よふかしのうた・越後リラは定時制の恋多き女?コウと付き合い別れる?

よふかしのうた

よふかしのうたの登場人物である、越後リラ(えちごりら)の紹介をしています。

越後リラは定時制高校へ通う恋多き女の子です。文芸部ではナズナの過去を探しています。コウと1週間付き合い別れるのかも見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よふかしのうた:越後リラは定時制の恋多き女

越後リラについて見ていきましょう!

越後リラは定時制高校の2年生

基本プロフィール

名前越後リラ(えちごりら)
学校定時制高校・2年生
年齢17歳
性別女性
部活文芸部
身長高い
特徴メルヘンチック
あだ名ゴリラ、えっちごりら
性格ポジティブ
好き絵本

越後リラは、定時制高校の2年生。文芸部に所属しています。

本が好きで普段は絵本を読んでいるのだそうです。

ナズナの仲間の吸血鬼、平田ニコ(ひらたにこ)が教師をしています。

コウとナズナは、社会勉強として授業を受け、過去を探すことにします。

越後リラは恋多き女の子

リラちゃんは、恋多き女の子です。

メルヘンチックで、身長も高く目に留まりやすいです。

すぐに誰かを好きになり、クラスの大半の男の子は一度リラちゃんと付き合っています

しかも、長くても一週間でリラちゃんの方からフってしまうのだそうです。

コウのことも出会ってすぐ好きになり、王子様と呼ぶなどしています。

よふかしのうた:文芸部でナズナの過去を探す

文芸部を見ていきましょう!

リラの所属する文芸部は

文芸部は、30年以上前から続いている部です。

部誌と呼ばれる薄い本を発行しています。

全部で120冊くらいあり、部員の紹介や、活動内容を年に4冊だしています。

部誌には、小説、詩、エッセイ、観た映画の感想など、文章であれば何を書いても良いのです。

リラは3周するほど読んでおり、どれに何が載っているのか覚えていました。

文芸部には、ナズナの最初の友達、目白キョウコの日記が残されています。

10年前の3年生の間だけ在籍していましたので、3冊くらいです。

コウは文芸部でナズナがいた形跡を探す

コウをリラ所へ送り込んだ目的は、束の間の学園ラブコメを楽しませるためでした。

ナズナは、何か見つかればラーッキーくらいの気持ちで送り込んでいます。

部誌には目白さんとナズナが仲良くなっていく過程が書かれていました。

文芸部は目白さんの居場所になり、たまたま入部者がいない年が続いています。

目白さんはいつも本を読みながら、ナズナを待っていました。

目白さんは卒業しておらず、3年生の秋に姿を消しています。

ナズナがいた痕跡はありましたが、それ以上のことは分かりませんでした。

よふかしのうた:コウと付き合い別れるのは

コウとリラは1週間で別れるのか見ていきましょう!

コウと付き合うキッカケは苗字

キッカケは、教えてもらっていない苗字で呼んでしまったことです。

コウはリラが嫌いだという、越後さん呼びをし地雷を踏んでしまったのです。

リラのちっちゃいころのあだ名はゴリラ

身長が高いこともあり、越後リラの名前のせいで、ちぢめて「ゴリラ」と呼ばれていました。

中学生時代には、誰かが「えっちゴリラ」と言い出したことで最悪だったとのこと。

この場のまずい雰囲気を納めるため、リラの恋心を利用することにしました。

コウから「付き合って」と…。良くわからないまま付き合うことになりました。

リラがコウと1週間で別れるのは

コウはリラちゃんと付き合い、1週間で別れます。

リラは、すぐに男の子を好きになるので、男友達がいた事がないのです。

好きでいる間は幸せだけど、昨日まで好きでも、フと興味が無くなってしまうのです。

その繰り返しがイヤで長くても1週間で別れていました。

リラちゃんは、コウのことを好きじゃなくなる前に別れたいといい…

コウはフられました

スポンサーリンク

まとめ

  1. 越後リラは定時制高校の2年生です。
  2. リラは恋多き女の子ですぐに誰かを好きなります。
  3. 文芸部にはナズナのいた形跡はありました。
  4. コウが付き合うキッカケになったは、苗字で呼んだことです。
  5. コウはリラに1週間でフられます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

アニメ好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました