〔PR〕当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

はめふら・ニコルはシスコン?カタリナとの関係や婚約者についても

はめふら・ニコルはシスコン?

ニコル・アスカルトはアスカルト公爵家の長男。妹想いのシスコンです。ニコルはカタリナの言葉に救われ意識するようになります。

婚約者選びでニコルは、フレイとお見合いし考え方が変わりました。

この記事では「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」の登場人物「ニコル」について紹介していきます。

スポンサーリンク

はめふら・ニコルはシスコンなのか

ニコル・アスカルトの基本情報

名前 ニコル・アスカルト
立場 アスカルト伯爵家の長男・ソフィアの兄
年齢 9歳→18歳
魔力
特徴 黒い髪と瞳・魔性の笑みを持つ
性格 人見知り
備考 ゲーム攻略対象者の一人。
父:ダン・アスカルト(ソルシエ王国の宰相)
妻:ラディア・アスカルト
妹:ソフィア・アスカルト
声優 松岡禎丞(まつおかよしつぐ)

ニコルは妹想いのシスコン

ニコルは妹想いのシスコンです。
ゲームでソフィアは、カタリナのライバルキャラです。
カタリナはニコルより先に妹を攻略しなくてはなりません

ニコルはアスカルト伯爵家の長男です。
カタリナやジオルドたちよりも一学年上です。

魔性の雰囲気を持つ、無口な青年です。
周囲はニコルの微笑みで気絶させられていました。

お茶会では、妹がカタリナと友達になり自宅へ招かれます。
ニコルは妹の付き添いで一緒にきました。

ニコルはアスカルト公爵家の長男

ニコルはアスカルト公爵家の長男として生まれました。

アスカルト家は、指折り数える名家です。
ニコルの父は優秀さを買われ、王直々にスカウトされていました。

父の功績を妬み、悪評を広めるものもいました。
ソフィアの髪の毛を見て、気味が悪く呪われた子だと言うのです。

ソフィアは絹のような白い髪と赤い瞳を持っていました。

カタリナはとても綺麗だといい、ソフィアとロマンス小説仲間になったのです。

スポンサーリンク

はめふら・ニコルとカタリナの関係

カタリナはニコルの気持ちをわかってくれる特別な人です。
「ニコルは幸せですね」カタリナの言葉にニコルは救われました。

舞台でニコルはカタリナに気持ちを伝えました。
ニコルはカタリナに「愛している」と告白し抱き合いました。

カタリナはニコルにとって特別な人

カタリナはニコルにとって特別な人です。

ニコルはこれまで、不幸な家族だと決めつける人たちから同情されてきました。
幸せだとニコルが言っても、わかってもらえないから諦めてきたのです。

カタリナがニコルの家に招かれたとき、出迎えてくれたのは両親でした。
帰り際、ご両親は素敵だし妹は可愛くて、
ニコルは本当に幸せ者ですねとカタリナが微笑みました

ニコルは尊敬できる両親と優しくかわいい妹をもてて、とても幸せだと微笑んだのです。

カタリナはニコルの気持ちをわかってくれる特別な人になりました。

また、夏休みにカタリナと2人きりになったとき、
ニコルはカタリナに出会うことができて幸せだと話しています。

ずっとは望めないけど、今だけは君のそばにさせて欲しいと伝えたのです。

ニコルはカタリナに告白する

ニコルは舞台でカタリナに告白しました。

ソフィアはカタリナの相手役をニコルに頼みました。
ニコルは自らの意思で顔の表情を動かすことができません。

舞台の台本にはあなたを愛しているというセリフがありました。
ニコルはカタリナに告白し二人は抱き合います。

そして、たとえあなたが別人になったとしても愛してるというのです。
ニコルは魔性のオーラを放ちカタリナに告白しました。

舞台の観客は気絶してしまいます。
しかし、ニコルはカタリナに気持ちを伝えることができました。

はめふら・ニコルの婚約者選びについて

ニコルは好きな人を諦めるためにお見合いしました。

ニコルはカタリナのことが好きです。
カタリナには婚約者がいるため諦めようと思いました。

しかし、フレイとお見合いをし考え方が変わります。
ニコルはカタリナを諦めず、やれるだけやってみることにしました。

ニコルはフレイと婚約するのか

ニコルは好きな人を諦めるためにお見合いしました。
フレイとお見合いし、婚約者を作るつもりはないといわれます。

フレイは自分の力で生きて行こうと思っていました。
魔法省に憧れの人いて、彼女のように働きたいのです。

高位の貴族令嬢が魔法省に入るのは難しいのだそうです。
しかし、カタリナが入るという噂があり希望ができました。

もし、実現すればチャンスがやってくるかもしれないのです。
フレイは諦めず、やれるだけやろうと思いました。

だから、ニコルにも好きな人を諦める必要はないと言います。
キースもメアリもカタリナのことを諦めてはいません。

フレイは後悔しないようやれるだけやってみればいいと言います。
ニコルだけがカタリナを諦める必要はないのです。

何より、ほかの人を想うニコルの婚約者が可哀想だといいます。

フレイのおかげで、ニコルは他の人の気持ちを考えるようになりました。

そしてニコルは婚約者をづくりをやめたのです。

ニコルがお見合いした理由

ニコルカタリナのことが好きです。

ニコルの好きな相手には婚約者がいました。
このままだと、ニコルは誰とも婚約できないままだと思いました。

そこで、大量のお見合い写真の中から見つけることにしたのです。
最初はお見合い相手をカタリナと重ね合わせていました。
しかし、お見合い相手に失礼だと思い、真剣に向かい合うことにしました。

フレイはニコルの後輩で生徒会の役員をしていました。
妹のソフィアはフレイと面識があったのです。

ソフィアはニコルとカタリナをくっつけようとしていました。
フレイは、ニコルがカタリナを好きなことを知っていたのです。

ニコルはカタリナを諦めるのをやめたのです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. ニコルはアスカルト公爵家の長男です。
  2. 妹想いのシスコンで、いつもソフィアに同行しています。
  3. カタリナはニコルの気持ちをわかってくれる特別な人です。
  4. 「ニコルは幸せ者ですね」カタリナの言葉にニコルは救われました。
  5. ニコルは演劇の舞台でカタリナに告白しました。
  6. ニコルは好きな人諦めるためにお見合いしました。
  7. 婚約者選びではフレイとお見合いし考え方が変わりました。
  8. ニコルは婚約者づくりをやめ、カタリナへの気持ちと向き合います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました