ゴールデンカムイ・谷垣のマタギと過去は?顔の傷や最後は生存するかも

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイの登場人物である、谷垣源次郎(たにがきげんじろう)はマタギです。復讐を目的にしてきましたが妹の死の真相を知ってからは自分の役目を考えるようになります。

顔の傷の正体や最後は生存するかも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ:谷垣源次郎とマタギ

谷垣源次郎の基本プロフィール

名前谷垣源次郎(たにがきげんじろう)
所属第七師団
立場鶴見中尉の配下
出身地秋田県阿仁
誕生日6月28日
好きなものきりたんぽ
嫌いなものしいたけ
胸囲124㎝
目的妹の仇を打つ→アシリパをフチの元へ連れ帰る→愛に生きる
特徴顔の右の頬の傷、厚い胸板、強靭な肉体、アットゥシ(アイヌの織物)、テクンペ(手甲)
能力マタギの技術
性格義理堅く真っ直ぐな漢(男の中の男)
武器村田銃
備考特製のカネ餅はくるみ入り
声優細谷佳正(ほそやよしまさ)

谷垣はマタギ:青山賢吉との関係

谷垣源次郎は、秋田県阿仁の出身のマタギ。

厚い胸板と肉体美が特徴で、性格は義理堅くまっすぐな男の中の男です。

青山賢吉との関係は義理の兄弟で、マタギ仲間です。

マタギはそれぞれ役割を決めて共同で巻き狩りをします。

谷垣がまだ銃が持てない「勢子」をしていた頃、ひとつ上の賢吉とカモシカを追っていました。

山頂へ着いたところで天候が急変、岩場の洞窟でへ避難し動けなくなり食料は数日で底をついてしまいます。

そんな時に食べる最後の食料がカネ餅です。これが最後かもしれないと賢吉と谷垣のカネ餅を分け合い食べました。

谷垣のカネ餅には工夫が施されており特製のくるみ入りでした。そのあと賢吉は妹のフミと結婚し義理の兄弟になりました。

マタギとは

マタギは数名でそれぞれ役割を決め共同で狩りをする猟師です。

「ムカイマッテ」と呼ばれる全体の指示をする見張り役。「マツマイ」と呼ばれる鉄砲撃ちが2名。

まだ銃が持てない「勢子」が2名。勢子は獲物を鉄砲撃ちの前に大声で追い立てる役です。

「イタズ」と呼ぶ熊は山の上に逃げる習性があるので勢子は頂上へ向かって追い上げます。「アオシシ」と呼んでいるカモシカは逆で山の山頂から追い落とします。

カネ餅とは

カネ餅とは阿仁マタギの非常用携行食です。

どんなに寒くても凍らず保存のきくもので、ちょっとかじるだけでも腹の足しになります。

丸いのと楕円のを作り、2個1組にして山に入ります。丸いのは太陽で楕円のはを意味するらしい。

米粉に水を加え味噌か塩を混ぜよくこねて葉っぱに包んで、囲炉裏の灰の下で蒸し焼きしにします。戸沢マタギではカネ餅に味噌は厳禁など、村落により違いはある。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ:谷垣の過去と妹の死の真相は

谷垣の妹の死について見ていきましょう!

谷垣の過去:妹の復讐のため入隊

妹のフミと賢吉は集落より少し離れた山で暮らしていました。

二人の住んでいた小屋は燃えており、真っ黒なフミの遺体には心臓に刺し傷がありました。

遺体のそばには、マタギの魂である賢吉のマスケ(小刀)が落ちており賢吉の姿はどこにもありませんでした。

谷垣は、賢吉が第7師団へ入隊したと聞くと妹の復讐のため入隊を決意。出征前、母は心労で他界しています。

谷垣は戦地で、かろうじて生きている賢吉と再会しています。ようやく復讐を果たせる時が来たと思った時、秋田の谷垣の家の人間に伝えてほしいことがあるというのです。

谷垣は賢吉から、妹の死の真相について聞かされます。

谷垣の妹は疱瘡だった

妹のフミは疱瘡(伝染病)を患っており、放っておけず賢吉が殺害しています。

賢吉はフミを一人寂しく死なせるくらいなら一緒に死ぬ覚悟でしたがフミは許しませんでした。

二人で考えた末のこと、出来るだけ長く苦しまず済む方法で殺害し小屋に火を付け、家族に伝えないまま村を立ち去っています。

フミからは、もし感染してなければ、その命をどうやって使うか、自分の役目を探しなさいといわれたそうです。

賢吉はロシア兵が爆弾を抱え走ってくるのを止めるため飛び出しており、自分の役目を見つけて命を使ったのです。

これまで罪悪感で苦しんで来たことを知った谷垣はくるみ入りのカネ餅を賢吉の口に入れています。すると源次郎といい残し息を引き取りました。

谷垣の目的は妹の復讐でしたが、自分の生まれてきた役目は何だろう考えるようになるのです。

賢吉がフミを殺害し火を付けたのは、伝染病を広めないようにするためでした。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ:谷垣の最後は生存?役目は果たせた?

谷垣の顔の傷について見ていきましょう!

谷垣の顔の傷の正体について

谷垣の右の頬には傷があります。

二瓶鉄造とレタラを負っている時、杉本の剣が左の掌を貫通し、そのあと右の頬に刺ささりできたものです。

インカラマッは初対面の谷垣と出会った時、顔に傷のある男の人は大好きといっています。

鶴見との会話の中でも顔に傷のある男に弱いと話していました。

谷垣の最後は生存:阿仁へ戻る

五稜郭で、ロシア軍と日本軍が戦争をしていると知ると自分の役目を果たすために向かっています。

暴走する列車を馬で追いかけ、白石とアシリパをキャッチしており生存しています。

列車は杉本と鶴見とともに海に落ちていますが、杉本は生きていました。鶴見の生死については不明です。

谷垣は最後、秋田県阿仁へ戻っています。

父や兄と再会し、妹の死についてや賢吉の話をしマタギに戻った?のではないかと思っています。

イッカラマッとは、15人の子供を作り、長女以外は全員男児でした。

谷垣の役目は、妹や賢吉の分も幸せに生きることかなあと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 谷垣源次郎は秋田県阿仁出身のマタギです。
  2. 青山賢吉は義理の兄弟で妹フミと結婚していました。
  3. フミは疱瘡を患い、周囲に伝染病を広めないため賢吉が殺害していました。
  4. 谷垣は妹の復讐のため賢吉を探し入隊していました。
  5. 谷垣の顔の傷は杉本に刺されたものです。
  6. 谷垣は最後生存しており阿仁へ戻っています。
  7. 谷垣の役目は妹や賢吉の分まで幸せに生きることかなあと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました