〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

いせれべ・クロの正体と目的は?優夜を助けるのか邪の力についても

クロはユティの身に宿していた邪の欠片、負の結晶。優夜の体を乗っ取ろうと移動しますが失敗しています。クロは優夜を助けるのか、邪洞眼スキルについても見ていきます。

異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~【通称:いせれべ】この記事ではクロについて紹介します。

スポンサーリンク

いせれべ:クロの正体と目的

クロについて見ていきましょう!

クロの正体:邪の欠片

クロは、ユティが身に宿していた邪の欠片です。

邪とは負の結晶が集まった悪意の塊ですが、クロは邪本体ではありませんでした。

負の感情が消えたユティの体から現れ、新しい宿主を探そうとしています。

ユティは用済みとなり、器を壊して逃走を図ろうとしていました。

優夜はクロの逃走を阻止するため自分を器にするよう差し出しており、ウサギ師匠からはバカ者といわれています。

クロの目的:優夜を乗っ取ること

クロの目的は優夜の心を黒く染めて乗っ取ることです。

優夜の体の中には原動力となる負の感情がなく、心が白すぎたため何も出来なくなってしまいました。

宿主は強ければ強いほど良いと優夜を選んでいますが失敗でした。

最初はクロも鋤あれば乗っ取ろうと思っていましたが、今では優夜のやることに興味を持ち地球という世界を楽しんでいます。

邪に魅入られ心を奪われた者は死んでしまうため一緒に修行するようになります。

邪本体の目的は世界の主導権を握ること。驚異となる存在を管理しようとしていました。

クロの名前:邪の力と呼ばれていた

クロと名付けられる前は『邪の力』と呼ばれていました。

優夜と意思疎通ができ、対話も出来るなら名前があったほうが良いとクロに決まっています。

ユティとウサギ師匠の提案では「トート・シュヴァルツァ」。クロは「邪郎丸(じゃろうまる)」がいいに決まってると譲らない様子でした。

優夜は最初の黒いイメージからクロと名付けており、クロも納得しています。

スポンサーリンク

クロは優夜を助けるのか・邪の力とは

クロは優夜を助けるのか見ていきましょう!

クロは優夜を助けるのか?

優夜はウサギ師匠が拳聖に蹴り殺されようとしているのを見て怒っており、心が真っ黒に染まっていきます。

クロは邪に染まるタイミングで乗っ取るのではなく力を貸していたのです。

優夜にはこの時の記憶がありませんが、邪の力を開放し無意識にコントロールして拳聖と戦っていました。

このあと、アカツキの聖域スキルで優夜の黒い霧は祓われており元の優夜に戻っています。

また、槍聖(ロヌス)との戦いでは「よく観る」という助言をしており、限定的に邪洞眼スキルを使えるようになっていました。

クロにとって優夜との生活は心地が良いようで、家族のように感じていると思われます。

クロの邪の力の強さ:邪洞眼スキル

邪の力の強さは全てを飲み込む力です。

優夜はクロを取り込んだことで、邪洞眼(じゃどうがん)というスキルを手に入れていました。

邪洞眼は有形無形に関係なく、技術や動きすらも飲み込んで吸収するというものです。

優夜はどんな相手の動きも吸収して再現できるようになっており、一瞬で真似しただけでなく倍以上の威力でかえせるようになっていました。

元々クロは邪の欠片ですが、優夜の中に邪を生み出す適性があったことや、クロとの絆もあり邪本体と変わらない力を出せたのだと思われます。

まとめ

  1. クロはユティの身に宿っていた邪の欠片です。
  2. 優夜へと移動し乗っ取ろうとしましたが失敗しています。
  3. クロは優夜との絆を大切に思っており助けています。
  4. 邪の力の強さ「邪洞眼」は全てを飲み込む力です。
  • いせれべを最初から読んでみたい!
  • 漫画の続きが早く知りたい!気になる!
  • まとめ買いをするなら「ebookjapan」がおすすめです。
  • 電子書籍なら、かさばらず持ち運べます。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

\無料登録するなら/

ebookjapanに登録する

※ eBookJapanはヤフー株式会社のサービスです。会員登録は無料で品揃えも豊富。無料漫画も楽しめます。漫画バンク等の海賊版の利用は刑罰に科せられる可能性があり、感染リスクもあるため絶対に辞めておきましょう。

電子書籍でおすすめ漫画を読む方法はこちら!
動画配信サイトで全話視聴する方法はこちら!

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました