〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

いせれべ・天上優夜の正体はいじめられっ子?賢者の後継者で過去に出会っている?

天上優夜は幼い頃から理不尽ないじめに会っている主人公。妖術師の体質を受け継いだのが原因でした。過去に賢者と出会っており後継者になる約束をしていました。

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~【通称:いせれべ】この記事では天上優夜(てんじょうゆうや)について紹介します。

スポンサーリンク

いせれべ:天上優夜の正体といじめられっ子

虐められていた主人公、天上優夜について見ていきましょう!

天上優夜はいじめられっ子:主人公

優夜は幼い頃から弟妹に虐められ両親にも愛されなかったという。16歳の主人公。
可愛がってくれた祖父は亡くなり、遺産を相続し一人暮らしをしています。

学校ではクソブタ野郎と呼ばれ、荒木らから理不尽な暴力を受けていました。

ところが、異世界へと続く扉によって人生は変わり、レベルアップすると今まで苦しんできたコンプレックスが綺麗に消えてしまいました。

ニキビだらけの顔はツルツルになり、薄毛だった頭には太くしっかりとした髪が生えています。エラの張っていたあごはシャープに、薄かった唇はふっくら豚鼻はスッとしており別人のようです。

優也の体質は異世界人特有の成長により変化しました。

天上優夜の正体:妖術師の子孫

天上優夜は平安時代最強の妖術師天上空夜の子孫。ご先祖様は妖怪退治を専門にしていました。

優夜はその体質を受け継いでおり、太っていたのは妖術使うための力『妖力』を肉体に蓄えるためです。運動をしても痩せられなかったのは体質が関係していました。

さらに、人間が無意識に忌み嫌う妖かしの力が原因で体臭が発生し苦労してきたのです。

空夜や優夜クラスになると、常人には理解できないほどの『妖力』が体から溢れ出すのです。

虐められてきた原因は、妖術師の体質を受け継いだからでした。

スポンサーリンク

優夜は賢者の後継者で過去に出会っていた

優夜と賢者の関係について見ていきましょう!

優夜は賢者の後継者:魂の契約をしていた

優夜は過去の世界で賢者ゼノヴィスと出会い、後継者になる約束をしています。

賢者は神の力を手に入れながら人間として死ぬことを選んだ伝説の存在です。

遥か未来の世界で、優夜が賢者の遺産を手に入れられるよう魂の契約をしていました。

記憶にはなくてもが覚えており、未来の誰かのために準備することになるが何らかの理由があると推測できると語っています。

この契約は、過去と未来の辻つまを合わせるため行われました。

優夜と賢者の過去:出会ったのはいつ?

優夜と賢者が出会のは、滅びの神アヴィスがいなくなった後です。

邪教団は邪の王イヴィルを復活させるため、賢者の魔法を悪用しています。

優夜を生贄にして、賢者が戦っていたイヴィルと優夜を入れ替えており二人は出会うことになります。

このとき賢者の元には天使ラナエルが来ており、神の世界へ来るよう勧誘されていました。

優夜は元の世界に戻るため虚神の尖兵になった虚竜を倒しています。

ちなみにこのとき倒した創生竜は『聖』の方で、オーマは『邪』です。創世竜が二体いたことは歴史の中から消えています。

優夜は神の計らいで元の世界に帰るのですが、その前に魂の契約を行っています。賢者の財産の全てを手にする代わりに神を助け、虚神を倒すという契約です。

まとめ

  1. 天上優夜は幼い頃から理不尽ないじめに会ってきた主人公です。
  2. 優夜は妖術師、空夜の子孫。妖術師の体質を受け継いでいました。
  3. 優夜は滅びの神アヴィスと入れ替わり過去の世界で賢者と出会います。
  4. 優夜は賢者の後継者になる約束、魂の契約をしています。
  5. 魂の契約をしたのは虚竜を倒したあと、元の世界に帰る前です。
  • いせれべを最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いをするなら「ebookjapan」がおすすめです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

\無料登録するなら/

ebookjapanに登録する

※ eBookJapanはヤフー株式会社のサービスです。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

電子書籍でおすすめ漫画を読む方法はこちら!
動画配信サイトで全話視聴する方法はこちら!

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました