氏子とAFOの関係:脳無研究に全てを捧げた

氏子はこれまで、研究者としてAFOを支えてきました。

蛇腔総合病院には、霊安室からのみ通行可能で関係者も用途を知らない立入禁止の空間がありました。

この施設には、死柄木弔にAFOの個性を定着させ完成させるための空間があり、AFOとの人生の全てが集結していました。

自身の研究に利用できる被検体を探し集め個性をストック

脳無の製造や個性の一つ複製を培養しており、時間と労力がかけられています。

個性の人工移植には面倒な手術と定着させるために3ヶ月以上の月日がかかります。

AFOの力がなければハイエンドの量産は難しいのです。

黒い脳無にのみ搭載されていた超再生は氏子の個性・摂生によるものだと思われます。

個性・摂生について

脳無の正体は人間の死体だった

脳無の正体は、肉体改造が行われた人間の死体です。

特定の人物の命令だけに従う敵連合の戦闘要員です。

オール・フォー・ワンから個性を与えられ、複数の個性を持てるよう改造された死体には意思がないためプログラムした行動しか取れません。

脳無は、個性の所持数と改造強度により、下位、中位、上位に分けられます。

上位は最低でも常人の10倍以上の筋力を持つのだそうです。

さらにその上に位置する最上位は上位の能力に加え生前の性格が反映された高度な自立思考能力を持っています。

脳無に与えられた個性によって様々な個体が存在しています。

ハイエンド脳無は改造の過程で進化した強化個体で、中には喋る脳無もいます。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 氏子達磨にはAFOに救われた過去がありました。
  2. 氏子はAFOの夢を叶えるために、AFOを支えてきました。
  3. 氏子にとってAFOは、己の命や技術の全てを捧げてきた相手です。
  4. 脳無の正体は人間の死体です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました