いせれべ・双子の正体と性格は?レッドオーガとの関係や暴力騒ぎについても

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する

天上陽太(ようた)と空(そら)は双子。優夜の弟妹。人間性には欠けており過度な虐めを行っています。レッドオーガに所属する荒木とは交流があり暴力騒ぎを起こしていました。

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~【通称:いせれべ】この記事では双子について紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いせれべ:双子の正体と性格は

天上陽太と空の双子について見ていきましょう!

双子の弟妹の正体:天上優夜の家族

天上陽太と空は優夜の一つ下の双子の弟妹あり家族です。年齢は15歳。

優夜と同じ中高一貫校に通っており、学校では成績優秀であり上位をキープ。運動面でも様々な部活で助っ人として活躍が期待されています。

同じ家族でも体質が違い、優夜は生まれつき太っているのに対し双子の顔立ちは整っているのです。

両親は同じ子供でありながら双子だけ可愛がり優夜のことを嫌ってきました。

双子は両親の影響もあり、優夜のことを馬鹿にして虐めていました

双子の性格:人間性に欠ける

双子の弟妹は日ごろからの行いに問題がありました。

学校ではレッドオーガに所属する不良グループ荒木らと行動しており、優夜を虐める場面もありました。

王星学園から優夜に編入の話があると知ると、自分たちの方が優れているとアピールする始末です。

佳織からは、王星学園への編入を断られエリート校への道が絶たれます。

優夜に対する侮蔑だけでなく、他の生徒に対する過激ないじめを行っているとの指摘もされていました。

断られたことがよほどショックだったようで、恥をかかされたと感じていたようです。

後悔させてやるとつぶやいており、人間性が欠けているように感じます。

スポンサーリンク

レッドオーガとの関係と暴力騒ぎ

双子とレッドオーガの関係について見ていきましょう!

双子の目的:レッドオーガとの関係

双子の弟妹は王星学園へ入学できないと知り、暴力騒ぎを計画しています。

レッドオーガに依頼して学園を無茶苦茶にして復讐しようとしていたのです。

優夜が王星学園へ編入したのち、レッドオーガのメンバーがグラウンドに押し寄せて来ます。荒木が所属する不良グループは鬼のマークが目印です。

不良グループは、佳織の回りを取り囲んでおり連れ去ろうとしていました。

そこに反則的な能力を身につけた優夜が現れ、佳織を助けその場を収めます。

ところが、リーダーに首を締められ陽太が危険な状態になってしまいます。

優夜は反射的に助けており、陽太の危機を救いました。

王星学園の暴力騒ぎの結末は

不良グループのリーダーを始めとする荒木らは警察に連れて行かれます。

元々素行に問題があったこともあり、高校を退学させられ少年院へと送られました。

陽太と空の双子は、佳織にも多少は責任があるということで退学は免れましたが、内申書や成績には響くだろうとと思われます。

双子のことは許せないけれど、優夜にとっては家族です。

これまで双子のせいで辛い思いをしてきたけれど、祖父なら困っている人を助けるに違いないし、家族だから見捨てられないと思ったのだと思います。

陽太と空は、涙を流し「ごめんなさい」していますから家族関係も改善されるといいなあと思っています。

まとめ

  1. 天上陽太と空は双子。優夜の弟妹です。
  2. 双子は優夜を侮蔑したり過度な虐めを行うなど人間性は欠ける。
  3. 王星学園の暴力騒ぎは双子が計画しレッドオーガに依頼していました。
  4. レッドオーガのメンバーらは高校を退学、少年院へ送られます。
  5. 双子は退学を免れていますが内申や成績には響くと思われます。
  6. 双子は優夜に謝罪しています。

いせれべを安く読める方法を紹介しています。

  • いせれべを最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いでの最安値は eBookJapanです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

\無料会員登録するなら/
eBookJapanに登録する

※ eBookJapanはヤフー株式会社のサービスです。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました